サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

体の知性を取り戻す(講談社現代新書)
体の知性を取り戻す(講談社現代新書) 体の知性を取り戻す(講談社現代新書) 体の知性を取り戻す(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/18
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288280-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

体の知性を取り戻す (講談社現代新書)

著者 尹 雄大 (著)

小さく前へならえ! 気をつけ! 休め! 社会が要請する「正しい」鋳型に合わせてきた結果、私たちの体はすっかり〈不自由〉になっている。あらかじめ体に装備された力とは何か、そ...

もっと見る

体の知性を取り戻す (講談社現代新書)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

体の知性を取り戻す

648(税込)

体の知性を取り戻す

ポイント :6pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

小さく前へならえ! 気をつけ! 休め! 社会が要請する「正しい」鋳型に合わせてきた結果、私たちの体はすっかり〈不自由〉になっている。あらかじめ体に装備された力とは何か、それはどうすれば取り戻せるのかを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

【あなたの体に眠っている能力をどう引き出すか?】

「小さく前へならえ!」
「気をつけ! 休め!」
長年、社会が要請する「正しい」鋳型に合わせてきた結果、
私たちの体は知らぬ間に〈不自由〉になっている。

でも、自分の体のことは、自分が一番わからない。

あらかじめ体に装備された力とは何か?
どうすればそれを取り戻せるのか?

柔道、キックボクシング、古武術、韓氏意拳……
あまたの武道遍歴から考え抜いた
いまを生きのびるために大切なこと!


【推薦!】

頭による学習にばかり意を注ぎ、身体の感覚などは当てにならないものとして軽視してきた日本の教育の問題点を、著者自身の体験を通じて見事に衝いている。

――甲野善紀氏

身体を語る言語はつねに身体を裏切る。言葉で身体を語りきれるはずがないからだ。その根源的矛盾に耐えるためには、『居着かない文体』が必要になる。その困難な要請に著者は懸命に応えようとしている。

――内田樹氏


【目次】

第1章 「小さく前へならえ」で私たちが失ったもの
第2章 渾身のパンチより強い、手応えのないパンチ
第3章 「基本」とは何か
第4章 動かすのではなく、ただ動く
第5章 感覚こそが知性である【商品解説】

著者紹介

尹 雄大

略歴
〈尹雄大〉1970年神戸生まれ。テレビ番組制作会社、出版社を経てライターに。インタビュー原稿やルポルタージュを主に手がける。著書に「FLOW」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

2014/12/01 08:36

投稿元:ブクログ

たしかに小学校でやっていた、小さくまええならえ、ってすごく意味不明。そういうことが多すぎる。ああいうの、誰が考えるんだろう。

2016/11/29 19:24

投稿元:ブクログ

超面白い! こういう本を読みたかった。
身体論から、現代人が縛られている「何か」について解き明かす。体の「知性」ということになるのだが。

2016.11.29.

2015/12/26 18:21

投稿元:ブクログ

著者はフリーのライターですが、十代で陽明学の「知行合一」の考え
方に出会って以来、心と体の一致を探ろうと、キックボクシングや武
道を開始。その探求の中で出会ったのが武術、とりわけ韓氏意挙とい
う「究極の武術」でした。本書は、そんな究極の武術にまで辿り着い
た著者が、自らの心と体の探求遍歴の中で学んできたことをまとめた
ものですが、これが衝撃的に面白い。新書ですが、生きることの概念
を変えてくれるくらい、刺激と気づきに満ちた一冊です。

著者が繰り返し述べるのは、いかに我々の体が社会化されているかと
いうことです。小さい頃から「前へならえ!」と命令され、他人と同
じように、きちんと生きることを教えられる。それは社会生活を営む
上で必要なことですが、その過程で、体が緊張し、こわばり、固まっ
てゆく。自分の最大の個性である体の声に耳を傾けることなく、感覚
よりも知識や思考に基づいて行動するようになるので、型通りのこと
はできるけれど、危機に対処できるような柔軟性や創造性をなくして
ゆく。不測の事態に対処できる自信がないから、余計にノウハウや型
に頼るようになり、自分自信からどんどん離れていってしまう…。

