サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. PSYCHO−PASSサイコパス 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

PSYCHO−PASSサイコパス 下(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/08/23
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/360p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102036-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

PSYCHO−PASSサイコパス 下 (角川文庫)

著者 深見 真 (著)

犯罪傾向の数値が高い者を“潜在犯”として事前に捕らえることで、世界の幸福は保証されたはずだった。どんなに罪を重ねても犯罪係数が上がらない男・槇島聖護が登場するまでは。数値...

もっと見る

PSYCHO−PASSサイコパス 下 (角川文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

犯罪傾向の数値が高い者を“潜在犯”として事前に捕らえることで、世界の幸福は保証されたはずだった。どんなに罪を重ねても犯罪係数が上がらない男・槇島聖護が登場するまでは。数値の上昇が認められなければ、犯罪者として裁くことはできない。新人監視官・常守朱は、執行官・狡噛慎也らとともに、システム化された“正義”の闇と向き合うことになる―。本書には、狡噛や槇島たちの内面が垣間見える追加シーンも加筆。【「BOOK」データベースの商品解説】

シビュラシステムによる絶対のルールが、槇島によって破られた。刑事課一係で唯一、槇島と対峙した常守朱は彼を捕らえようという気持ちを新たにするが、槇島は次なる仕掛けを実行しようとしていた…。同名アニメのノベライズ。〔マッグガーデン 2013年刊の加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アニメを思い出しながら、、

2015/03/22 17:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬夜華 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上に続けて、購入しました。
アニメで理解できなかった部分が時間をかけて読むことで段々と理解できるようになりましたが、引用された言葉が出てくる度に理解するのに苦労しました。流れた映像や音楽を思い出しながら読むとより浸ることができ、気に入っているセリフがそのまま書かれていたのは嬉しかったです。
この小説には佐々山が生きていた頃のストーリーなどもあり楽しみました。
二期のノベライズが出たら読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

PSYCHO-PASS 下

2016/08/13 09:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

完結巻です。内容で言えば一期にあたります。
すでに一度アニメで観たはずなのに狡噛さんが行ってしまう場面で悲しくなりました。このまま「Psycho-pass 名前のない怪物」も読みたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/03 12:39

投稿元:ブクログ

すっごく面白かった!
日本が舞台でこんなにSFらしい話を読んだのは、久しぶりの気がしました。
アニメは見たことはないのですが、見てみてもいいかな。
でも、小説でも楽しんでもらいたい!

2014/10/31 23:46

投稿元:ブクログ

下巻の方は上巻よりは地の文章の書きこみに気合いが入っていて良かった。あとはやっぱり、アニメだけでは説明しきれないこの世界の設定なんかが文章で補完されているのでそこは読みごたえがあって満足。

2015/01/13 23:43

投稿元:ブクログ

本広克行、虚淵玄(ニトロプラス)、冲方丁ほか豪華スタッフが集結。
高密度な展開に話題沸騰
新人刑事・常守朱に衝撃のクライマックスが迫る‼︎!

犯罪傾向の数値が高い者を《潜在犯》として事前に捕らえることで、世界の幸福は保証されたはずだった。どんなに罪を重ねても犯罪係数が上がらない男・槙島聖護が登場するまでは。数値の上昇が認められなければ、犯罪者として裁くことはできない。新人監視官・常守朱は、執行官・狡噛慎也らとともに、システム化された《正義》の闇と向き合うことになるーー。本書には、狡噛や槙島たちの内面が垣間見える追加シーンも加筆。

2015/01/22 23:46

投稿元:ブクログ

犯罪傾向の数値が高い者を“潜在犯”として事前に捕らえることで、世界の幸福は保証されたはずだった。どんなに罪を重ねても犯罪係数が上がらない男・槇島聖護が登場するまでは。数値の上昇が認められなければ、犯罪者として裁くことはできない。新人監視官・常守朱は、執行官・狡噛慎也らとともに、システム化された“正義”の闇と向き合うことになる――。本書には、狡噛や槇島たちの内面が垣間見える追加シーンも加筆。

やはり脚本に近いというか小説としては粗さを感じるが、それを差し引いても素晴らしい作品だと思う。音響効果などがないので迫力には欠けるが、アニメを思い出しながらじんときた。そしてアニメでは分からなかった登場人物たちの内面が書かれていてとてもいい。なるほど、こう思っていたのかと納得できた。標本事件で佐々山が生きたまま解剖された理由、槙島が情報を知りすぎている訳がようやく分かってすっきり。全てに意味があるというのは本当なんだなぁ。劇場版までつながることになったサイコパス、また続編もノベライズされることを願っています。

2015/08/18 22:17

投稿元:ブクログ

■高度な展開に話題沸騰!新人刑事・常守朱に衝撃のクライマックスが迫る!!!

