サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

はじまりのはな
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 取扱開始日:2014/09/30
  • 出版社: くもん出版
  • サイズ:31cm/30p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-7743-2341-1
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

はじまりのはな

著者 マイケル・J.ローゼン (文),ソーニャ・ダノウスキ (絵),蜂飼 耳 (訳)

わたりどりのローザはじぶんのほっぺたとおなじいろをした“ほっぺのはな”がだいすき。あきになりたびだつときがきても“ほっぺのはな”のたねをてばなさない。わたりのとちゅうかわ...

もっと見る

はじまりのはな

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

わたりどりのローザはじぶんのほっぺたとおなじいろをした“ほっぺのはな”がだいすき。あきになりたびだつときがきても“ほっぺのはな”のたねをてばなさない。わたりのとちゅうかわにおちなかまとはぐれたローザはいぬのミールとかいぬしのアンナにたすけられた。みないっしょにふゆをすごしはるをまつ…。季節とともにめぐりくる出会いと別れの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

川に落ちて仲間とはぐれた渡り鳥ローザは、犬のミールと飼い主のアンナに助けられた-。季節とともにめぐりくる、出会いと別れの物語。こまやかな絵と、ふっくらと美しいことばでつづる、珠玉の海外絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マイケル・J.ローゼン

略歴
〈マイケル・J.ローゼン〉1954年米国生まれ。児童書を含む多数の著書がある。大人向けアンソロジーの編者としても知られる。著書に「ハヌカーのあかり」など。
〈ソーニャ・ダノウスキ〉ドイツ連邦生まれ。イラストレーター、アーティスト。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/08/24 15:13

投稿元:ブクログ

三葛館児童書・大型本 E||RO

旅の途中に川に落ちてしまった渡り鳥のローザと犬のミールと飼い主のアンナとの出会い。季節はめぐり、仲間と再会出来たけれど、寂しい別れも待っていて・・・短くも穏やかで温かいひと冬の物語がこの一冊に綴られています。
読後はせつなさが残りますが、季節を感じる素敵なお話と温かく美しい挿絵、詩のような翻訳で作られたとても美しい絵本。ページをめくるごとに心癒され、大人が読むのにもぴったりの一冊です。
                              (かき)

和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=80622

2015/04/07 23:40

投稿元:ブクログ

絵がすごい!
温かみのある、柔らかなタッチ。
絵が生きていると思いました。

ローザの運ぶ花の赤が、瞼を閉じても甦ります。

ソーニャ・ダノウスキさんの翻訳出版はこの本が初めてだそうですが、今後も注目したいな(^^)

2014/11/23 17:01

投稿元:ブクログ

ソーニャ・ダノウスキの絵がすごいです。
感動しました。
絵とストーリーぴったりとマッチしています。
翻訳の蜂飼耳さんの文が、これまた美しい。
今度、蜂飼さんの詩集を読んでみます。

2014/11/01 10:33

投稿元:ブクログ

Sonja Danowski
http://www.sonjadanowski.com/

くもん出版のPR
http://www.kumonshuppan.com/wp/newitem/1007-002new/index.html
実は蜂飼耳の隠れファンなんだ、、、

動物たちのおはなし ランキング

動物たちのおはなしのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む