サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

あやし(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 137件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-361104-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あやし (角川文庫 KWAI BOOKS)

著者 宮部 みゆき (著)

あやし (角川文庫 KWAI BOOKS)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

居眠り心中 5−36
影牢 37−63
布団部屋 65−94

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー137件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

「機微」を描く作家宮部みゆき、「あやし」もまた極上。

2011/07/11 16:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 宮部みゆきの小説は大好きでほとんど読んでいる。写真を見ると、な
んだか下町のおきゃんなねーちゃんって感じだが(ま、実際そうなのだ
が)、とにかくこの人の小説は構成力、文章力、発想、すべてにおいて
群を抜いている。ミステリー、SF、時代小説と何でも手がけるが超能
力者のことを書いても、捕り物控を書いても、宮部みゆきの小説の根底
にあるのは「機微(きび)」という言葉だと僕は思う。人生の機微、男
女の機微、人情の機微、人と人との関係の中で見え隠れする心の動きを
鮮やかに描き出すことにかけて、この人の右に出るものはいない。

 この「あやし」も、奇談小説とかホラー短編集とか、惹句に惹かれて
読むと、ちょっとはずしてしまうかもしれない。これもまた、ただ怖い
だけの話ではないのだ。ま、恐いけれど、恐怖の質がちょっと違う。鬼
とか物の怪とかそういう異形のものが確かに登場するが、宮部が見てい
るのはいつも「人間」なのだ。人間の心の奥底にひそむもの、それこそ
が恐怖であり、図り知ることのできない「不思議」なのだ。「布団部屋」
「安達家の鬼」「時雨鬼」と傑作揃いだが、どれもが心にしっかりと残
る。忘れられないのは「人の話」だからに違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「鬼につけこまれませんように…」

2004/06/05 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 宮部みゆきによる江戸の市井を舞台にした短編集。鬼や生霊といった魔物が出てくる話が9篇収録されているが、単に恐いだけの話ではなく、読後、鬼や生霊の寂しさに思いを馳せるような作品構成になっていて、読ませる内容になっている。

 急死した姉の後を継いで奉公に入った妹が経験する恐怖を綴った「布団部屋」では、奢りの心から隙ができ、そこにつけ込まれたお光の最後の語りが哀れだ。容姿のせいで決まりかけていた奉公先を他の娘に奪われ、たまたまひいた凶のおみくじを使って、その凶運をその娘にかぶせた「梅の雨降る」のおえんは、その罪悪感のために15年間も病み、亡くなった。
 どの話もラストは悲しい。ともすれば、鬼に同情してしまうかのように。
 だから、本を読み終えて、私はふと思った。「今の私は、鬼に同情して、心に隙が出来てしまっているかもしれない。ここにつけこまれませんように」、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

江戸時代の怪奇な話。

2009/05/16 01:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オレンジマリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 単刀直入に言って、宮部みゆきの江戸物はやはり群を抜いている。些細なところもきちんと筋が通っているし、経緯に得心がいくのだ。例えば、犯行に及んだ動機だったり、事が発生したきっかけ。人間の素の感情が、時には仏にもなり鬼にもなる様を巧妙に描いている。
 使われている言葉が古いので、江戸時代の風情を味わえるのも利点の一つと言えるだろう。私は古い言葉にはあまり通じていないので『頓死』と書かれていてもどんな死因なのか分からない。だから、広辞苑を開いては検索する。更に『疱瘡』や『結核』による死など、きっと現代ではあまりないだろうから、時代性を感じる事が出来る。時代には時代の特徴があるし、進歩の段階というのもある。
 栄えた店の事情や政略結婚。ほとんどの話にお店が出てきて、そこの女将や旦那が登場し、女中や番頭が深く関わってくる。そこで芽生えてしまった鬼の心と人間の心の弱さの因果関係も面白い点だと思う。特に、女性の悲哀や無念が渦巻いている話が多い。嫁と姑の因縁、身分の違いで結ばれなかった悲恋の結末。切ない気持ちだけに終わらない、愛情を感じる話もいくつかあり、不可解なまま終わる話もあった。ミステリーと怪奇が合わさったような短編集だ。
 現代に状況を置き換えても実際に起こりそうな話ばかりなので、素直に読み進めていける一冊である。特に印象深かったのはカボチャの話だった。隠された事実と実の親の愛情と里親の愛情に心打たれるものがある。現代の親子関係に目を伏せたいような痛々しいニュースが溢れる中、こういった愛情の話は心に染みる。身近にある、見過ごしがちな物事への感謝を忘れてはいけないと目が覚めた部分もあった。全体的に、教訓になり得る事もあり終始面白く読めた。ただ、短編だと物足りなさが残るものもいくつかあり、更に展開を望めるのではないかと感じた部分もあるので評価は星五つに及ばずである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怪談本、なのになぜか温かい読後感