そうやって現代人は、人間が本来持っている能力を生かすことなく、
その存在に気づくことすらなく、ただ漫然と生きているのです。何か
を知ったり、何かをできるようになったりすることで得られる他者か
らの承認を糧に、自分自身に対する自信を深め、やれることを拡大さ
せ、自己実現を図っていくというのが、成功のモデルと語られますが、
本当にそうなのか。そこに無我夢中で生きている時ならではの生命の
充溢はあるのか。この世界と共にあることの歓喜はあるのか。

著者の以下の言葉がとても刺激的でした。「(魚は)海という広がり
を自分だと感じているのではないか。魚にとっての海とは自分であり、
それは『これが自分だ』と限定する必要のない可能性そのものなのか
もしれない」。この世界の広がりを自分自身と感じられるような自在
な生き方をすること。そんな生き方ができたら最高ですよね。

体の側から見ると、「自分」が随分と違って見えてきます。「自分ら
しさ」とか「個性」というものに対する考え方も変わります。体こそ
が個性であり、そこに人間の可能性が眠っているんだという考え方は、
ある種の救いでもあります。

学びや教育に関する考え方についても、根本的な変革を迫る一冊です
ので、人を教える立場、指導する立場にある方にも有用な一冊となる
ことでしょう。是非、読んでみて下さい。

=====================================================

▽ 心に残った文章達(本書からの引用文)

=====================================================

「小さく前へならえ」と「よく考えてからものを言いなさい」と命じ
られたときの、きゅっと胸がすぼまり、口の中に酸っぱい唾が充満し、
身を縮めた感じをいまでもよく覚えている。

いつしか体は、自分によってか他人によってかの差はあっても、指図
されるもの、何かの命令を実行する機械みたいなものとみなされるよ
うになった。

緊張して固まった体はとても扱いやすい。軽く、弱い。

写真を見てまず驚いたのは、(…)五歳くらいまでの自分の屈託のな
い笑顔だった。笑うときは全身で笑っていた。体はくまなく笑顔に彩
られていた。いまはこんな笑い方はできそうにない。

小学校の高学年になると、全体的に漂っていたやわらかく、開いた印
象がまったく消えてしまい、表情は硬く、目は釣り上がり、肩を怒ら
せるようになっていた。刺々しさだけが私を表していた。

改めてなるほどと思ったのは、子供の頃から社会化を経験していく中
で、緊張が次第に深く自分の体に浸透していったということだ。そう
いう意味では体は正直だ。

気がつけば、世の中には禁止のメッセージが溢れている。子供から大
人まで「ちゃんと・きちんと・正しく」を守るようにと要請されてい
て、体が知らないうちに無駄な緊張を覚えてしまっている。

頭で体をコントロールする。それが生きることだと私たちは思い込ん
でいる。それでも台風のような自然現象に出くわすとき、ふと気づく。
私たちの体も本当は制御できない自然の側に属するのだということに。

体はいつも私たちに現実の何たるかを教えようとしてくれている。

武術とはどういう術かといえば、生に徹することだと思う。武術は切
羽詰まった生の極みを問題にする。なぜなら絶体絶命に陥ったとき、
普段の暮らしで通じる理屈や言い訳、責任転嫁、甘えが一切通用しな
いからだ。

教育の名において繰り返し正しいとされたのは、「しなければならな
いことを通じて人は成長する」や「数や量をこなすことで質が向上す
る」といった窮屈な考えだった。だが、自然も赤児もそういう常識と
は違う何かを訴えているように感じた。

自分を刷新してくれるような出来事は、いつだって些細なことなのだ。
それをちゃんと捕まえておけるかどうかが、ものの見方の転換になる
かどうかの分かれ目になるのではないか。

