サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ストレスが消える「しない」健康法

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ストレスが消える「しない」健康法(角川SSC新書)
ストレスが消える「しない」健康法(角川SSC新書) ストレスが消える「しない」健康法(角川SSC新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/10
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川SSC新書
  • サイズ:18cm/185p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-731374-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ストレスが消える「しない」健康法 (角川SSC新書)

著者 小林 弘幸 (著)

今まで見えなかった「ストレス」の正体を、自律神経の第一人者が医学的に解説。「自律神経」のバランスに着目し、いいストレスと悪いストレスの見分け方や、マイナスをプラスに変える...

もっと見る

ストレスが消える「しない」健康法 (角川SSC新書)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ストレスが消える「しない」健康法

724(税込)

ストレスが消える「しない」健康法

ポイント :6pt / 紙の本より118おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

今まで見えなかった「ストレス」の正体を、自律神経の第一人者が医学的に解説。「自律神経」のバランスに着目し、いいストレスと悪いストレスの見分け方や、マイナスをプラスに変える自律神経の具体策を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小林 弘幸

略歴
〈小林弘幸〉1960年埼玉県生まれ。順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。自律神経研究の第一人者。著書に「なぜ、「これ」は健康にいいのか?」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/01 21:29

投稿元:ブクログ

自律神経を主体にしてものごとを考えたことがらなかったから目からウロコ状態でした。

なぜ、こんなにも苛立っているのかやる気が出ないのか、はたまたやる気がみなぎっているのか納得しやすいです。

視点を替えるのにはいいです。

2014/11/09 11:19

投稿元:ブクログ

交感神経と副交感神経の同じような内容の話が延々と続く。
要は我慢しない、頑張らない、悩まないでストレスをためない、あるいは+のストレスに変えるということらしいが、そのとおりとは思うけど、それ以上それ以下でもないといったところか。

2014/10/26 12:43

投稿元:ブクログ

最近、仕事がうまくいかずに気持ちがいつも滅入っている。

こんな状況をなんとかしたくて、本屋で見つけた。

大事ななのは、ストレスを悪いものだと決めつけないこと。
そして、副交感神経を整えること。

精神面よりも身体面にアプローチすること。身体を動かす。朝食を食べること。

今あるストレスを、ストレス慣れるための訓練と捉えよう。

我慢しない。
頑張らない。
悩まない。

2015/10/11 23:52

投稿元:ブクログ

文字通り、ストレスを負担に感じない方法を指南した一冊。

自律神経をコントロールする方法については非常に勉強になった。

2016/04/21 22:46

投稿元:ブクログ

ストレスに対し、具体的に「こうしたらいい」って言ってくれる。それが意外にも、癒しに似た安心感を与えてくれる。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む