サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

密林の夢

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/10
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/553p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-209479-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

密林の夢

著者 アン・パチェット (著),芹澤 恵 (訳)

製薬会社の研究員マリーナ・シンは、ブラジルへの出張を命じられる。生殖医療に革命を起こすとされる新薬の開発状況を確かめ、また、現地で病に倒れた同僚の死の詳細を知るためだ。気...

もっと見る

密林の夢

3,456(税込)

ポイント :32pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

密林の夢

3,110(税込)

密林の夢

ポイント :28pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

製薬会社の研究員マリーナ・シンは、ブラジルへの出張を命じられる。生殖医療に革命を起こすとされる新薬の開発状況を確かめ、また、現地で病に倒れた同僚の死の詳細を知るためだ。気が進まないながらブラジルのマナウスに飛んだマリーナは、アマゾンの奥地にある極秘研究施設に赴く。そして、昔の指導教授スウェンソン博士との再会をきっかけに、熱気と謎に満ちた密林のなかで、過去の挫折や後悔と向き合うことになるが―『ベル・カント』のオレンジ賞受賞作家による、驚異と希望の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

製薬会社の研究員マリーナは、新薬の開発状況と現地で病に倒れた同僚の死の詳細を知るため、ブラジル出張を命じられる。研究施設に赴いた彼女は、熱気と謎に満ちた密林のなかで、過去の挫折や後悔と向き合うことになるが…。【「TRC MARC」の商品解説】

製薬会社の研究員マリーナは、同僚の死をきっかけに画期的な新薬の極秘開発拠点であるアマゾンの奥地に赴くことになるが──。傑作『ベル・カント』のオレンジ賞受賞作家が放つ驚きと希望の物語【商品解説】

著者紹介

アン・パチェット

略歴
〈アン・パチェット〉1963年ロサンゼルス生まれ。サラ・ローレンス大学卒業。2001年に発表した「ベル・カント」でPEN/フォークナー賞、オレンジ小説賞を受賞。在住するナッシュヴィルで書店を開業。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

2014/11/28 22:06

投稿元:ブクログ

21世紀の童話?そうかもしれない。
製薬会社の女性研究員が、亡くなった同僚の遺体を引き取り、かつ高齢妊娠出産を可能とするかもしれない謎をさぐりにいく、というもの。


帯ではキャリアへの後悔や過去の恋愛に向き合うとあるし、凡百な展開ならこの秘薬で高齢出産を目指そうものだが、本作はそうでもない。
アナコンダとの死闘や食人族のもとへと乗り込むようなアクション要素もあったり、なかなかどうして一筋縄ではいかない。

不思議な読後感。
熱帯の強烈なイメージ、不思議な動植物の印象が夢のように残る。
なんとも言えない味わいの一作。

2015/02/19 13:35

投稿元:ブクログ

読み応えがあって良かった。
日常を忘れて物語の中に引き込まれました。
あれがどうなったのか、それはなんだったのか、とかいう突っ込みもあるでしょうが、読者に余白を残したよい小説だと思います。気になるから心にも残るんでしょうね。

2016/02/11 17:03

投稿元:ブクログ

密林の息苦しさが伝わってきた。最後の取引はちょっとかわいそうだったかな。
中盤アマゾンに主人公が行ってからぐいぐい読み進めることができた。

2015/03/05 22:15

投稿元:ブクログ

読み応えがあって面白かった!
分厚いだけあって描写も細かく、ここ数日はどっぷりジャングルの中で生活していた気分でした。
ジャングルで暮らす部族の人たちの文化や価値観は初めて触れるものだったし、登場人物たちと子どもとの関係も興味深かったです。
主人公のその後の人生をぽんっと託されたような終わり方も悪くないなと思いました。
長編がもうひとつ翻訳されているようなので、そちらも読んでみたいです。

2015/07/17 22:55

投稿元:ブクログ

あまりにも進むテンポが悪くて挫折しかかりながらも読んでいたら、後半からエンジンフルスロットル。ものすごく面白い展開がビュンビュンすぎていきました。終わり方に少し、物足りなさを感じるものの、ハッピーエンドな気がするのでよい。人の考え方の違いのようなものをそれぞれのキャラクターの個性に合わせて設定してあり、ひとりの人間が生み出したキャラクターに思えないくらい生き生きとした登場人物が何人も作中にいます。それがなによりの魅力ではないだろうか。アニックは『しあわせの雨傘』の頃のカトリーヌ・ドヌーヴを想像しながら読みました。

2015/07/08 12:22

投稿元:ブクログ

主人公マリーナの同僚がブラジルのアマゾンで謎の死を遂げた。鍵を握る謎めいた女性博士スウェンソンを訪ねてマナウスに降り立つもなかなか会えない。遂にジャングルの奥地を訪ねると”はまって”しまって帰れなくなり…謎の人物を訪ねてジャングルに行ったらミイラ取りがミイラになる話といえば、コンラッドの「闇の奥」のようだが、こちらは純然たるエンタメ小説だった。
同僚は殺された、死の秘密は研究員が…というミステリーに転ぶかと思えばさにあらず。魅力的なスウェンソン博士の人物像、高齢妊娠の研究というテーマ、エキゾチックな密林で繰り広げられる意外な展開にすらすらと、たいへん面白く読み進めた。
ただしエンタメが過ぎて表面的。そもそも、CEOは愛人関係の中年女性を危機的な状況で単身ブラジルに送り込まないだろう。荷物は連絡不能を演出するために何度もなくなりすぎるし、秘密の力を持つ樹の設定は唐突で、マラリアワクチンは金になると思う(笑)随所に現れる都合のいい設定がマンガ的に感じた。

2015/07/11 14:15

投稿元:ブクログ

2011年にアメリカで多くの文学賞受賞作。アマゾンの密林で新薬開発が行われる。生涯を通じて妊娠、出産が可能で、何故かマラリアに罹らない夢の薬が研究されている。アマゾンの密林での生活が不思議なリズムで過ぎてゆく。生きるために本当に必要なものは何か考えさせられた。

2016/04/03 21:31

投稿元:ブクログ

物語は中盤過ぎまでかなりのスローテンポで進み少々ダレるのだが、ラスト1/3辺りからはストーリィの核心に触れるネタが次々と投下され息つく間もなく読み進めてしまう面白さ。
登場人物一人一人のキャラクター設定がハッキリとなされているのだが、それぞれの心情部分についてもう少し掘り下げて書いてくれればもっともっと心を揺さぶる作品になったはず。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る