サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 自由民権〈激化〉の時代 運動・地域・語り

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

自由民権〈激化〉の時代 運動・地域・語り
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:研究者
  • 取扱開始日:2014/10/23
  • 出版社: 日本経済評論社
  • サイズ:22cm/318,151p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8188-2351-8
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

自由民権〈激化〉の時代 運動・地域・語り

著者 高島 千代 (編著),田崎 公司 (編著)

〈激化〉の時代(1880年代)に模索された様々な社会・政治秩序のうち、特に個人の権利・自由・幸福の実現のために実力行使を意図した、自由民権運動・自由党の激化事件に注目し、...

もっと見る

自由民権〈激化〉の時代 運動・地域・語り

7,992(税込)

ポイント :74pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

〈激化〉の時代(1880年代)に模索された様々な社会・政治秩序のうち、特に個人の権利・自由・幸福の実現のために実力行使を意図した、自由民権運動・自由党の激化事件に注目し、その思想や行動と限界を検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

激化事件研究の現状と課題 高島千代 著 3−34
減租請願運動と自由党・激化事件 高島千代 著 35−69
青年民権運動と激化 横山真一 著 70−116

著者紹介

高島 千代

略歴
〈高島千代〉1964年生まれ。関西学院大学法学部教授。
〈田崎公司〉1958年生まれ。大阪商業大学経済学部准教授。越後街道野澤宿ふるさと自慢館副館長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/01/08 11:46

投稿元:ブクログ

国民国家論によって、それまでの歴史的意義を〈奪われた〉激化事件の新たな位置づけを目指す論文集。新たな…といっても、国民国家論の誤りを指摘しあくまで民権のために戦ったとする旧来的な視覚の論考もあり、一様に「新たな」といっていいかは留保が必要である。

激化事件を、新たな社会秩序構築の言論的・暴力的抗争と位置づけ、それぞれの事件の詳細の解明を試みる。一方で、激化事件の顕彰運動についてメタ的視点での分析を行う論考も含まれている。民権運動は国民国家論によって、運動自身の見直しはもちろん、分析視覚をも見直しを迫られるという「二重の拘束」を受けている。ゆえにこれを打破するのはなかなか容易なことではない。本書も、前述したように「旧来的な視覚」の論考も含まれていて、それが必ずしもうまくいっているとはいいがたいところがある。

今後の民権運動研究に必要なのは、現代や民主主義の源流を探る視角を改めて持ち込むのではなく、明治維新前後からの近代日本形成過程の一部として運動を位置づけることだと思う。むろんそれは近世民衆史の延長線上に激化事件を位置づける、という話ではない。安丸良夫が試み、本書でも高島が触れてているように「公議」「公論」世界の形成と民権運動の関係、そこから近代政治社会の形成という分析視覚が必要なのではないかということである。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む