サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

声の網 改版(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-130319-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

声の網 改版 (角川文庫)

著者 星 新一 (著)

声の網 改版 (角川文庫)

475(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

夜の事件 6−27
おしゃべり 28−49
家庭 50−71

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価4.1

評価内訳

電子書籍

ネット依存

2015/11/23 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこじゃらし - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネット社会の怖さがよくわかる本。情報通信がこんなに普及する前に読んだが、読んでいてよかったと思う。携帯電話を買い与える前に子供さんに読ませることをおススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フィクションであってほしい

2012/10/28 01:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たこくらい - この投稿者のレビュー一覧を見る

インターネットを予言したような小説である。
作中の事件も既に現実のものかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/08 13:26

投稿元:ブクログ

古本屋で購入したので(苦笑)、装丁は古いほうのものでした。ほぼ受け売りですが、70年初頭に、ここまで情報技術を想定できたのはまさに鬼才、と思ってしまいました。と、いえど私は現代っ子なので、むしろ70年代を知りたくなりましたね。面白かったです。

2006/05/13 15:01

投稿元:ブクログ

シュールな、とても皮肉な作品。
たしか「火の鳥」に、似たような話があったなぁ。
最近の話にはもう無くなった。
現実味が無さすぎるからか、有り過ぎるからのどちらかだろう。

2013/12/22 22:51

投稿元:ブクログ

ほぼ初の星新一小説。

彼のお父さんの伝記なんかは結構読んでるんだけど。

30年以上前に書かれた作品だ、ということを頭において
読むとほんと怖い。これからはそういう「この作品は
いつ書かれた」って意識しながら読まないと面白くない
作品増えるだろうな。松本清張の時刻表トリックなんかも
今じゃぴんとこないとこもあるし。

2006/04/26 01:34

投稿元:ブクログ

電話でなんでも済ませられる便利な国で起こった不思議な話。
そんなことあるの?ないの?不思議な出来事。
電話の声がナゾを繋げる。

星さんの本にしては、ちょい重めの作品。
変わらない先の読めないストーリーが面白かった

2006/03/19 20:16

投稿元:ブクログ

電話回線やコンピュータの発達、それらによるネットワークを使ってショッピングや銀行振込、情報収集などができるようになる世の中。

1970年に書かれたそうですが、あまりにも今の社会を予見しすぎていて怖いぐらい。
恩田陸さんも解説で書かれている通り、「漠然とした不安」を感じさせられます。
読み物としても十分面白いです。
星新一さんの作品が好きな人なら間違いなく気に入りますよ。

2006/07/10 00:19

投稿元:ブクログ

星新一氏の作品、前回に続けて読んでみた。
前回のレビューでは期待外れという感じと書いたけど、今回のは違った。というか、彼の今までのイメージも少し変わった。こんな、ミステリーみたいなのも書くんだ、と思った。

作者がこれを書いたのは30年前(解説曰く)。この話の主点である電話が普及した時代。
そして、この中にはコンピュータが発展した時代のことを書いている。

そう、まさに現代のこと。

まだ彼の書いた作品は幻想でしかないかもしれない。しかし、近い将来、起こらないとも限らない。いや、既に起こっているのかもしれない。コンピュータに支配される「人間」。コンピュータを操作し、コンピュータに支配され、相互に関係しあう時代。

静かーに、背筋がサァッとなるような作品。

2008/04/25 21:40

投稿元:ブクログ

2008年4月25日読了

絵が好き。
すべてひとつながりのお話です。

2006/08/06 13:46

投稿元:ブクログ

星新一作品はシュールで淡々とした読後感の多い中で、この作品は異質。
ミステリーなストーリー展開だけで、ここまで背筋が凍ったのは初めてでした。

2006/10/01 14:03

投稿元:ブクログ

あまり有名ではないけれど星新一の中で一番すきな物語です。コンピューターに知らず知らずの内に支配されていく人間の姿に将来を予感させ背筋が寒くなりました。

2006/12/03 06:57

投稿元:ブクログ

最後どう締めくくるのか気になっていたが、神様の比喩をいれているところが少し気に食わなかった。
メロンマンションの響きが好き。長編の星新一も面白いなと感じる作品でした。

2009/10/22 20:25

投稿元:ブクログ

1970年に書かれたというから驚き。

現実でいつか起こりそう(もう起こってる?)な出来事に始終背筋がぞくぞくしぱなしでした。
SFっていうより、ホラーみたい。笑

頭がいい人ってこういう人の事をいうんだろうな。

2007/04/28 17:45

投稿元:ブクログ

す、すげ・・・っ!はじめての星新一だったけど本当にすごいと思いました。そして背筋がゾクッとする。面白いなあ。

2008/08/26 08:35

投稿元:ブクログ

短編をつなげて構成されるストーリ、内容や結末もだけど、30年以上前にインターネット社会とその問題点を予言している事に戦慄かも。。。星新一が今同じ様な話を書いたらどんな未来になるのだろう???