サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

仕事。
仕事。 仕事。

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/24
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:19cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-780723-3
  • 国内送料無料

紙の本

仕事。

著者 川村 元気 (著),山田 洋次 (ほか述)

山田洋次、沢木耕太郎、宮崎駿、糸井重里…。川村元気が12人の巨匠たちに聞いた「壁を乗り越え、一歩抜け出す」唯一無二の仕事術。これから人生を楽しくする「仕事の教え」と世界を...

もっと見る

仕事。

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

仕事。

1,512(税込)

仕事。

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

山田洋次、沢木耕太郎、宮崎駿、糸井重里…。川村元気が12人の巨匠たちに聞いた「壁を乗り越え、一歩抜け出す」唯一無二の仕事術。これから人生を楽しくする「仕事の教え」と世界を面白くする「仕事のヒント」が満載。【「TRC MARC」の商品解説】

「私と同じ年の頃、何をしていましたか?」

大人になってからのほとんどの時間、僕らは仕事をしている。
だとしたら僕は人生を楽しくするための仕事がしたい。
そこで仕事で世界を面白くしてきた12人に訊ねた。

山田洋次、沢木耕太郎、杉本博司、倉本聰、秋元康、宮崎駿、
糸井重里、篠山紀信、谷川俊太郎、鈴木敏夫、横尾忠則、坂本龍一。

彼らが僕と同じ年の頃、何を想い、何を考え、どう働いていたのかを。

映画プロデューサーとして『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』「おおかみこどもの雨と雪」などを製作し、
初小説『世界から猫が消えたなら』が70万部突破の大ベストセラーとなった川村元気が、
12人に聞いた「壁を乗り越え、一歩抜け出す」唯一無二の仕事術。


【商品解説】

収録作品一覧

山田洋次 山田洋次 述 9−29
沢木耕太郎 沢木耕太郎 述 31−51
杉本博司 杉本博司 述 53−73

著者紹介

川村 元気

略歴
〈川村元気〉1979年横浜生まれ。上智大学卒業。「モテキ」などの映画を製作。著書に「世界から猫が消えたなら」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.7

評価内訳

2015/02/16 14:30

投稿元:ブクログ

全員がバラバラなことを言うけれど、全て自分の勇気になる言葉を見つけられて、前を向く力をくれる。結局は自分の力で生き抜くしかないけれど、少しの援護をもらえたようでありがたい。一番自分に遠い人間に感じた沢木耕太郎の安定感が(でもラジオとか聞いたらハイテンションなので多分高いポイントでの安定)最も印象的。

2015/04/20 22:08

投稿元:ブクログ

映像、音楽など、アーティストの大御所達へのインタビュー集。インタビューアたる著者の自慢話集のような雰囲気が鼻に付くところもあるけど、こうやっていろんなその道の達人たちと身軽に繋がっていくのは大切だなと、感じた。いい仕事をすれば、こんな企画で本になってしまうのが羨ましい気もする。

2016/06/30 23:10

投稿元:ブクログ

購入

チックに人は感動する

作品で満足するのではなく商品にして満足する

ショートケーキをミキサーにかけてアイスにする

人が一番高い商品

未来の空気を固めて言葉にしてくれる

月面ヌード

来てー生きねばポスターー生きて

西洋ラストから、日本徒然

予定調和を崩し、人を楽しく働かせて、自分以外の全ての人を当事者にする

2014/11/22 08:41

投稿元:ブクログ

悪人や電車男の制作にかかわった著者が、著名人と仕事と歯について語り合うインタビュー集。

心から、人生を楽しくするために働くことを「仕事。」と定義して、お金のためだけの「仕事」とは区別している。

インタビューに答える著名人は全員が自分で「仕事。」を作り出してきた人々。
普通のサラリーマンとは違う職業の人ばかりだが、その「仕事。」への情熱はうらやましいと感じる。

気に入った言葉
秋元康:どんな仕事でも「キュービジュアル」がないとダメ
慎重に間違っちゃいけないと思って選んだ道でも、人間は間違えてしまうもの。だから間違った道を行っても戻ってくる力さえ磨いておけばいい。

糸井重里:作品で満足するのではなく、商品にして満足する。

坂本龍一:オリジナリティのある仕事をするために、過去を勉強する。
勉強するということは過去を知る事で、過去のまねwpしないため自分の独自のものを作りたいから勉強する。本当に誰もやっていないことをやれるかどうかという保証なんかなくても、少なくともそこを目指さないと。

2014/09/28 17:04

投稿元:ブクログ

先日、『世界から猫が消えたなら』を読んだのだが、この本に当たるまで「悪人」や「告白」といった映画のプロデューサーだったとは知らなかった。

対談集、それも仕事の話。
買うかどうか、しばらく棚の前で悩んだ。

悩んだけれど、買おうというきっかけになったのは「まえがき」だった。

仕事がしたいです、と言いたい。

うーん、確かに、そうだな。
仕事がしたいって、言いたい。
そのためには、仕事を楽しんでいる人の話が聞きたい。

この一冊には、作家や写真家、脚本家といった芸能の世界の人達が登場する。仕事というときの舞台が違うように感じるのは否めない。

けれど、人の人生に自分を委ねていると、私はこうしたい!とか、なるほど、こんな風に考えてみるのも面白い、になってくる。

とにかく、まえがきだけでも一読してみて欲しい。

ちなみに、宮崎駿との対談が一番印象に残った。

2014/12/11 11:31

投稿元:ブクログ

川村元気のことが好きじゃなくなる本だった。もうちょっと年を重ねてから書いた方がよかったのでは。もったいない。

2016/06/25 12:35

投稿元:ブクログ

川村元気さんって名前を知らなかったけど、「電車男」、「告白」、「モテキ」などの映画を作っていた人なんだ。
これらの映画から少なからず影響は受けているはずなので、
この本を読めてよかった。

