サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

暗殺(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277913-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

暗殺 (講談社文庫 交代寄合伊那衆異聞)

著者 佐伯 泰英 (著)

雪の桜田門外。大老井伊直弼の駕篭が浪士団に急襲された。一部始終を目撃した藤之助の一の家臣光忠は、現場に気になる男を見つける。幕政を独裁した大老の死は、東方交易の行く手にど...

もっと見る

暗殺 (講談社文庫 交代寄合伊那衆異聞)

680(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

雪の桜田門外。大老井伊直弼の駕篭が浪士団に急襲された。一部始終を目撃した藤之助の一の家臣光忠は、現場に気になる男を見つける。幕政を独裁した大老の死は、東方交易の行く手にどう関わるのか。藤之助と玲奈はインド洋で決戦に臨む。相手は英国も手を焼く海賊団!時代が動く第二十一巻。文庫書下ろし。【「BOOK」データベースの商品解説】

雪の桜田門外。大老・井伊直弼の駕籠が浪士団に急襲された。一部始終を目撃した藤之助の一の家臣・光忠は現場に気になる男を見つける。幕政を独裁した大老の死は、東方交易の行く手にどう関わるのか。【「TRC MARC」の商品解説】

雪の桜田門外が鮮血で染まる。大老井伊直弼の急死で外交の行方は。藤之助を乗せた交易船団はインド洋で、英国も手を焼く海賊退治へ!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

2014/10/04 08:23

投稿元:ブクログ

トウノスケのなすことは全てうまくいく
出木杉物語ですが、爽快感があります
井伊大老が暗殺されました
急きょ、本人のトウノスケへの想いなどが
あらわされていますが・・・

2014/12/18 10:53

投稿元:ブクログ

第二一弾
遂に桜田門外の変、その時藤之助は天竺へ
そしてインド洋での海賊退治
そしてイギリスへ渡っていた昔の仲間能勢との再会
今後はどうにでもなりそう

2015/03/03 23:06

投稿元:ブクログ

2015.03.03.読了

前を読んでからあまりに時間が経っていて
どういう話の展開だったか思い出せずに読み始めた。

暗殺は井伊直弼。

藤之助たちはペナンの当たり。

全巻揃ってからもう一度読めばもっと面白く感じるかも。

2014/10/19 18:15

投稿元:ブクログ

このシリーズもだいぶ進んできた感があるが、今回はタイトルどおり井伊直弼の暗殺が背景事象として大きい。というか、そのあたりの事情を書くことが中心になってきたのか、チャンバラや海戦など絵になりそうなシーンがあっさり目になっている。歴史の流れの先にあるトウノスケの進むべき道は何か、この辺を描くことに作者の興味が行っているようだ。段々物足りなくなってきた・・

2015/02/07 23:46

投稿元:ブクログ

シリーズ第21巻目(…全部本棚に登録するのは大変だから、今のところ読み終わってる最後の巻を登録)

これだけ冊数があるわりに、
どんどん読めちゃいました。
エンターテイメントとして最適♪

信州の伊那谷で生まれ育った主人公の若者が、
幕末の江戸に出てきて、
使命と旅と刺客と決闘と恋、
勝海舟や坂本龍馬など歴史上の人物も絡んで、
老中の懐刀となって任務で海を渡って大活躍…なんて、
「三銃士」のダルタニャンを思わせるな~と
思いながら読んでいたのだが、
だんだんそういうかんじではなくなってきた。

とにかく主人公の藤之助が強くて感じ良くて、
田舎出身の朴訥とした大らかさを残しつつ、
色々な人と接しても嫌みなく如才なく気に入られ、
逆に任務上や剣客としての敵は多いから
しょっちゅう襲われ、
あげくのはては財力と能力を兼ね備えた
気の強いハーフの美女に惚れられて結婚し
貿易船団の長になってしまうという、
なんともあれこれ詰め込んだ物語。

主人公の藤之助は大らかで気持ちが良い人物だけど、
妻となるレイナは、
美人で金持ちで馬や舟を乗りこなし、
外国語もできて射撃も上手だけど
なんとなくタカピーで人を振り回して自由奔放で、
どうも鼻につくなぁ~、
持たざる女のヒガミかしら、と思っていたら、
主人もレイナがウザイと言っていたので
ヒガミだけではないみたい(笑)

とにかく主人公や妻が
信州・江戸・横浜・伊豆下田・長崎・京都・
上海~長江遡上・香港・バタビア・マラッカなど
旅をしまくるおかげで、
Google地図などを見ながら読むのも楽しい(#^^#)

この巻で井伊大老が桜田門外で暗殺され、
時代はますます混迷の幕末まっただ中へ。
この先アメリカとかにも行くのかな~とか、
後の明治をどう生きるのかな~とか気になります。
半年に1冊ペースで刊行されているみたいだから、
今まで読んだ所を忘れないようにして、
楽しみに次巻を待ちます。

2014/11/26 21:39

投稿元:ブクログ

2014年9月刊。21巻め。ほぼ半分を桜田門外の変で費やしてあったのが、冗長。さっさとサムライトウノスケの話を進めて欲しかった。

2015/03/09 17:17

投稿元:ブクログ

雪の桜田門外。大老井伊直弼の駕籠が浪士団に急襲された。一部始終を目撃した藤之助の一の家臣光忠は、現場に気になる男を見つける。幕政を独裁した大老の死は、東方交易の行く手にどう関わるのか。藤之助と玲奈はインド洋で決戦に臨む。相手は英国も手を焼く海賊団! 時代が動く第二十一巻。〈文庫書下ろし〉