2004/06/04 18:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岑城聡美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 うっかり手の届くところにおいておくと、ついつい何度でも読み返してしまう本というのがある。多少つむりの辺りが疲れていても、すいすいと読めてしまう。その上繰り返して味わっても面白い。本書を読み終えたとき、またそんな一冊に捕まってしまったな、と思わず苦笑した。

 タイトルの通り、怪談ばかりを集めた短編集である。著者お得意の時代物怪奇小説で名品が九話も…と言えば、さぞ恐ろしい本だろうと思いきや、そうではない。読み終えたときに感じるのは恐怖ではなく、むしろ感情のひだに染み入ってくるような温かさなのだ。

 洒脱な筆で描かれた、江戸の庶民達の人情味あふれる生活の様がそう思わせるのだろうか。否、勿論それだけではない。鬼や幽霊と対峙する形でそれに立ち向かっていく人々の姿も描かれてはいるけれど、むしろ興味を引かれるのは、人間の背負う闇から生まれる魔性のものや、その魔性の影に映しだされる、誰もが胸の奥に潜ませる人間の中の鬼が、そっと人間に寄り添う姿なのではないだろうかと思う。罪を犯した人間の悔恨や懺悔の念が、病や、鬼や、幽霊といった形をとって語りかけてくるとき、何とも言えない、寂しく、また温かい情緒が立ち上るのだ。

 幽鬼となったもの達の脆さを影とすれば、物語の中を懸命に生きる庶民の姿は光であるとも言えよう。人間の命に照らし出されて、遠いようで近いところにある鬼の姿が浮かび上がる。そこに一抹の感傷と、人間というものの生の不思議を、しみじみと感じ取ることが出来る。

 その他にも本書には、幽霊屋敷もの、不老不死もの等々、怪談の典型とも呼ぶべき作品がバリエーション豊かに収録されている。パターンとしては目新しくはないものの、それでも読者をするすると引っ張っていく筆の巧妙さは、さすがはこの著者ならではと言うべきだろう。読みやすく、面白く、読後感が良い、と三拍子そろった本書、怪談ものを探している友人には安心して勧められる一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

江戸のふしぎばなし。幽霊ばなし。

2003/06/22 14:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こんなことも起こりそうな、まさに江戸の怪談ばなし。現代小説もうまいけれど、時代小説も読み応え充分。珈琲よりも番茶をすすりながら読みたい話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まんが日本昔ばなし。

2003/06/16 16:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:purple28 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 時代は江戸。下町の、どこにでもいる人たちが主人公の、ご近所物語。
 そんな日常に現れる“あやかし”。
 病になったり、事故にあったり、恐ろしい事件となったり。
 いろんな形で現れるそれを総じて、“鬼”という。

 誰の目にも見えない、自分を襲う女の首。
 わたしだけ感じない、お義母さまに寄り添うモノ。
 「あの男を信じるな」と忠告する女…。
 9つの物語には、9つの鬼がいる。

 不思議と怖いとは思わなかった。
 ただ、読み進むうちに懐かしさがこみあげてきた。
 昔、子供の頃に読んだ本に似ている。
 小学校の図書館で借りた本に。
 内容も、どんな形だったかも覚えてはいないけれど。
 一休さんのようなとんち話だったかもしれない。
 短い短い、おもしろい話だったかもしれない。
 違うかもしれないが、こういう本だった気がする。

 それはまるで、「まんが日本昔ばなし」のような。
 教訓。そういってしまえばそれだけだけれど。
 こんなことをしてはいけませんよ。こんな怖い目にあいますよ。的な。

 そこで私は胸を張って言うのだ。
 「私は、そんな悪いことはしない」。
 だから怖くない。

 こんな私の後ろにも、きっといるのだ。
 鬼が。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心に植え付けられる「あやし」の気分

2005/03/26 07:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふぉあぁ - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部みゆきによる時代小説「江戸怪奇談」です。
宮部みゆきが描く江戸は、魑魅魍魎と市井の人々が、ちょっとの緊張感を保って当たり前のように隣り合わせに住んでいます。

「本所深川ふしぎ草紙」や「幻色江戸ごよみ」では、謎解きを軸に物語が展開していきましたが、本作では不思議な話そのものが題材です。
本書の九編は、決して恐怖をあおるわけではなく、話は淡々と進んでいきます。
しかし、謎が解けて腑に落ちてという結び方ではないためでしょうか、話の終わりに妙にざらついたなんとも言えない不安定感が残ります。

心の隅に「あやし」を植え付けられるこの感じをぜひ味わって下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゆっくりとしみる恐さ

