サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. グッチの戦略 名門を3度よみがえらせた驚異のブランドイノベーション

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

グッチの戦略 名門を3度よみがえらせた驚異のブランドイノベーション
グッチの戦略 名門を3度よみがえらせた驚異のブランドイノベーション グッチの戦略 名門を3度よみがえらせた驚異のブランドイノベーション
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/31
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/405p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-50258-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

グッチの戦略 名門を3度よみがえらせた驚異のブランドイノベーション

著者 長沢 伸也 (編著),福永 輝彦 (著),小山 太郎 (著),岩谷 昌樹 (著)

イタリア最強のラグジュアリーブランド、グッチは、なぜ3度もの危機を乗り越えられたのか? 花の都フィレンツェへの地元密着経営、世界中を魅了するアルチザンの技など、常に新鮮な...

もっと見る

グッチの戦略 名門を3度よみがえらせた驚異のブランドイノベーション

2,808(税込)

ポイント :26pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

グッチの戦略

2,527(税込)

グッチの戦略

ポイント :23pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イタリア最強のラグジュアリーブランド、グッチは、なぜ3度もの危機を乗り越えられたのか? 花の都フィレンツェへの地元密着経営、世界中を魅了するアルチザンの技など、常に新鮮な“変わり続ける老舗”の本質をとらえる。【「TRC MARC」の商品解説】

イタリア最強のラグジュアリーブランドは、なぜ3度もの危機を乗り越えられたのか!?
花の都フィレンツェへの地元密着経営、世界中を魅了するアルチザンの技、常に新鮮な“変わり続ける老舗”の本質をとらえる。

ジャッキー、バンブー、ホースビット、フローラ……
一目でグッチとわかるアイコンの数々が生まれた理由、そして、それをさらに進化させ続けてきたブランドマネジメントとブランドイノベーションに迫るグッチ分析の決定版!

――日本企業、特にものづくり企業はグッチに学ぶべきである。
そう言うと、「とても無理。我が社がグッチのようなラグジュアリーブランドになれる訳がない。そもそも日本企業には無理」と、賛同するどころか、強く否定される。
しかし、まだ百年と経っていない1921年に、人口36万人ほどの地方中核都市フィレンツェで創業したイタリアの地場産業かつ一族経営の企業が世界的なラグジュアリーブランドになったという「結果」を見て「日本企業には無理」と考えるのではなく、グッチが「何をやって」ラグジュアリーブランドになったかを学ぶべきではないだろうか。
以下の点は日本企業の参考になるだろう。
・戦争による創業直後の原材料不足、一族による骨肉の争い、救世主だった経営者とスターデザイナーの辞任という3度もの危機を乗り越え飛躍したこと
・地元・花の都フィレンツェへの密着経営
・世界中を魅了するアルチザン(職人)の技の重視
・常に新鮮な〝変わり続ける老舗〟であること
特に、コスト削減のため、アジアの国々に生産拠点を移して、労働力だけでなく職人技やノウハウまでが空洞化し、高品質の代名詞「メード・イン・ジャパン」を失いつつある日本のものづくり企業には、グッチの戦略は耳が痛いアンチテーゼになっている。
(「おわりに」より)

【商品解説】

目次

  • プロローグ
  • 第1章 グッチのブランドマネジメントとイノベーション
  •  第1節 ブランド戦略のポイント
  •  第2節 現在までのグッチと周りをとりまく環境
  •  第3節 ブランドマネジメント
  •  第4節 イノベーションによる価値創造
  •  第5節 ブランドマネジメントとイノベーションに関するまとめ
  • 第2章 グッチ・グループの形成

著者紹介

長沢 伸也

略歴
〈長沢伸也〉1955年生まれ。早稲田大学大学院商学研究科専門職学位課程ビジネス専攻(早稲田大学ビジネススクール)および博士課程商学専攻教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む