サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 私の「情報分析術」超入門 仕事に効く世界の捉え方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

私の「情報分析術」超入門 仕事に効く世界の捉え方
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/25
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/234p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-863861-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

私の「情報分析術」超入門 仕事に効く世界の捉え方

著者 佐藤 優 (著)

世界の動きをつかむ佐藤式「情報分析」の実践。『週刊アサヒ芸能』連載「ニッポン有事!」をテーマ別に編集し、解説を付す。情報分析をする際、どういう点に注意しているかについての...

もっと見る

私の「情報分析術」超入門 仕事に効く世界の捉え方

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

私の「情報分析術」超入門 仕事に効く世界の捉え方

1,361(税込)

私の「情報分析術」超入門 仕事に効く世界の捉え方

ポイント :12pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界の動きをつかむ佐藤式「情報分析」の実践。『週刊アサヒ芸能』連載「ニッポン有事!」をテーマ別に編集し、解説を付す。情報分析をする際、どういう点に注意しているかについてのレクチャーも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

外務省主任分析官として世界中から集積される情報を裁いてきた佐藤優氏。本書は、その情報分析センスを学ぶために格好の勉強術の書だ。本書は二部構成になっており、佐藤氏が日頃の情報分析の際に意識している新聞、テレビニュース、政府による公式会見等の見方、勘所の押さえ方を具体的にレクチャーした「講義篇」、国際政治の舞台で発生した出来事をオンタイムで分析した「実践篇」で展開する。世界を相手に戦うビジネスパーソンにこそ読んでほしい。【商品解説】

著者紹介

佐藤 優

略歴
〈佐藤優〉1960年東京都生まれ。作家、元外務省国際情報局分析第一課主任分析官。「国家の罠」で毎日出版文化賞特別賞、「自壊する帝国」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

残念

2015/04/05 16:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐藤さん程の方が批判している人物と同じレベルに貶めて表現されているので
残念でした。もっと知的センスにあふれる表現方法ができる方なのに・・・
「情報分析術」のタイトルにふさわしい内容は最初の章のみで、何故わざわざ書籍という形にされたのか分からない内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/21 14:51

投稿元:ブクログ

重要なのは、他人の情報分析の上に乗っかること。信頼できる専門家の分析から学べばよい。
先読みが上手い人、近未来予測ができる人に乗っていき、彼らがどういう物の見方をしているのかを見ていく。
情報分析ができる人とは、情報の文法をわかっている人。
情報さえあれば、あるいは公開情報だけでもだいたいのことを読み解くことができる。

ソ連時代に差別を避けるために、多くのユダヤ人が理数系に進んだ。理数系の専門知識を持っていれば、ユダヤ人であっても良い就職先が得られたから。この理数系が得意なユダヤ人が逸れんからイスラエルに移住した。

2014/11/08 10:04

投稿元:ブクログ

1章を除き、雑誌のコラムをまとめたもの。

書下ろしの1章において情報分析のやり方や効用について説いているが、後の章は日本、ロシア、アメリカ等についての著者の分析が載っているだけであり、内容はともかく超入門というタイトルとは一致していないと感じた。

分析の内容もいつもどおりの外務省批判と沖縄の左翼寄りの言論の擁護であり、後者について著者は自信があるようだが、根拠が示されていないのであまり同意はできない。

2015/03/24 15:41

投稿元:ブクログ

殆どは週刊誌連載の暴露話をまとめたもの。唯一の書き下ろし部分である1章の情報と教養の違いについてもっと詳細に説明して欲しかった。

2014/11/20 05:58

投稿元:ブクログ

佐藤優さんのエッセイ集といった感じでしょうか、
内容的には、他の著作などとも結構被っています。

題名通りに、佐藤優さんの入門書といった感も。

 “国際情勢を分析し、それを血肉とするには、
  現在起こっていることを多元的に
  「つなげる力」が必要となってくる。”

軸になるのはあくまで自分の“つなげる力”、
情報分析力(リテラシー)といったところでしょうか。

情報に踊らされず、かといって軽視もせず、
うまく使いこなしていくには何が必要なのか、

そんなヒントを見出すこともできるのかな、なんて。

2014/10/25 12:20

投稿元:ブクログ

連載されていたものを書籍化するのは、どうも苦手みたいだ。項目のつながりに欠けるし、連載の紙面の都合上、どうしても突っ込んだ内容が書きづらい。情報の導入としてはいいかもしれないけど、自分の感覚とは合わないなと思った。
「情報分析力が優れている人の意見を追う」という指摘には納得だった。情報が溢れているからこそ、ちゃんと自分の情報源を確保すること。

2014/12/09 23:00

投稿元:ブクログ

「おい、外務省のなんとか課長の何某、陰嚢のシワを伸ばしてよく聞け!」ってな具合で分析術というより、名指しの個人攻撃を含んだ熱いメッセージ集、あるいは暴露話集という印象。失うものがなく怖いもの知らずとなった著者は、権力者から見ればとっても危険。これじゃあ得体の知れない奴らが自宅のゴミの中を調べるのも無理はない。この本も例によってロシア関係が半分。あとは沖縄が3〜4割と、その他はおまけ。勉強になったのは「迷ったら読まない」という姿勢。ダラダラと手当たり次第に読んでいたらキリがないし、時間の無駄だものね。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む