サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 女王陛下のユリシーズ号

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

女王陛下のユリシーズ号(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1972.1
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/549p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-040007-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV)

著者 アリステア・マクリーン (著),村上 博基 (訳)

女王陛下のユリシーズ号 (ハヤカワ文庫 NV)

1,015(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (14件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

怒濤の迫力!

2004/04/15 07:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(KAZE) - この投稿者のレビュー一覧を見る

マクリーンでは、何たって『女王陛下のユリシーズ号』!
読んだ時の圧倒的な感動は強烈でした。

怒濤のように心に迫り、ぐいぐいと引きつけて離さない。
どころか、読み進むにつれていよいよ引きずり込まれていく
男たちのドラマ。
しびれました。
心が震えるようなああいう感動は、
そうそう味わえるものではありません。

海洋冒険小説では、ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』も好き。
しかし、マクリーンのこの『女王陛下のユリシーズ号』は
それ以上に好きです。

崇高で、しみじみと胸を打つ男たちの心意気。
私が音楽を響かせるとしたら……と考えて浮かんだのは、
ヴェルディの「レクイエム」。
力強く、荒々しく、輝かしいその調べもて、
「ユリシーズ号」の乗組員たちの不屈の魂を
慰めんことを。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

男なら、読め

2004/02/23 00:39

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:8823 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ナヴァロンの要塞」など、超大作戦争アクション映画の原作者として有名なアリステア・マクリーンが初めて書いたベストセラー小説。
 時代は1943年ごろの北大西洋。ヒトラーの攻撃を受けて苦戦するソ連への援助物資を、イギリスからアイスランドを経由する嵐と極寒の海原を抜けて運ぶ、連合軍の「援ソ輸送船団」が物語の舞台だ。もちろん敵は気象条件だけではない。海面下にはドイツのUボートが船団を待ち構え、さらには敵の爆撃機や巡洋艦も牙をむいて襲い掛かる。男たちの必死の戦いにもかかわらず、次々と沈んでいく輸送船や護衛艦。そして敵巨大戦艦ティルピッツまで出撃してくるとの情報に、事態は最悪のものに…。
 この作品は単なる戦記小説とは異なる。北極圏の嵐が増幅する過酷で激烈な戦闘シーンは確かに圧巻で、凶暴とも言える迫力で読み手の心臓をつかんで引きずり回す。だが戦いの経緯とか最終的な勝敗の帰結は作品の核心ではない。物語に登場する乗組員の男たちの互いへの信頼、献身、そして自己犠牲といった精神の崇高さを、彼ら一人一人への心からの共感を込めて描き切っていることこそが、本作品を際立ったものに仕上げている。
「病を押して出撃し乗組員に感謝しながら死んでいく艦長」や、「炎上して船団を危険にさらす父親の船を、自ら魚雷を放って処分する水兵」「船を救うためハッチを外から閉めて水の中に沈んでいく機関員」。物語の男たちは皆、絶望的な運命の中で優しく美しい。
 戦争という異常な状況下でまさに人間の真価が問われるとしたら、ユリシーズの乗組員たちに私はその至高のものを見たような気がするのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

冒険小説の源流

2001/09/17 15:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 冒険小説なる単語が宣伝に使われたのは、本作がはじめてらしい。実際、ひとつのジャンルの流れを作るだけのパワーにあふれている作品だ。シンプルなストーリーラインの中で、魅力的なキャラクターと迫力ある自然描写が、たっぷりと楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/07 22:58

投稿元:ブクログ

援ソ物資を積んで北極海を行くユリシーズ号に襲い掛かる、仮借ないあらゆる困難。
これでもかというくらいに不幸が押し寄せ、だーだー泣いてました。
文章が上手いとか構成が上手いというよりはただひたすら迫力があるという話。凄い。

2006/01/27 20:49

投稿元:ブクログ

 誰が主人公と言うわけではないので、感情移入できる相手を見つけるまで(あるいは見つけられないかもしれないが)最初はとっつきにくい。舞台は第二次大戦でも最も過酷な戦場の一つだった北大西洋。Uボートだけでなく、凍える海と空が艦とその乗組員を苦しめ、絶望的な中で生き残るというよりは、如何にして死んでいくかを描いている。この話を「滅びの美学」と呼んだ人がいたが、まさしくその通りだと思う(ただし、決して戦争を美化する物ではない)。過酷な内容と淡々とした突き放した文体は、苦手と思う読者も多いだろうが、肌に合った人にとっては何度でも読み返したくなる。
 内容の厳しさとしても、話の取っつきにくさとしても、読む者に覚悟(汗)を要求するが、
近代海洋冒険ものの名作と呼ばれる作品。(これを「冒険」と言ってはいけないのだろうが、分類状勘弁して欲しい)

2010/03/25 15:54

投稿元:ブクログ

独ソ戦における援ソ物資の輸送船団を護衛する英国巡洋艦ユリシーズとその乗組員たちを描いた海洋冒険小説の古典的名作。さすが古典と呼ばれるだけあって、冒頭から極限状況で始まり、北極圏の航海の自然の脅威、Uボート、フォッケウルフなどとの戦闘などが最後までのべつ幕なし訪れるという、容赦ないストーリー展開も凄いが、なんといってもその場にいたものでないと描けないような描写が圧巻で、これはもう「すさまじい」としかいいようがない。とにかくその筆致で読ませる。極限状況にせまりきった結果辿り着いた人間像の描き方にも感銘を受ける。