師匠の芸なり技なりの肝は、「これが基本だ」といって言葉で抜粋し
にくいものだ。日常の所作に触れ、見て取ることがもっとも効率のよ
い学習かもしれない。

他人の提示してくれた理想に憧れているだけでは、いつまで経っても
切実な学習は始まらない。

物事を新しく始めた人は外部に手本がなかった。
(…)
頼れるのは感覚のみで、躊躇いなく行けば泉に行き当たった。

体に対しては、自分の外にある理想のモデルを学習しても意味がない。
自分で新たに気づくことがない限り、決して深く学べないのだ。

概念を生きるのではなく、ただ生きる。
それができたとき、何かの目的や正しさに従わずに、自立して生きる
ことができるかもしれない。

目指しているのは、人が本来持っている能力の最大限の表現だ。

自分とは何か。自然��は何か。それを知る上で手がかりになるのは、
自分の体だ。

ちっぽけだろうがなんだろうが、遭遇した事態は自分独自の出来事で
あり、己で何とかしないといけない。自分という存在、つまり体は、
常に個的で他の誰とも取り替えがかいないのだ。自分の感じているこ
とが、自分にとっての現実だ。したがって人の数だけ現実は存在する。
そこに特別さはなくとも、同じ体はふたつとないのだから、極めてオ
リジナルな見方しかありえない。

私たちは、何かをすれば、何かを知れば自信がつくと思っているけれ
ど、それはかなり見当違いなのかもしれない。新たに何かを獲得する
べく努力するよりも、身につけてしまった思い込みを外しさえすれば
いいのではないか。

危機はわかりやすい形でも劇的でもなく、何気ない顔をしてやって来
る。だから「違い」というニュアンスを感じ取れるか否かが生き死に
の別れ道になる。

人生において「必ず成功する」といった絶対不変の法則はないだろう。
だが、必ず失敗する法則性があるとしたら、それは求めても現にいま
手に入れられない状態を思い描き、飢餓感をつのらせるときだ。
それは、いま・ここの現実からずれたことを望んでいるのだから、実
現されるわけがない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●[2]編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学校は何のためにあるのか。最近、よく考えます。

娘を見ていると、小学校は何のためにあるのか考えさせられるし、
学歴は高く、言うことは立派だけど、何かとても大きな勘違いをし
ているように見える若い子達を見ていると(こんなこと言うのは、
オヤジになった証拠ですが)、高等教育機関の存在意義についても
考え込まされます。

自分は大学に行けて良かったと思います。学べたことはあったし、
尊敬できる恩師との出会いもありました。勿論、卒業した結果、学
歴の恩恵も受けている。でも、大学に行ったことで、逆に、とても
遠回りをしてしまったのではないかと言う思いもあります。学びに
対する本当の意味でのモチベーションがないままに大学に行ったた
めに、結果として無駄な期間を過ごしてしまったからです。

本当の意味でモチベーションが出てきたのは、大学に入って5年目
でした。最初の4年間は、学びに対するモチベーションを開発でき
ないままだったのです。最高の教育環境にいても、学びに対するモ
チベーションのない人間には、全く役に立ちません。逆に最高の環
境にいるという甘えが、人をダメにします。

結局、学ぶ姿勢、学ぶ動機を持っていない人間に、学びの機会を与
えてもしょうがないってことなんですよね。良かれと思って学びの
機会を与えても、肝心の動機付けができてなかったら、逆効果です。

では、どうすれば学びに対する動機付けができるのか。今は答えは
ありません。小三の娘に伴走しながら、探求していこうと思います。

2014/12/03 09:21

投稿元:ブクログ

頭で考えるな
もっと世界を感覚的に感じろ
ということが主旨なんだろう

子供の頃に感じた、大人の枠にはめられることに対する違和感、窮屈感は分かる。また、確かに大人が子供を大人の枠にはめようとすることには理不尽なこともある。
しかし、だからと言ってそれまでの体験や経験から得た知性を否定すべき対象として捉えることには繋がらない。

なんとなく、著者が社会に対して心を閉ざして内向的になりすぎている気がする。

2015/01/04 18:24

投稿元:ブクログ

本書の主題は極めて重要な考え方と思う
知性=脳 って短絡的すぎる
知性=体全体 なんだと思う
私は真剣に武道に取り組んだことがないこともあり
本書の言葉がどうも理解しきれないので★は4つ
そもそも文章化できない題材なのかも・・・