2003/07/04 19:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まことによくできた、時代ものの恐怖/幻想短編集。
 舞台はいずれも江戸は深川周辺で、商家の主人一家やその奉公人、それを手配する口入屋などの物語。時代は違っても、ごくあたりまえに働いて苦労して、とりわけ裕福でもなくささやかな楽しみを持っている、という庶民の暮らしが描かれる。登場人物達の心情は実に鮮やかに親しみやすく書かれている。
 ——が、共感しやすいだけに、ここに描かれる怪しいものたちは怖い。それは恐らく、誰にでもある暗い部分から発するものだから。奉公先の若旦那と一緒になれるわけないと分かっていたはずが恋情に囚われる女(居眠り心中)、よくできた母へ姑への劣等感と反発から悪鬼の如き残酷なしうちに出る夫婦(影牢)、一時の妬ましさ悔しさの生んだ呪いの反動で十五年も床についたまま一生を終える娘(梅の雨降る)。そんな奇妙なことや過酷な運命は滅多にないが、それは元はと言えばありふれたささやかな希望や不満や反発であったはず。分かっていながら、そちらへ落ちていくこともある。(時雨鬼)
 そういう物は凝り固まって、あるものは代々店に不幸をもたらしたり(布団部屋)突然人に取り憑いて暴れたりする(灰神楽)。あるものはただそこにあって、しかし見る者の心を映す(安達家の鬼)。
 そして、なんだか分からないものもいる。何をするでもなく、何故そうなのかも分からない、あたりまえの人に交じってあたりまえに暮らしている(蜆塚)。ただやはり、あたりまえではないのだ。
 ここに書かれたのと同じではなくとも、そういうものはそこにいる。どこの町にも誰の傍にも、誰の中にも。
 きっと少しずつ年を取って、そういうものに覚えがあると思えるほど、この一冊は一層怖く感じられることだろう。——これからだよ(「安達家の鬼」より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あやしい美しさにご用心

2006/11/20 01:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーという訳ではないけれど、何だか本当になりそうな怖さを感じます。怪談話か。
著者は女性なので、女性の怨念や悲哀が中心。「あったら怖いけれど、ありそうだなぁ」と感じさせるので、切なく怖い。そして美しい。
美しい女性の登場人物が多いですね。やっぱり怪談には美しい女。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/23 01:00

投稿元:ブクログ

 短編集なので、会社でちまちま読むのにちょうどいいかと思ってたら、とんでもない!いつもすごーく気になる所でSTOPするので、続きが気になって仕事がはかどらない事この上なしって感じでした。故にさっさと家で一気読みですよ。
 どの話も、さらっと読めばなんて事無いのですが、リアルに映像を浮かべるとなんか怖い、自分がそこの登場人物の一人だったら、なんて思った日には一瞬すごく怖い。ぞっと背中を駆け上がる鳥肌みたいな感覚が、絶対入っているのです。どの話にも!3日後くらいに思い出して怖くなるってのが、正しい感覚でしょうか。まあ、ほんのちょっとの怖さなんだけど、これぐらいがリアルで、ありそうな所が尚怖いって感じ。さすがの宮部様です。

2004/11/22 20:42

投稿元:ブクログ

やっぱり宮部氏の江戸モノはいい!義理人情とかが本当にマッチするんですよね〜江戸の町って。本当にキツネは人をバカすのかもしれないなぁ〜なんて思っちゃったりもしちゃいます。宮部氏の江戸モノの魅力は、現代の日本人に失われてきている感情の欠片に触れ、揺動かすところにあるのでしょうね〜。私は長屋育ちなので、宮部氏の江戸モノを読むと懐かしい気持ちになります。(って江戸時代生まれじゃあないよ〜ん)。これからも益々のご活躍を心より応援させていただきま〜す!

2004/11/29 16:02

投稿元:ブクログ

2003/4/30〜よみはじめました。

大好きなお江戸物シリーズ♪
読むのが楽しみo(^-^)o ワクワク


〜2003/5/3読み終わりました。
あまりにも面白くてあっと言う間に読み終わっちゃったよぉぉん。
(まあ本もさほど厚くなかったんだけどね(^▽^;))

これはね、怪談チックなんだがそうじゃない『摩訶不思議話集』といったカンジ。
でも、宮部調なのでなんだかじ〜んと心に響くのでございました。(u_u、)

それにしても、色々な人を語り手に持って来て、本当にうまいなぁぁ。
うますぎて、あんた自惚れてるでしょ!って文句のヒトツもいいたいが
その手法にまんまとハマル自分がいたりする。(笑)
ますます大好きな作家です。(^ー^* )フフ♪

それにしても、丁度大江戸温泉物語に出かけた後だったので
『江戸気分』が残っててイイカンジでした。
ワタシの中も江戸ブーム到来か??
(今年は幕府誕生後400年だったっけかね?)

2005/02/02 09:04

投稿元:ブクログ

■説明
時代物の短編。
中にはあやかしがたくさん

■感想
女の首が一番好きだったかな。
子供の頃に読んだ怪談のようで。不思議な余韻がのこります。

2005/05/23 01:39

投稿元:ブクログ

この本は、ちょっとだけ印象が薄いです。
月夜の晩の江戸にまつわる恐い怪談の数々を描いた江戸ふしぎ噺となっています。
タイトルの通り、全体的にあやしげな雰囲気の内容でした。

2006/06/18 20:58

投稿元:ブクログ

2006/06/11 再読。
末尾の「蜆塚」で、老人の体験談として語られる挿話のおかげで、本当にある伝承かもしれないと調べようとしてしまった。