サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ベッカライ・ビオブロートのパン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ベッカライ・ビオブロートのパン
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/01
  • 出版社: 柴田書店
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-388-06194-5
  • 国内送料無料

紙の本

ベッカライ・ビオブロートのパン

著者 松崎 太 (著)

オーガニックの原材料を使用したパンを販売する小さなパン屋「ベッカライ・ビオブロート」を営む著者が、どのようにしてパンができたのか、その背景と、原材料、製法、窯のことなどに...

もっと見る

ベッカライ・ビオブロートのパン

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オーガニックの原材料を使用したパンを販売する小さなパン屋「ベッカライ・ビオブロート」を営む著者が、どのようにしてパンができたのか、その背景と、原材料、製法、窯のことなどについて記す。【「TRC MARC」の商品解説】

兵庫県芦屋にある「ベッカライ・ビオブロート」。
ドイツ語でベッカライは「ベーカリー」、ビオは「バイオ」、ブロートは「ブレッド」のこと。
ドイツで製パンを学んだ松崎太さんが、オーガニックの材料を使ってパンを作り、販売する店だ。
店に並ぶパンは全部で17種類(生地は4種類)で、そのほとんどが全粒粉100%のパン。
粉は毎日、必要なぶんを原麦から石臼で挽いている──そんな独自の店を営む著者が、
どのようにしてパンの道に入り、ドイツでマイスターとなり、自分の店を開いたのか。
全粒粉パンにたどりついた背景や、原材料、製法、窯などに関する試行錯誤、
仕事への向き合い方などをじっくり綴ったモノローグ。
【商品解説】

著者紹介

松崎 太

略歴
〈松崎太〉1972年佐賀県生まれ。97年ドイツに渡る。ヴァインハイム国立製パン学校卒業と同時に製パンマイスターを取得。2004年9月帰国、翌年3月に「ベッカライ・ビオブロート」を開業。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/16 14:20

投稿元:ブクログ

 友人に勧められて読んだ本。
 オーガニック愛好家の間では有名なパン屋さんなのだそう。パンの美味しさはもちろん、働き方も注目を集める要因のひとつ。普通パン屋さんといえば長時間労働が当たり前だけど、著者である松崎さんは午前中に仕事を済ませて、午後にはもうお店にいない。そこには、たくさんの工夫と研究があった。
 いちばん見習いたいと感じたのは、社会通念にとらわれず、自分の感覚を信じて、修行と研究を行ってきた姿勢と心の強さ。
 友人の言うとおり、パン職人に限らず、何かを始めたばかりの人や成長したい人には、心の支えになったり、ヒントをもらえたりする本だと思う。よくあるチープな自己啓発本よりも断然おすすめ。

2014/09/15 09:57

投稿元:ブクログ

前半にドイツの修行時代の話。
後半に店を持ってのこだわりと実践。

さて、レシピは2つ。
でも誰も真似ができない。
なぜって、ドイツ時代に培った
バイオや小麦や製法のこだわりの深さに
同じつくりかたをしても
無理だとさとる。小麦の製法から違う。

いやぁ。深い。ドイツパンと自分の理想との狭間を捜し模索し続ける姿に脱帽。

小さな店だから自分の出来る範囲でパンを焼く。
今は模索の時代かもしれない。

それが突き抜けたらぜひ
あなたのパンを愛してやまない人々のために
後に続く人を作ってほしいと思う。

2015/03/08 08:33

投稿元:ブクログ

私の知っているなかで一番美味しいと思うパンを焼くひとの本。
実際にパン屋の店頭で著者のサイン本を購入。
全編パンの話なのだが、何故か涙が溢れてくる。色々な仕事や生き方に置き換えられる、葛藤を乗り越える情熱の話だと感じた。パンの話で泣けるとは!

食品工業 ランキング

食品工業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む