サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. リヴィングストン 3 (モーニングKC)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

リヴィングストン 3 (モーニングKC)(モーニングKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 発売日:2014/10/23
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: モーニングKC
  • サイズ:202ページ
  • ISBN:978-4-06-388383-1
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

リヴィングストン 3 (モーニングKC)

著者 前川 知大 (原作),片岡 人生 (漫画)

「魂」とは何だ? 意識か、記憶か、感情か、それとも…。『デッドマン・ワンダーランド』片岡人生の最新単行本、そして「劇団イキウメ主宰」前川知大の初漫画原作作品。これは、生と...

もっと見る

リヴィングストン 3 (モーニングKC)

771(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

リヴィングストン(3)

648(税込)

リヴィングストン(3)

ポイント :6pt / 紙の本より123おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「リヴィングストン 3 (モーニングKC)」が含まれるセット商品

リヴィングストン(モーニングKC) 4巻セット(モーニングKC)

リヴィングストン(モーニングKC) 4巻セット

  • 前川知大 原作
  • 税込価格:3,12628pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

「魂」とは何だ? 意識か、記憶か、感情か、それとも…。『デッドマン・ワンダーランド』片岡人生の最新単行本、そして「劇団イキウメ主宰」前川知大の初漫画原作作品。これは、生と死の狭間に在る、魂の物語。【商品解説】

著者紹介

前川 知大

略歴
京都府出身。
2005年月刊少年エース(角川書店)にて『交響詩篇エウレカセブン』 (原作・BONES、共作・近藤一馬)でデビュー。
代表作は『デッドマン・ ワンダーランド』(共作・近藤一馬)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/18 21:18

投稿元:ブクログ

「予定」通りに生きて、転生を繰り返す「魂」。
予定を外れれば「魂」は傷付き、石のように砕けてしまう。
それを防ぐために働く人々の物語。

原作者と作家が別々にいるんですが、物語に繊細な絵がマッチしてて印象に残ります。なんか読んじゃう。

原作者の前川知大さんは劇団イキウメの主催者で、ゾッと怖いような、不思議と温かいような脚本を手がけられます。

2015/05/05 18:50

投稿元:ブクログ

「エウレカセブン」「デットマン・ワンダーランド」の片岡人生先生が描くファンタジー。なんだかつまらなくなってきたぞ。息切れしてしまったんだろうか。この先が心配…。
少しずつ、主役の一人である天野くんを軸として、もう一人の主役・桜井が狂言回しとしてストーリーを紡ぐ流れになってきているのかな。生きることの価値を問い、命とは、魂とは、といったテーマが根っこにあると思うのですが、単なる天野くんの自分探しじゃないのかこれ。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む