作者が巨匠たちに対して仕事についてヒアリングする構成。
出てくる巨匠が豪華。
以下の通り。

山田洋次
沢木耕太郎
杉本博司
倉本聰
秋元康
宮崎駿
糸井重里
篠山紀信
谷川俊太郎
鈴木敏夫
横尾忠則
坂本龍一

わりと定期的にこういう本を読んでいるんだけど、日常に埋没すると鬱屈としてしまうので、デトックス的に必要な書籍であると思う。
世代も近いので、自分の身の振り的にも参考になることが多かった。
さらっと読めるので、興味があればぜひ。

2014/10/23 22:54

投稿元:ブクログ

巨匠と言われる方々に著者がテーマを持ってインタビューしたものをまとめた本。良くこれだけの著名人にインタビュー出来たなと感心してしまった。
その言葉には特別なものはないのだが、やはり重みを感じざるを得なかった。
巨匠は揃いも揃って、昔の事は決して自慢しない。
その姿勢こそが巨匠なんだなと改めて思った。

2014/11/16 16:48

投稿元:ブクログ

仕事にもいろいろなかかわりかたがある。その道の達人に共通しているのは”一生懸命に「好きなこと」を追いかけていたら・・・という自然体。人に交わることによって適当な化学反応を起こしつつ経験を積み重ねてきたのでしょう。

2015/06/16 15:00

投稿元:ブクログ

OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000024773

2016/09/17 17:21

投稿元:ブクログ

東宝の気鋭プロデューサーである川村元気が、超著名人たちと対談したのものをあつめた対談集。山田洋次、沢木耕太郎、倉本聰、宮崎駿等々、まあよくセッティングできたものだと驚く。川村を通して各人の語るプロの矜持を知ることができる。

2015/03/03 16:40

投稿元:ブクログ

デキの悪い自己啓発系の企画本。インタビューアーがヨイショしすぎで緊張感がないし、「30代何してましたか?」という設定により、有名人の誰もが知ってるありきたりな思い出話に終始。今とこれからを聞かないとダメだろ。こんだけのゲスト揃えといて。

2015/11/20 23:30

投稿元:ブクログ

若き映画プロデューサー川村元気氏による、様々なジャンルで活躍する12人の巨匠たちとの対談集。
テーマは、彼らの仕事論。
12人(山田洋次・沢木耕太郎・杉本博司・倉本聰・秋元康・宮崎駿・糸井重里・篠山紀信・谷川俊太郎・鈴木敏夫・横尾忠則・坂本龍一)の仕事に対するそれぞれの思いを、川村氏はうまく聞き出していた。
ちなみに川村氏の手がけた映画は、「電車男」、「告白」、「悪人」、「モテキ」、「おおかみこども」、「寄生獣」、「バクマン。」など。
絵本や小説も手がける。天才だ。
・学ぶと言うことは、そっくりなぞるように真似ること。/山田洋次
・誰かから、世界から抜きん出るには、やっぱりどこかで無理をしないといけない。/倉本聰
・そのために映画をつくったっていうワンシーンがないといけない。それをキービジュアルと表現している。詩にしてもキーになるようなサビが好き。/秋元康
・僕の仕事はショートケーキにイチゴをのせること。イチゴが無くてもショートケーキをおいしくつくるのは大前提。「作品です」って満足するんじゃなくて、「商品」にして満足する。/糸井重里
・コピーライターから出発して、たこ足状態にいろいろな仕事をしていた理由は、万が一どこかで仲違いしても大丈夫なように。
1つの会社とだけやっていると、自分の身が危ないというときに寄り添いすぎちゃうことがある。/糸井重里
・自分をひとつの方向に限定して「篠山はこうだよ」って言われたくないんだよね。必ず裏切ってやろうと思っている。最初に褒められたくて仕事をやってるって言ったけど、たとえ褒められても、「ありがとうございます。僕の写真、そんなにいいですか?」って言いながら、一方で後ろを向いてペロッて舌出しているようなところもあるんだよ。/谷川俊太郎

2014/09/28 21:30

投稿元:ブクログ

仕事で世界を変えてきた先輩たちは、常に未来に目を向けていました。仕事術というよりは、先輩方のものの見方を学ぶ書のような感じでした。
私もクリエイティブに仕事をしたいものです。

2014/09/28 02:39

投稿元:ブクログ

ニッポン放送を辞めてドラマのシナリオライター一本でいこうと決めたのは28歳のときなんですけど、どんな仕事にも下積みの時代があるように、僕もそれをしておかないと長続きしない、プロとして通用しないと思いました。そこでシナリオ作家になるのは置いて、まずはどんな注文にも応えられるシナリオ技術者になろうと、

世間から抜きん出るためにはどこかで無理をしないといけない。

倉本聰

どこにいてもソロで生きられる力をつけろ

沢木耕太郎

人生訓(ビジネスマン) ランキング

人生訓(ビジネスマン)のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む