犯罪傾向の数値が高い者を≪潜在犯≫として事前に捕らえることで、世界の幸福は保証されたはずだった。どんなに罪を重ねても犯罪係数が上がらない男・槙島聖護が登場するまでは。数値の上昇が認められなければ、犯罪者として裁くことはできない。新人監視官・常守朱は、執行官・絞噛慎也らとともに、システム化された≪正義≫の闇と向き合うことになる――。本書には、絞噛や槙島たちの内面が垣間見える追加シーンも加筆。

2015/05/08 19:09

投稿元:ブクログ

アニメだとあっけなく終わってしまった縢くんのあのシーン、彼の心情を知ることができたのが1番嬉しかったポイントです。以下は上巻と同じ

2015/09/12 14:28

投稿元:ブクログ

茜、深夜、正午…と関係性を名前で表現しているというのは上手い。
槙島がシビュラに翻弄された可哀想な人間なのであのラストというのは分かるんですが、あまり移入出来ないのは槙島が強すぎるからですかね…。
メイン三人よりもサイドのほうが人間らしくて面白い作品というのは稀有。

2015/03/09 19:20

投稿元:ブクログ

小説というよりは脚本のよう。この人の著作は他に読んだことがないのだけれど、こういう文体なんだろうか。それともアニメのノベライズだからこういうのなんだろうか。
狡噛さんのカッコよさについて何とか言葉にしようと今日1日考え続けていたが結局私には表現できないと諦めた。アニメでもそうだったけれど朱の変化がどうしても納得できない。あんなふうに急に変われるものなの。。。

2015/02/08 17:53

投稿元:ブクログ

こちらもサラッと読み終わりました。
読み物としては辛いものがありますね正直なところ。
個人的にはアニメの展開の方が面白かったかな…と感じる部分が多々あり、言葉を足す意味って何だったんだろう…と。
不必要な会話がちょっとなあ…。

2014/12/15 16:02

投稿元:ブクログ

アニメを見ていたけど最終回が録画できておらず(;;)悔しくて購入。
シビュラに管理されてきた社会が槙島の登場によりひっくり返される。
ラストが冒頭のシーンとかぶっていて、朱とギノの対比がよかった。槙島の騒動がなくても朱ならああ言いそうだけど、一連の流れの後だと朱の成長が感じられる。

アニメ見始めたばかりのころはギノがムカついてしょうがなかったのに、本を読み終えるころにはかわいくてしょうがないです。そしてかわいそう。

2014/09/21 18:23

投稿元:ブクログ

六合塚のエピソードが差し替えられ(朱、狡噛周りに集約して統一感を出すため?)、代わりに狡噛と宜野座の学生時代のエピソードが入っている。
これをはじめ、アニメでは描かれなかった部分が描かれていたり、アニメとは違う部分があったりする。
小説版の方がよいシーンもあるし、アニメ版の方がよかったシーンもある。
文章があまり馴染まなかったし多少説明不足を感じたけれど、総合してよいノベライズだった。
2クール分のアニメを観るのがしんどいけれど内容を知りたいという人向け。

それはそうと冒頭ボーナストラックのバレンタイン話は是非とも映像で観たかった。
宜野座さんかわいかっただろうな(笑

2015/02/15 14:56

投稿元:ブクログ

本編脚本家の一人が書いてるだけあって各キャラのバックボーンや心情などが知れてとても面白い。深見先生なのでアクションシーンも秀逸。こっちが原作じゃないかと思えるほど。上下巻いっきに読み終わってしまった。

2015/04/16 22:40

投稿元:ブクログ

サイコパスアニメのノベライズ下巻。脚本家の方が書いているからやはり淡々としていましたが、慣れました。アニメに忠実であり、さらに追加シーンがあり、とても読み応えがありました。また、キャラクターの心情も描かれていたので、より話に入り込めました。とくに、宜野座さんがかわいそうすぎて…読んでいてとても苦しかったです。中間管理職は大変です。トラウマのせいで余計に悩み苦しむ彼を見ていて涙が出ました。アニメよりも残虐な描写がしっかりされていてよかったです。サイコパス2期のノベライズも読んでみたいです。