サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 遊ぶヴィゴツキー 生成の心理学へ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

遊ぶヴィゴツキー 生成の心理学へ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/10
  • 出版社: 新曜社
  • サイズ:19cm/182,36p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7885-1408-9
  • 国内送料無料

紙の本

遊ぶヴィゴツキー 生成の心理学へ

著者 ロイス・ホルツマン (著),茂呂 雄二 (訳)

協働で遊ぶ=プレイする=パフォーマンスすることが、「頭一つの背伸び」をもたらす。ヴィゴツキーの心理学をもとにした、現代社会に生きる私たちが今の自分を超えて「発達する」環境...

もっと見る

遊ぶヴィゴツキー 生成の心理学へ

2,376(税込)

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

協働で遊ぶ=プレイする=パフォーマンスすることが、「頭一つの背伸び」をもたらす。ヴィゴツキーの心理学をもとにした、現代社会に生きる私たちが今の自分を超えて「発達する」環境を生み出す、生成の心理学への招待。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロイス・ホルツマン

略歴
〈ロイス・ホルツマン〉コロンビア大学大学院修了、Ph.D(発達心理学)。グループと短期心理療法のためのイーストサイド・インスティチュート所長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/04/13 10:29

投稿元:ブクログ

・二元論を斥け、パラダイムから離脱
・問題解決をするための認識論から、統合的、生成的、持続的プロセスを目指す道具と結果の方法(探究)

・「社会が人間を人間として形作ると同時に、社会も人間によって形作られる(マルクス)」をベースにしている。
・「学習が先導する発達は集合的に創造される」

・「発達の再近接領域」とは?また、ここで言われる「子ども」とはどこまでの発達?幼児期?中学校入学以前程度?
結局、発達し続けるには、リスキーな新しい世界に飛び込み(新しい世界で適応するには新たな自分を創造せざるを得ない)、『世界を広げ続ける』行為を「快」と感じるマインドセットをもつしかないのではないか。

・「子どもの最大の達成は遊びの中で可能になる」「遊びに自由度を与える想像力と、遊びを制約するルールの相互作用が遊びの発達的潜在力をうみ出す」とある。
遊びとは自由遊び(ごっこ遊びやファンタジー遊び:幼児期)、ゲーム遊び(サッカーやドッジボールなどルールに依拠:学齢期から成人)、劇的プレイまたはパフォーマンスなどを指すとあるが、この「遊び」を学校教育の授業や活動場面に取り入れることで、「子どもの最大の達成」を促せるのではないか。

・「話すことの構造は、単純に思考の構造の鏡像ではない。それゆえ、衣服のように思考に着せることはできない。話すことは、発達した思考のただの表現ではない。思考は話すことへと変換されるとき、再構造化される。それはことばによって表現されるのではなく、完成される」は、「『建築予定の家のイメージがあり、それを建築模型で示す』のではなく、『積み木を積み上げながら建造物がつくられ、つくりかえられていく』」イメージなのかな?自分自身が比喩で理解を確かめようとしている精神構造もまた、自分の「ことば」をもたない事柄を自分の枠で表現しようというなかで動く思考の感性なのだろうか。ウェビングなどの思考ツールも、表現しながら思考し、相互で作用しあっているように思う。「表現ツール」ではなく「思考ツール」である所以なのかもしれない。

心理学 ランキング

心理学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む