2012/02/15 22:35

投稿元:ブクログ

反乱事件を起こした巡洋艦ユリシーズ号。懲罰を拒否したヴァレリー艦長への懲罰的な出撃。ソ連への援助物資を運ぶ船団の護衛作戦。北海を進む護衛空母千段。ドイツ軍の施設した機雷、荒波の影響で徐々に離脱していく空母、巡洋艦、駆逐艦。ドイツ軍の空爆で傷つく船団。ユリシーズ内部での反乱の気配。ヴァレリー艦長の健康問題の浮上。Uボートとの戦い。ドイツの戦艦デルピッツの恐怖。司令部からもたらされたデルピッツ出撃の情報。ヴァレリー艦長の死。「およそ神が一艦長にあたえた最高の・・・・」

2013/09/29 03:43

投稿元:ブクログ

海洋小説。あえて“冒険”という文字は外したい。
北の海という容赦なき猛威と、敵軍の脅威に曝されながら、任務を全うすべく進むユリシーズ号。
これはそんなユリシーズという艦の物語であり、ユリシーズを愛した男たちの戦いの物語でした。
凍える海で命を賭して彼らが守ろうとしたのは、祖国愛ではなく、無謀な軍命でもない。
それは艦と艦長に対する敬愛。恐ろしく素朴で純真、ゆえに無自覚で強固なものが、彼らとその艦を最後まで生かした。

個人的にニコラス推しです。ラストは泣いた……。

2016/04/02 19:14

投稿元:ブクログ

大昔一度ハ-ドカバ-を読んだことがあった。今回再読。ほとんど忘れていたから良かった。ユリシ-ズ号とソ連向け船団の滅びていく美学。もうメチャクチャやられるお話し。酷寒の海を感じるには、酷寒の季節に読むのが適している。それにしても、この後のソ連との冷戦を考えると、ここまでしてソ連向けに補給して犬死みたいに思えるが、ナチスドイツの敵は味方の考えだったのでしょうね。イギリスにとって皮肉なものですね。平家物語とは全く趣を異にするが、滅びの美学を書きたかったのでしょうか、マクリ-ンは。?彼の作家人生の第一作目です。記念すべき本であります。

2009/10/24 14:39

投稿元:ブクログ

 海洋冒険小説。厳寒の海の話だが、内容は熱い。
 海と軍艦が舞台なので用語になじみが無かったり、ちょっと読みにくいところはあるかもしれない。それでも、登場する男たちの生き様が見られるので、お勧めです。
 あとがきにもあるが、艦長が巡検するところは名場面の一つ。

2012/05/29 22:16

投稿元:ブクログ

第二次世界大戦中、極北の海で輸送船団を護衛する任に当たった英国巡洋艦ユリシーズ号の、壮絶で痛ましく、過酷で無謀で熾烈で無慈悲…といった言葉が読後脳内に逆巻く作品でした。
もちろん読んでいる最中にもそれらの言葉はよぎるのですが、読みすすめるほどに夢中になってのめりこみ、その時々では感想なんて生易しいものには思い至らなかったのです。
軍事関係の専門用語はふんだんですが、少々分からなくても、そんなものは蹴散らし進んで構わないかと思います。
もちろん分かるに越したことはないのでしょうが、充分、もしかしたら今は絶滅に瀕している男侠というものを堪能できるかと思います。
読了後、とにかく独りになって、ユリシーズの面々に思いを馳せるひとときが必要かと。

2014/09/06 19:55

投稿元:ブクログ

タイトルだけは、聞いたことがありました。『ナバロンの要塞』の原作者が書いているというので、期待して読みました。
登場人物が多く、また人物紹介欄がないので、誰が誰だか分からなくなります。また階級だけだったりすると、前に戻って読み返しなので、読み終わるのにすごく時間がかかりました。
そのようなわけで、お話に集中することができません。ただ寒いイメージだけが残りました。

2011/06/28 17:50

投稿元:ブクログ

海洋冒険小説というジャンル。3・4年前の雑誌の書評に高評価であったの見て、いつか読もうと思っていたが、書店になく、本日偶然見つけ購入。
大航海時代ぐらいの小説かと思いきや、意外にも、第二次世界大戦のフィクション。
但し、作者が、戦艦勤務経験があり、経験者でなければわかりえないであろう日常がちりばめられている。

映画タイタニック、眼下の敵などの船モノの元ネタとなっているであろう古典的名作。感動的エピソードがふんだんにあり過ぎで、やや未消化。

2010/08/16 06:52

投稿元:ブクログ

 重いです。だけど、大名作です。何もかも忘れて没頭したい本、それだけの価値のある本。

 第二次世界大戦の、輸送船団の話だから、まあ戦争物なんだけど、そういう安易な括り方をしたくない。いつも同じことばかり書いているみたいでやだけど、ここに出てくる男達のかっこいいこと。極限状態に近い(というよりそのもの)の中だからこそ迫ってくる、一種の純情さというか、男気というか、そういうものがいいんだ。

 だから、安易なハッピーエンドなんか、はなから求めてはいけない。マクリーンの描く濃厚な世界にどっぷり身を沈めて、最後にどこに行き着こうが、ふっと深いため息をついて、ライトを消して、枕に頭をあずけるべき本だと思う。

2014/01/10 00:33

投稿元:ブクログ

勇猛な乗組員たちがドイツ軍と戦う……という話かと思っていたら、疲労困憊した状態で始まった。更に悪くなる状態のなか、更に先へ先へと進んでいくユリシーズ号の男たち。戦争、というよりは登山小説のような趣き。

ハヤカワ文庫 NV ランキング

ハヤカワ文庫 NVのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む