サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

水に眠る恋
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/12
  • 出版社: 幻冬舎コミックス
  • サイズ:15cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-83236-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

水に眠る恋 (幻冬舎ルチル文庫L)

著者 可南 さらさ (著),円陣 闇丸 (イラスト)

仕事で大学病院を訪れた上原尚哉は、高校時代の同級生で外科医の久住廉と再会する。久住とは、かつて心を通わせながらも尚哉が裏切り、別れた相手だった。当初は屈託なく接してきた久...

もっと見る

水に眠る恋 (幻冬舎ルチル文庫L)

713(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仕事で大学病院を訪れた上原尚哉は、高校時代の同級生で外科医の久住廉と再会する。久住とは、かつて心を通わせながらも尚哉が裏切り、別れた相手だった。当初は屈託なく接してきた久住だが、二人きりになると態度を豹変させ、脅すように「身体を差し出せ」と償いを求めてきた。別れてからも久住を想い続けていた尚哉は、心を痛ませながら応じるが…。【「BOOK」データベースの商品解説】

高校時代の恋人と九年ぶりの再会…。そんな偶然に戸惑う上原だが元恋人の久住に「昔の償いとして身体を差し出せ」と要求されて…?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/09 14:19

投稿元:ブクログ

私的BL不朽の名作です。9年前にリンクスロマンスで出ていたのを新作書き下ろしつきで文庫化。この作品関連の薄い本もいろいろ読みました。
なので、もう大丈夫だろうと思って読んだんですが、やっぱり泣いてしまいました…この手の話に弱いのは自覚していますが、また泣いてしまうなんて。

すれ違って再会して、でも誤解したままの関係で、しかも事実が判明して互いに好きであることがわかっても離れなければならなくて…という昼メロか韓流かという話の流れにベタだとわかっているんだけど、涙せずにはいられなくなるのです。そのあたりはやはり可南センセの腕前なんでしょうね…

家族からの強烈な非難と、自ら抱く同性愛への罪の意識がこんなにもはっきりと障害物として描かれているBLはあまりお目にかからないので、インパクトがありましたね。カムアウトに悩むレベルどころじゃないのがすごいです。
そして、尚哉が9年前にとった行動の真相が途中でやっと明かされた時の衝撃、ずっと心の拠り所にしていたものへの思い入れを知った時の切なさ、これは何度読んでもたまらないものがありますね。

そんな障害物をひとつひとつ乗り越えてきた二人が精神的にも子供から大人へと、とても成長したことがはっきり受け取れるところがいいですよね。
強くなっているし、しなやかになっていると思いました。これから先ずっと二人で幸せに生きていけるだろうなと確信できました。

また読み返すこと間違いない作品です。

2014/09/19 23:50

投稿元:ブクログ

★4・5
大好きなお話なのに断片的にしか内容覚えてなかったから、また新鮮な気持ちで読めた。やっぱりすっごい好き。めちゃめちゃせつなくて泣いた;;母と妹とのところはすごいしんどかった…。尚哉が幸せになること何で許してくれないのって腹立って仕方なかった。紆余曲折あったけど今2人が幸せなのがほんと何より。

2014/09/30 00:44

投稿元:ブクログ

初めて読んだ可南さん作品。BLの醍醐味は男同士であることの葛藤が欠かせないと思っていますが、これは重かったなぁ…。面白かったけど、途中受けの妹に攻めとの仲を反対され母親に気に入りの女性を紹介されそうになる件は、読んでいて辛かった(泣) すごくリアルな問題なだけに、円満な解決はなさそうで…家族との板挟み、ツラかった~(`;ω;´)

お互いが非力な子供でしかなかった高校時代に酷い別れかたをした二人が、9年の時を経て再会。気持ちがすれ違ったまま身体の関係になだれ込むのも ツラかったけど、そうせざるを得なかった真実もツラい(涙) なんか『ツラい』しか感想言ってないけど、過去も現在もいろんな場面がツラかった作品。
でもその分、恋の甘さや幸せの重みもたくさん詰まっていて、読み応えのある面白い1冊でした。9年前の作品の新装版とのことだけど、今回新たな書きおろしも加わっているという事でお得感たっぷりでは…?

ハイスペックな攻めに溺愛される受けが好物なので、美味しくいただきました♪ ただ作者さんもあとがきで書かれてるけど、あぁ~ジャンルに分けると確かに『昼メロ調』だわこの重さ(笑) 好き嫌いあるかもだけど、ドラマチックな演出好きの方にはオススメしたいな。
受けが手帳を大切にしていた理由は読みながら先に気付いてしまったけど、あの歩道橋の場面での叫びは切なくて泣けた★

2015/04/19 22:04

投稿元:ブクログ

評判が良かったので読んでみた。当たりでした。受けが前半攻めから責められ、後半家族に責められ、可哀想すぎるであります(T-T)受けの妹はあまりにも責めすぎててどこまで縛り付けるつもりなのかとイライラさせられてしまう。それでも攻めが本心から受けが好きなのが伝わってくるから安心して読めました。
高校時代のプールで気持ちを確かめあうくだりは青臭くて萌えたし、大人になって一度別れたあとの駅での抱擁は切なくて萌えたし、車中でのアレもエロくて萌えたw
再録らしいけど、書き下ろし付きで読めてよかったです。さて、積ん読本を採掘するかな。