2014/11/08 11:53

投稿元:ブクログ

 武術とはどういう術かと言えば、生に徹することだと思う。武術は切羽詰った生の極みを問題にする。なぜなら絶体絶命に陥ったとき、普段の暮らしで通じる理屈や言い訳、責任転嫁、甘えが一切通用しないからだ。
 そのとき生きること、どういう状況であれ生き切れるか、という問いが全面に現れる。その答えは頭ではなく、体で得ていくしかない。頭でわかっても実践できなければ、まったく意味がないからだ。そのためには体と向き合い、自分という存在が何かを明らかにするべき真摯に努める。つまり、一般的なイメージと違って、エゴイズムと暴力の結託を許さない。それが私にとっての武術だ。(p.55)

 波に乗れるようになるには、いまの自分のままであっては決して乗れないことを海に入ってみて肌で知る必要がある。くだんのサーファーは基本をおろそかにしているのではない。型を型として活かすために、自意識や我の出た動きを否定しているのだ。
 だから彼は、「実際のときにはいかに役立たないかを知るために基本を覚える」と言う。基本の型が役に立たないのではなく、現状の自分の体が役に立たないことを知る。その上で理解しないといけないのは、役に立たないからといって、体のどこかに問題があるのではないということだ。
 生身の体には何の支障もないのだ。ただ、さまざまな「こうすればいい」「これが正しいはずだ」といった思い込みで生きてきた分、私たちの体は観念的になっている。それは実際の場面で役に立たないものも当たり前だ。型によって、体にこびりついた思い込みをはがしていく必要がある。(p.89)

 意拳を始めて気づいたのは、自分がこの世界に投げかけているものの見方、感じ方の網目がかなり粗いということだ。拾い上げていない景色が多すぎるのだ。
 視野の外の世界のほうが実際は圧倒的に広いのだが、見ている光景がすべてだと思ってしまう。だから私は、形体訓練や站椿でいう「伸びやかさ」がなかなかわからなかった。(p.130)

かつて震災が起きた翌日、何事もなかったかのように会社に向かう大勢の姿を目撃した。その人たちは冷静だったのではない。昨日までと同じことを繰り返すほうが、現実を見ないで済むので安心だったのだ。それくらい引いとはやり慣れた方法が通用しない現実を怖れる。そして、何も試みていないのに不安に怯える。自分でつくり出した幻影に進んで惑うのだ。(p.163)

 震災時、正確な情報を求めるうちに、言葉の奔流に溺れそうになった。そのときの私は不安で何かにしがみつきたかった。事実が何なのかわからない怒りもあったし、自分の無力さに悲嘆にくれてもいた。
 私はいまの自分にできること、やるべきことを忘れていた。つまり、自分の体を見失っていた。だが、あのとき、不安と怒りと悲しみに呑み込まれたのは、私だけではなかったと思う。
 一見、平静を取り戻しても、それらの激しい感情が消えたわけではなかった。それらは社会に底流し、いまでも人々の感情の形成に知らず知らずのうちに関わっていると感じる。(p.172)

2015/05/15 22:16

投稿元:ブクログ

凡人の著者(失礼)が、達人(甲野師、光岡師)との出会いにより成長していく様子を追体験できます。
達人の言うことは分かったようで分からない。でも凡人(失礼)の言うことはすっと入ってくる。
著者が経験した失敗はそのまま自分の失敗として心当たりがあるし、そこからどのように考え方を変質させていけるか。
大きなヒントになりました。

