サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

鬱金の暁闇 21(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発売日:2014/08/30
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/181p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601825-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鬱金の暁闇 21 (コバルト文庫 破妖の剣)

著者 前田 珠子 (著),小島 榊 (イラスト)

女皇の世界殱滅宣言により、恐怖に晒された人間達は生き抜くためにそれぞれの戦いを始める。女皇・雛の君はラエスリールに窮地に追い込まれた時の脅威が脳裏から離れない。その強大さ...

もっと見る

鬱金の暁闇 21 (コバルト文庫 破妖の剣)

562(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

破妖の剣6 鬱金の暁闇21

432(税込)

破妖の剣6 鬱金の暁闇21

ポイント :4pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「鬱金の暁闇 21」が含まれるセット商品

破妖の剣 (コバルト文庫) 39巻セット(コバルト文庫)

破妖の剣 (コバルト文庫) 39巻セット

商品説明

女皇の世界殱滅宣言により、恐怖に晒された人間達は生き抜くためにそれぞれの戦いを始める。女皇・雛の君はラエスリールに窮地に追い込まれた時の脅威が脳裏から離れない。その強大さへの嫉妬・恐怖・憎悪。足掻きながら反撃を模索する彼女の前に緋陵姫が現れ、意味深な言葉を吐く。「私が知る真実をすべてお聞かせするために参りました」と。その真実とは。そしてラスと再び相対する日は?【「BOOK」データベースの商品解説】

人間たちが生き抜く道を模索し始めた一方、女皇・雛の君は圧倒的なラスの力で窮地に追いやられていた。そんな彼女の前に緋陵姫が現れ、「真実をすべてお聞かせする」と言う。真実とは? そしてラスと再び相対する日は?【「TRC MARC」の商品解説】

女皇の世界殲滅宣言により魔性の恐怖にさらされた人間達は、自ら生き抜く道を模索し始めた。女皇・雛の君はラスに窮地に追い込まれた事に怒りながらもたじろぐが、突然現れた緋陵姫にある真実を告げられ…。


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/14 19:59

投稿元:ブクログ

一端棚に上がった戦いが再戦されるまで
世界のあちこちで起こった事。

何でしょう…成長物語、といよりも
子供の視野を広げよう物語?
女帝もそうですけど、出てきたあれが…。
連れていかれましたし。

ちょっぴりメイン2名も出ておりますが
一緒の空間にいるのはちょっぴり。
会話…は、ないですし。
一緒にいるだけで満足しなければ、なのですが
なんかこう会話ぐらいしてくれ! という感じです。
こちらが勝手にじれているだけなのですがw

ようやく戦いが再開されました。
ようやく話が一応進むかも?
次回は戦いだけで終了するのか、何かあるのか。
双子さんは振られましたし(笑)

2014/11/24 08:04

投稿元:ブクログ

あいかわらず薄い。
内容も遅々として進まず。
とはいえようやく思い腰ががった、というところか。
まあ、一見さんお断りな感じになっているのでせめて最後までお願いしたいところ。

2014/09/06 11:34

投稿元:ブクログ

どうしても冗長に思えてならない。
近年のストーリーの進み方の遅さに苛立ちを禁じ得ない。
アニメだったら30分枠の1回分に満たないのではないだろうか、と感じた。

特に、泥裸の一人称で考え方や価値観が全く異なる生命体とは到底納得出来ない、人間的な「傷を追った未成熟な価値観」を持っているんだということを表現するためだけに費やされた60ページ近くは読むのが厳しかった。
雛の君のモノローグ的な章にしても、繰り返しの表現が多すぎる。彼らは確かに「グルグル」考えていたのだろう、ということは伝わる。
しかし、物語として、読者として、冗長すぎると感じる。

エピソードを重ねなければ、「独特な価値観」や「登場人物の気持ちの変遷」や「説得力」が生み出せないようなラストに向かっているのかもしれないが、正直、数年間にわたって、「滅ぼされちゃうかもしれないけれどどうしよう、と、それぞれの行動をとるストーリー上のキーキャラクターではない人たちの様子」ばかりを読み続けることになっているのは、とても残念だ。

それでも、中学時代(20年以上前!)に破妖の剣の1巻を読んだ時の感動と面白さをまだ忘れていない。
他のシリーズと違い、投げ出さずに書き続けてくれていることには感謝している。
不満だらけで、失望することも多いけれど。
読者側も、経験を重ねて、どんどん変わっていってしまうから。
この物語は、「全年齢を対象とした」深みのある価値観を描いているとは思っていないから。
物語の最後をできるだけ早く、見届けさせてほしいと思っている。

2014/09/03 21:18

投稿元:ブクログ

やっぱ終わんなかったなあ。
次でも終わらない、とあとがきで明言されちゃったし。
はあ、もう大山小山、どーでもいいんで、
とりあえず、あと3冊以内でおさめてほしい(本棚的にもお財布的にも切実)
もうこの際ラス周辺だけでラストまでいってほしい。今更空也さんの妖鬼成長日記とか、正直私としては不要。
著者が書きたいものと私が読みたいもののズレが半端ないなあ。まあ、じゃあ読むなっていわれてしまえばそれまでなんだが、もう十数年の付き合いだかんねー今更それもなあ。このだらだら感、編集者さんとか感じないのかなあ?
が、乱華と緋綾姫のやりとりは結構ツボだった。
そしてなんかえ??なラスト。
それはあれですか?使役的な?守り手的な?
いやあ、1人1人に人格とかあったら話長くなりそうでコワイ。それはそれでおもしろそうだが。

更に、巻末のアンソロジー広告のページにちょっと魅かれた自分がこわい・・・・。
女神さま・・・・。本編、続きないのに、なぜアンソロジーに入ってんだ~~~。あー、でも龍は読みたいかも~。うう、げにおそろしきはコバルト編集部??

2014/11/23 14:38

投稿元:ブクログ

五闇を従えて最終本決戦開始。
五闇が人型をとって戦隊ものになるんだろうか;p

しかし…金闇とか白闇とか音だけ聞いていると餡子にしか聞こえない (^^;;

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む