サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 凍りついた空 エウロパ2113

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

凍りついた空 エウロパ2113(創元SF文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/31
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元SF文庫
  • サイズ:15cm/449p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-75001-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

凍りついた空 エウロパ2113 (創元SF文庫)

著者 ジェフ・カールソン (著),中原 尚哉 (訳)

22世紀初頭、木星の衛星エウロパで小さな生物の死骸が発見された。エウロパの分厚い氷殻の下にある液体の海で、独自の生命が進化していたのだ。だが、ファーストコンタクト(地球外...

もっと見る

凍りついた空 エウロパ2113 (創元SF文庫)

1,231(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

凍りついた空―エウロパ2113―

1,200(税込)

凍りついた空―エウロパ2113―

ポイント :11pt / 紙の本より31おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

22世紀初頭、木星の衛星エウロパで小さな生物の死骸が発見された。エウロパの分厚い氷殻の下にある液体の海で、独自の生命が進化していたのだ。だが、ファーストコンタクト(地球外生物との初遭遇)を期待しつつ探査を始めた女性科学者ボニーたちは、未知の生物に襲撃される。さらには探査の方針をめぐり深刻な対立も発生。次々と襲いかかる危機に、ボニーは敢然と立ちむかう!【「BOOK」データベースの商品解説】

22世紀初頭、木星の衛星エウロパで独自の生命が進化していたことがわかった。だが探査を始めた女性科学者ボニーたちは、未知の生物に襲撃され、さらに探査の方針をめぐり深刻な対立も発生し…。【「TRC MARC」の商品解説】

22世紀、氷殻の下に液体の海を持つ木星の衛星エウロパで、初の地球外生命が発見された。有人探査に赴いた女性科学者たちは、次々と襲いかかる危機に敢然と立ち向かう!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2015/10/24 23:05

投稿元:ブクログ

久しぶりのSF

 エウロパでいきなり生命体の攻撃を受けまくるヒロイン。展開が早くてビックリ。途中は多少ダレるけど、かなり一気に読める。

 新鮮なのがファーストコンタクトを果たす生命体の進化形態だ。なるほど、そうした逆進化って発想はこれまでなかったな。脳はそうして使われるのか。なかなかファンタスティックなストーリーだ。


 劇的に面白いってわけじゃないけど、満足した物語だな。

2015/02/04 21:20

投稿元:ブクログ

木製の衛星 エウロパへの探検隊がエウロパの地下に住む生物を発見し、コミュニケーションを試みる、という物語。
SFの1つのテーマだが、この小説は残念ながらあまり面白いとはいえない。読んでいて引き込まれるものがあまり感じられなかった。
一番大きな原因は、主人公に感情移入ができないということだろう。主人公が女性だという点を差し引いても、なぜこの主人公がある考えに固執するのか、なぜ他人をこのように簡単に判断してしまうのか、なぜ異星の生物についてこうも思い込みがあるのか、読んでいてもなぜ?ということが多くて興味がうすれてしまう。エウロパの生物についても造形があまりよくないし、人類とこの生物との間のコミュニケーションについても、描写が中途半場で共感できない。
 ということで星一つに決定。

2015/01/16 22:41

投稿元:ブクログ

木星の衛星エウロパで繰り広げられる、人間と地球外生命体との攻防の話かと思いきや、主人公は殺されかけながらも生命体達を決して敵視せず何とか意思疎通しようとする。国や企業の利益追求を優先し生命体を支配下に置こうとする者たちの妨害にあいながら、想像力を駆使して生命体と対話しようとする主人公たちの姿勢は感動的。特に冒頭で死んでしまう隊員の意識をアップしたAIが重要なファクターになるのが面白い。

2014/11/13 15:26

投稿元:ブクログ

22世紀初頭、木星の衛星エウロパで小さな生物の死骸が発見された。
エウロパの分厚い氷殻の下にある液体の海で、独自の生命が進化していたのだ。
だが、友好的なファーストコンタクト(地球外生命との初遭遇)を期待しつつ探査を始めた女性エンジニアのボニーたちは、未知の生物に襲撃される。
さらには、発見の扱いをめぐり地球上や探査チーム内で深刻な対立が発生。
次々と襲いかかる危機に、ボニーたちは敢然と立ち向かう!

創元SF文庫 ランキング

創元SF文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む