2014/11/05 19:36

投稿元:ブクログ

これも面白かった!たまたま続けて読んだのだけど、「感覚」を信頼した論旨は坂口恭平さんの現実脱出論と共通。人間の「感覚」ってすげえんだぜ、ってところがすごーく納得できるところ。ただこっちは動作に伴う感覚を特に扱ってるのが違いかな。
 生身の人間がもつ能力のすごさ。生きることそのものが武術の訓練になるような考え方。二度と戻ってこない「いま、ここ」を、何があっても生ききるための時間や頭の使い方のはなし。内田樹さんや養老孟司さんにも共通するような、生きるということ全体につながるようなおはなしがやっぱり僕は好きかなー。細かく分けて分けて理解してっても生き物全体は分からないよ、って言う福岡伸一さんの考え方とも通じる。
 
 この辺りって、分解して記載してゆく(今の)科学の限界とも通じるような気がする。再現性があるからこそ積み重ねが可能だし、そうやって文明が発達してきたし、その方法に則って僕も研究してきたから、ものごとを伝えるのに科学以上の方法はないってことは骨身にしみて分かってる。でも、その出発点である「記載」にも限界がある。自然現象をノートに書き写した瞬間に、切り落とされてしまった情報の方が多くなってしまっていることも、外に出て自然を観察すればすぐ分かる。

 感覚も、言葉にした瞬間に劣化する。例えばすんごい景色に出会ったとして、それをどれだけ緻密に言葉におとしたところで、その景色に触れたときに自分が味わった五感の快感を、読者や聴衆の体内に瞬間的に再現することは原理的にできない。って考えると、言葉を用いて論理的に伝えるっていうのは、感覚を伝える最高の手段ではなさそうだ。じゃあ何がそれをできるのか?ってわからんけどさ。芸術?

 ことばってのは、知識や感覚を伝えるための最善の方法だと思う。でも生身の自分はやっぱりそれだけでは扱いきれない部分を持ってて、ことばと生身の身体との間には隙間があるんだよってのを、この本を読みながら再認識。で、この本の中で紹介されてる古武術家の甲野善紀先生は「考えたらダメ」とか言いながらいわゆる科学では説明できない動きを体得されてて、その隙間を埋めてる感じがすごい。youtubeで動画さがしながら悶絶コーフンした。

 自分にとって進むべき方向性は、どうやらこっちの方にありそうだなってのを感じた。

http://blog.livedoor.jp/h_ohiwane/archives/52105010.html

2014/12/20 06:51

投稿元:ブクログ

 前著「FLOW」よりも幅広く日常に密着した身体論を展開。その延長でメンタル面への言及も多く、啓蒙書あるいは人生論的な言い回しが多い。さらに社会的政治的な意見も述べており、身体論と現実世界との接点を実践的に示す。経験論から説いているからか前著ほど難しいということがなく、読者自身に近づいた理解がしやすいといえる。

 元来の身体論とくに日本文化についてのそれは「型」を中心にして説明しているものが多い。本書は著者が取り組んでいる「意拳」の特性もあるが「型」というものを重視していないという特徴がある。最近では武術家の甲野善紀さんもそうだが、定型性にこだわらない上達論が増えてきた。より高度になったということなのかもしれないが、習う側としてみれば「型」があったほうが入門の端緒になるように思う。しかし、ある程度稽古を積んだならば型にこだわらないという姿勢は「型」を制定する流派でも重要視するところであろう。ここは教える側と習う側双方のセンスが現れてくる場面なのだと思う。

 同じ発売日だったこともあり同時に購入した同じ講談社現代新書の「現実脱出論」と非常にリンクするものを感じた。と思ったら、あとがきで坂口恭平氏の名前が…。めぐり合わせというものはおもしろいものである。

2014/10/16 16:39

投稿元:ブクログ

著者の幼少期からの体育・武道歴を時系列に並べ、そこで感じた違和感、体との向き合い方について述べていくエッセイ的な本。柔らかい内容で、一読しただけでは腑に落ちずモヤモヤする部分があるけど、面白い。特に、"実感"は一般的に良いものでリアルなものとされてるけど、体ではなく頭で感じる快楽だから曲者。"実感"は、敢えて何かを行ったときに感じるもので、夢中なときに実感はないのだから、実感あり=今起きていることにまるで向き合ってない。という主張が興味深い。ほんとにそうなのかな?自分も実感を良いものと思ってきたからなぁ。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む