サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本歓楽郷案内(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/21
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-205997-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

日本歓楽郷案内 (中公文庫)

著者 酒井 潔 (著)

東京、大阪、横浜、神戸…。日本の色街を紹介する昭和初期のエロ案内「日本歓楽郷案内」を復刻。近代化の波にのって増殖する新手のユニークな風俗の実態と、カフェーやダンス・ホール...

もっと見る

日本歓楽郷案内 (中公文庫)

950(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京、大阪、横浜、神戸…。日本の色街を紹介する昭和初期のエロ案内「日本歓楽郷案内」を復刻。近代化の波にのって増殖する新手のユニークな風俗の実態と、カフェーやダンス・ホールでの男女の駆け引きを活写する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/22 12:48

投稿元:ブクログ

酒井潔と言うと、かの発禁書『エロエロ草紙』で昨年「タモリ倶楽部」でも特集も組まれてブレイクしたため、わりと知ってる方も多いながら、軽く「ネタ」消費されてしまっただけで他の作品含めて腰据えて読んでいる人は少ないわけですが、本作を中央公論新社が文庫で復刊させたのはとても偉業です。
「エロ・グロ・ナンセンス」だけの作家と思われがちな酒井ですが、1920-30年代の「帝国」の「エロ」は一種の都会的ダンディズムの表出でもあったということがよくわかり、言うなれば戦前のバチュラー兼都市生活者へ向けたライフスタイル指南書です。ディレッタントでありエピキュリアンであるところの都市遊歩者であった酒井のモジ(モダンジイサンの略)としての面目躍如たる筆が各所に冴えており、例えば新宿駅から眺める都市観察者の眼差しは一級のエッセイです。馥郁たる夜の街路をこの歓楽街からあの歓楽街へと遊歩する酒井の影追って徘徊しているような気分になります。ぷらっと"モダン日本"へタイムスリップしてみてはいかがでしょうか。

2014/09/24 16:47

投稿元:ブクログ

酒井潔と言うと、かの発禁書『エロエロ草紙』で昨年「タモリ倶楽部」でも特集も組まれてブレイクしたため、わりと知ってる方も多いながら、軽く「ネタ」消費されてしまっただけで他の作品含めて腰据えて読んでいる人は少ないわけですが、本作を中央公論新社が文庫で復刊させたのはとても偉業です。

「エロ・グロ・ナンセンス」だけの作家と思われがちな酒井ですが、1920-30年代のモダン「大日本帝国」の「エロ」は一種の都会的ダンディズムの表出でもあったということがよくわかり、本作は言うなれば戦前のバチュラー兼都市生活者へ向けたライフスタイル指南書です。

『エロ』だけでなく『悪魔學大全』『降霊魔術』等を叙していた根っからのディレッタントでありエピキュリアンであるところの都市遊歩者であった酒井のモジ(モダンジイサンの略)としての面目躍如たる筆が各所に冴えており、例えば新宿駅から眺める都市観察者の眼差しは一級のエッセイです。馥郁たる夜の歓楽街から次の歓楽街へと遊歩する酒井の影追って徘徊しているような気分になります。

惜しむらくは彩流社が同著を完全復刻しておりますがその本文庫の表紙も完全再現のまま再現してもらいらかったところであります。

しかし、酒井潔という作家、おそらく通常であれば歴史の波間で藻屑のごとく消えてしまう可能性も多分にあったであろうマニアックな作家のマニアックな著作が、80年の時を経てこういう形で一般流通で復活するのも、戦前発禁本たる『エロエロ草紙』が国立国会図書館近代デジタルライブラリーの2012年アクセスランキング1位であったという「エロ」パワーのお陰であり、まさかこんな展開になろうとは、当時の著者自身はおろか、当時内務省警保局図書課で検閲実務に当たっていた戦前官僚の方も、想像だにしなかったでしょう。

逆に考えればこの一ディレッタント作者と一内務省官僚の連携によって80年後までこの変なコンテンツがちゃんと生き残り復刊されたのだと考えると何とも感無量です。