サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

女ごころ(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/06
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/185p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-43199-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

女ごころ (ちくま文庫)

著者 サマセット・モーム (著),尾崎 寔 (訳)

第二次世界大戦前夜のイタリア、山荘に住む美貌の未亡人メアリーは親子ほど歳の離れた英国高官エドガーからプロポーズを受ける。一途なアプローチに心を動かされるメアリーだったが、...

もっと見る

女ごころ (ちくま文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第二次世界大戦前夜のイタリア、山荘に住む美貌の未亡人メアリーは親子ほど歳の離れた英国高官エドガーからプロポーズを受ける。一途なアプローチに心を動かされるメアリーだったが、そこにエドガーとはまったくタイプの違う二人の男性が現れて物語は急展開を迎える。芸術の街フィレンツェの華麗な英国人社交界を舞台に、刻々と変化を見せる女の心情を鮮やかに描いたモームの傑作を新訳で。【「BOOK」データベースの商品解説】

第二次世界大戦前夜のイタリア。山荘に住む美貌の未亡人メアリーは、親子ほど歳の離れた英国高官エドガーからプロポーズを受ける。そこに、エドガーとはまったくタイプの違う2人の男性が現れて…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/03 22:12

投稿元:ブクログ

新訳だから現代風の言葉づかいを選んだというのはわかるものの、第二次大戦前夜のイギリス人女性が、「そうかなぁ」なんていうのはなんとなく違う気がしますw

2016/05/20 20:37

投稿元:ブクログ

仕事終わりに気軽にさくさく読み終えました。
解説にも書いてありましたが、文中の会話が面白かったです。
歴史的な内容もありながら、古さを感じさせませんでした。
モームの他の本も読んでみたいです。

2014/08/15 17:58

投稿元:ブクログ

『月と六ペンス』を買って積んでおきながら、先にこっちを読んでしまった。

美しき未亡人メアリーに首ったけのエリート、エドガーの求婚に始まり、ロウリーとカールという二人の男性まで惹きつけちゃう話。

メアリー自身、妥当な線でいくなら親子ほどの年の差はあっても地位のあるエドガーだな、と思っているが踏み切らない。
遊び人ロウリーには身体さえ許したくないくせに、貧しきカールには憐憫と一回限りの神秘に翻弄されて。からの、展開。

結局、彼女は愛されることと、その愛され方に興味があるのであって、最初から誰かを愛そうなんて思ってはいない。
そういう「面白み」に流されつつ、「私はあなたを愛してはいないの」と前置きを欠かさない所にまったく共感出来ない(笑)

ただ、時と場合によって使える男を嗅ぎ分ける能力や、罪を犯しておきながらそれを曝け出すことでちゃっかり自分を免罪(のち、自分の持っていきたい方向への伏線)とする巧妙さは、彼女が美女であるがゆえに成り立つ方程式であると思う……。女ごころ、恐るべし。

2016/08/31 09:58

投稿元:ブクログ

何故か誕生日に男性の先輩からもらったw
洋書は基本的に情景が思い浮かばないので苦手だけど、サラッと読めた。ちなみに女心はなにひとつ汲み取れず、私の心情理解能力が低いことが顕になった。

2014/08/18 20:07

投稿元:ブクログ

はて、何で新訳? と思っていたら、どうやら新潮文庫版は品切れになっているらしい。知らなかった……。
モームは基本的に作劇に長けた作家で、どれを読んでも面白いのだが、『女ごころ』は薄い文庫本で、手軽に読める1冊。新訳版では主人公の未亡人がやや『魔性の女』っぽくなっていて、そういう意味では好き嫌いが別れそうではあるが、主人公を取り巻く3人の男性は、新潮文庫版よりこちらの方がキャラクターがはっきりしている印象を受けた。主人公を含め、今回の新訳版は登場人物のキャラクターを立たせた訳文になっているようだ。

2014/09/02 15:59

投稿元:ブクログ

表紙が可愛くて手に取った。ときは第二次世界大戦前夜。DV夫の死を機に、祖国英国からイタリアの田舎へ渡り、落ち着きを取り戻した主人公は、堅実で地位もあるオジサマと、女好きで奔放な同世代の男から求婚される。正反対の二人をあしらいつつも心を固めていた主人公だが、戦下のオーストリアから逃れてきた年下青年の登場で事態は急展開し…。時代背景もあり真面目な作品かと思いきや、内容昼ドラでした。訳がとても素敵でテンポもよく、劇のような短編でこれはこれで楽しめましたが、女ごころの描写ならサガンやコレットのほうが断然好みです。

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る