サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. ソフトウェアシステムアーキテクチャ構築の原理 ITアーキテクトの決断を支えるアーキテクチャ思考法 第2版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ソフトウェアシステムアーキテクチャ構築の原理 ITアーキテクトの決断を支えるアーキテクチャ思考法 第2版
ソフトウェアシステムアーキテクチャ構築の原理 ITアーキテクトの決断を支えるアーキテクチャ思考法 第2版 ソフトウェアシステムアーキテクチャ構築の原理 ITアーキテクトの決断を支えるアーキテクチャ思考法 第2版

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/19
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • サイズ:23cm/582p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-7672-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ソフトウェアシステムアーキテクチャ構築の原理 ITアーキテクトの決断を支えるアーキテクチャ思考法 第2版

著者 ニック・ロザンスキ (著),オウェン・ウッズ (著),榊原 彰 (監訳),牧野 祐子 (訳)

多様なビューポイントとパースペクティブを使用し、「理由」のあるアーキテクチャ設計をせよ−。クラウド、ビッグデータ、アジャイル開発の時代に、ITアーキテクトの思考と行動を支...

もっと見る

ソフトウェアシステムアーキテクチャ構築の原理 ITアーキテクトの決断を支えるアーキテクチャ思考法 第2版

5,616(税込)

ポイント :52pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ソフトウェアシステムアーキテクチャ構築の原理 第2版

5,616(税込)

ソフトウェアシステムアーキテクチャ構築の原理 第2版

ポイント :52pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

多様なビューポイントとパースペクティブを使用し、「理由」のあるアーキテクチャ設計をせよ−。クラウド、ビッグデータ、アジャイル開発の時代に、ITアーキテクトの思考と行動を支える基本原則と手法を解説する。〔初版のタイトル等:システムアーキテクチャ構築の原理(翔泳社 2008年刊)〕【「TRC MARC」の商品解説】

ITアーキテクトが、「ステークホルダ」を満足させ、なおかつ堅牢なシステムを開発するために必要となる基本概念が「ビューポイント」と「パースペクティブ」。このアーキテクト思考の原理・原則を実践的に詳細に解説。【商品解説】

目次

  • 1 概論
  • 第1部 アーキテクチャの基本9
  • 2 ソフトウェアアーキテクチャの概念
  • 3 ビューポイントとビュー
  • 4 アーキテクチャパースペクティブ
  • 5 ソフトウェアアーキテクトの役割
  • 第2部 ソフトウェアアーキテクチャのプロセス
  • 6 ソフトウェアアーキテクチャプロセス概論

著者紹介

ニック・ロザンスキ

略歴
〈ニック・ロザンスキ〉IT産業で大規模システム、小規模システムのインテグレータとして働いている。
〈オウェン・ウッズ〉ヨーロッパのある大手投資銀行の株式等のエクイティー運用技術グループの主任アーキテクト。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/04 19:27

投稿元:ブクログ

私の知る限りでは、日本のITプロジェクトでは、アーキテクトという役割を専任で行うことはあまりない。大体が、要件定義、設計、コーディング、テスト、運用というフェーズごとに責任者、担当者がアサインされており、PMが全体を見る形である。
本書で説明されるアーキテクトは、主に要件定義から設計につながる部分で、問題空間と解決空間を調整しながら結びつけるのが大きな役割で、プロジェクト全体を通して解決策がユーザーの問題に適切に対処しているかを監視する。確かに、ここの役割をおろそかにすると、特にウォーターフォール型開発では、上流からのインプットを完全に正しいとして突き進み、いつの間にかユーザーの要望から乖離してしまう、ということが起こりがちだろう。
というわけでアーキテクトという役割が大切なのだが、この人が責任を持つソフトウェア・アーキテクチャを正しく構築するには、どのような観点で検討すればよいのかを、ビュー(視点)とパースペクティブ(側面)という分類でうまく整理している。やっぱり、PMBOKなどを生み出すだけあって、欧米は知識を体系的に整理するのが上手だ。こういうフレームを参照すれば、アーキテクチャにおける考慮モレは減り、より良いシステム構築につながると思った。

ソフトウェア ランキング

ソフトウェアのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む