サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/10
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-7790-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

著者 鈴置 高史 (著)

米中の対立激化、北朝鮮の変節、ロシアの影…。激変必至のアジア地図、日本はいかに進むべきか。一気に流動化する世界の「これから」を読み解く。『日経ビジネスオンライン』連載を加...

もっと見る

日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

1,512(税込)

日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

米中の対立激化、北朝鮮の変節、ロシアの影…。激変必至のアジア地図、日本はいかに進むべきか。一気に流動化する世界の「これから」を読み解く。『日経ビジネスオンライン』連載を加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鈴置 高史

略歴
〈鈴置高史〉1954年愛知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞社編集委員。「中国の工場現場を歩き中国経済のぼっ興を描いた」として2002年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/04/22 22:12

投稿元:ブクログ

日本に住んでいる以上、この本に出ている韓国像が正しいと決めつけるわけには、いかないけれども、すごく興味深い内容でした。
この本を読む前から、なんとなく韓国がやばいと感じていましたが、なぜ、やばいと感じていたのか、はっきりしました。日韓だけ見ていたため、分からなかったのだと感じました。


韓国人には堪忍袋の緒がないという表現はちょっと納得しました。それで、あんなにすぐ怒るのか……私の知っている韓国人はほとんどの人が感情の起伏が激しいんですよね(良く言えば感情豊か!!)

外交・国際関係 ランキング

外交・国際関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む