サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 謎 スペシャル・ブレンド・ミステリー 009

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

謎 スペシャル・ブレンド・ミステリー 009(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277914-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

謎 スペシャル・ブレンド・ミステリー 009 (講談社文庫)

著者 綾辻 行人 (選),日本推理作家協会 (編)

名作は読み継がれ、その神髄は受け継がれる。好評推理短編アンソロジー第九弾の案内人は言わずと知れた本格ミステリの旗手・綾辻行人。一九七八年、一九八八年、一九九八年のベストセ...

もっと見る

謎 スペシャル・ブレンド・ミステリー 009 (講談社文庫)

832(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

名作は読み継がれ、その神髄は受け継がれる。好評推理短編アンソロジー第九弾の案内人は言わずと知れた本格ミステリの旗手・綾辻行人。一九七八年、一九八八年、一九九八年のベストセレクション。宮部みゆき、東野圭吾、泡坂妻夫…名手が選んだのは、豪華そして華麗なる作品群。心ゆくまでお楽しみ下さい。【「BOOK」データベースの商品解説】

東野圭吾「爆ぜる」、泡坂妻夫「砂蛾家の消失」など、綾辻行人が1978年、1988年、1998年の作品から厳選した全8編のミステリーを収録したアンソロジー。選者自身の思い出も含めた書下ろし解説付き。【「TRC MARC」の商品解説】

時代を代表する作家が選ぶ極上の短編ミステリー・シリーズ。新本格の旗手・綾辻行人が選び抜いた作品とは? その独特の視点に注目!【商品解説】

収録作品一覧

我らが隣人の犯罪 宮部みゆき 著 7−77
裏窓のアリス 加納朋子 著 79−121
爆ぜる 東野圭吾 著 123−187

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/11/02 11:14

投稿元:ブクログ

いくつか読んだことあるのが多かったかな。
実はガリレオシリーズ読んでないので
もっと読んでみたくなった。

2014/12/31 15:18

投稿元:ブクログ

綾辻行人によって選ばれたミステリアンソロジー。新旧取り混ぜた名作揃いなのは間違いありませんし、それぞれに違ったテイストの作品が読めるのも魅力。
お気に入りは唯川恵「過去が届く午後」。……これ、ひたすらに怖い!じわじわと迫りくる恐ろしさです。でもどこかしら哀しさもあるなあ。こんな悔やみ方はしたくないものです。
泡坂妻夫「砂蛾家の消失」も好き。確かにこの中で一番古い作品だなんて思えないなあ。

2015/12/30 23:08

投稿元:ブクログ

1978.1988.1998年それぞれのベストミステリーを、あの綾辻氏が更にセレクトしたアンソロジー。面白くない訳がありません。短編集なので、各作家さんの魅力が圧縮されていて、何を、誰のを読もうか探されている方にもオススメです!

2014/10/02 15:03

投稿元:ブクログ

鮮やかなのは泡坂妻夫「砂蛾家の消失」、ハラハラしたのは歌野晶午「ドア⇄ドア」、怖かったのは唯川恵「過去が届く午後」(タイトルが少々残念だ、もっと含みがないほうがよかったような)と都筑道夫「日光写真」。

2015/03/09 17:11

投稿元:ブクログ

名作は読み継がれ、その神髄は受け継がれる。好評推理短編アンソロジー第九弾の案内人は言わずと知れた本格ミステリの旗手・綾辻行人。一九七八年、一九八八年、一九九八年のベストセレクション。宮部みゆき、東野圭吾、泡坂妻夫……名手が選んだのは、豪華そして華麗なる作品群。心ゆくまでお楽しみ下さい。