サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. セクシュアル・マイノリティへの心理的支援 同性愛、性同一性障害を理解する

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

セクシュアル・マイノリティへの心理的支援 同性愛、性同一性障害を理解する
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/08/28
  • 出版社: 岩崎学術出版社
  • サイズ:21cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7533-1077-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

セクシュアル・マイノリティへの心理的支援 同性愛、性同一性障害を理解する

著者 針間 克己 (編著),平田 俊明 (編著)

同性愛、両性愛、性同一性障害など、典型的なセクシュアリティとは異なるあり方を示す「セクシュアル・マイノリティ」への心理的支援・心理療法を、臨床経験に基づいて解説する。【「...

もっと見る

セクシュアル・マイノリティへの心理的支援 同性愛、性同一性障害を理解する

2,916(税込)

ポイント :27pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

同性愛、両性愛、性同一性障害など、典型的なセクシュアリティとは異なるあり方を示す「セクシュアル・マイノリティ」への心理的支援・心理療法を、臨床経験に基づいて解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

針間 克己

略歴
〈針間克己〉はりまメンタルクリニック開院。日本性科学学会理事、性同一性障害研究会理事。医学博士。
〈平田俊明〉臨床心理士、精神科医。九段心理臨床オフィス、しらかば診療所、はりまメンタルクリニックなどに勤務。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/16 10:10

投稿元:ブクログ

タイトル通り、心理職がセクシャルマイノリティのクライエントとかかわるための論文集。
不安を誘う副題は、執筆陣の経験や先行研究からきちんと書けるのはここだけだから同性愛と性同一性障害に対象をしぼります、ということらしい。
抽象的な部分はともかく経験に則した後半は良かった。
学術の文章の中ににじみでる、目の前の人の苦しみを軽減したいという意志に打たれる。
第三部だけでも心理職に限らずいろんな人に読んでほしい。


序盤はセクマイの概念や歴史などが抽象的に説明される。
こういう本がでるのは大事なことだけど、学術の俎上にのせられると、セクマイが特殊なカタマリとして観察されているみたいで嫌だ。
分類や書き方もややこしい。
善意のシスジェンダーへテロがいきなりこれを読んで、人としてのセクマイを理解できるのか疑問に感じた。
キリスト教圏の認識を人類の認識とみなしている部分があるのもいただけない。
知らないうちにDSMが新しくなってたのねとか、勉強になった部分もあるけれど、気持ちの上で読みにくくてやたらと時間をくってしまった。

しかし後半はきちんとセクマイを人間扱いしてきた臨床家の文章が続いてぐっと読むのが楽になった。
特に第三部はセクマイを説明するのではなく、心理職の側の気持ちに焦点を当てているのがいい。
自分の偏見に気づく必要があるのは心理職に限ったことではないし、対象もセクマイに限らない。
具体的な対応策が、自分がばかなことをしないための参考になった。


ついでに言えば、心理職以外の人も心理職を人としてみる必要があるんだと思った。
心理的な援助は機械的にできる仕事じゃないから、自分の中の価値観や信念がどうしたって顔を出す。
それが助けになることもあれば足を引っ張ることもある。
「人」に助けてもらうんだから、クライエントや部外者の側も心理職の人への上手な頼り方を考えていかなければならないんだ。
当たり前のことだけど、私にはちょっとした発見だった。