サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

神様のメモ帳 9(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2014/09/09
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/343p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-866728-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神様のメモ帳 9 (電撃文庫)

著者 杉井 光 (著)

春休み、僕の前に現れたのはアリスに瓜二つの姉、紫苑寺茉梨。「有子と一緒に暮らして、守ってあげたいの」紫苑寺家の当主が危篤で、面倒くさい遺産相続問題にアリスも巻き込まれそう...

もっと見る

神様のメモ帳 9 (電撃文庫)

659(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

神様のメモ帳9

659(税込)

神様のメモ帳9

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「神様のメモ帳 9」が含まれるセット商品

神様のメモ帳 (電撃文庫) 9巻セット(電撃文庫)

神様のメモ帳 (電撃文庫) 9巻セット

商品説明

春休み、僕の前に現れたのはアリスに瓜二つの姉、紫苑寺茉梨。「有子と一緒に暮らして、守ってあげたいの」紫苑寺家の当主が危篤で、面倒くさい遺産相続問題にアリスも巻き込まれそうなのだという。アリスに付き添って赴いた病院で、起きてしまった殺人事件。犯人だと疑われて拉致されたアリスを助け出すため、事件を調べていくうちに、僕はアリスの秘められた過去に触れ、紫苑寺家の闇を垣間見ることになる。そして宿命的に訪れる、探偵との別れ―ニートティーン・ストーリー、最終章。【「BOOK」データベースの商品解説】

紫苑寺家の当主が危篤になり、アリスに付き添って赴いた病院で、起きてしまった殺人事件。犯人だと疑われ拉致されたアリスを助け出すため、事件を調べるうちに、僕はアリスの秘められた過去に触れ…。ニート探偵、最後の事件。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

さよならアリスまた逢う日まで

2015/02/03 20:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sakana_melody - この投稿者のレビュー一覧を見る

涙なくしては読めない、杉井光氏人気シリーズの最終巻(しかし最終巻が出るまでに、いくつかの別のシリーズを終わらせたり、と、しばらく時間が空いた)。アリスの実家の秘密が明かされ、アリスから強制的に引離されたナルミは、アリスを上回るハッキングスキルを持つアリスの「叔父」に、とんでもないしかけで立ち向かう・・・ がんばれ、ナルミ!

手に汗握る展開、文句なしの五つ星!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/26 21:11

投稿元:ブクログ

9 完結
アリス本人の事件。
近親相姦や遺産相続問題などは推理小説で良く使われるものだが、此処まで複雑なものは知らない。
アリスの親族がアリスを特別視するのも頷ける。

2014/09/14 11:04

投稿元:ブクログ

内容紹介
遺産をめぐる殺人事件。容疑者は、アリス。
ニートティーン・ストーリー、感動の最終章。

春休み、僕の前に現れたのはアリスに瓜二つの姉、紫苑寺茉梨。
「有子と一緒に暮らして、守ってあげたいの」紫苑寺家の当主が危篤で、面倒くさい遺産相続問題にアリスも巻き込まれそうなのだという。
アリスに付き添って赴いた病院で、起きてしまった殺人事件。
犯人だと疑われて拉致されたアリスを助け出すため、事件を調べていくうちに、僕はアリスの秘められた過去に触れ、紫苑寺家の闇を垣間見ることになる。
そして宿命的に訪れる、探偵との別れ――感動の最終章。

2015/08/20 20:08

投稿元:ブクログ

最終巻!
前回,1話から引っ張ってたエンジェルなんちゃらの決着が付いて終わったと思ってたけど続いてたようですね.

今回は 容疑者:アリス というわけですね.

話はまぁそこそこ.
オチはなぁ・・・
こういうオチも嫌いじゃないけどなんだかなぁ.
まぁ,明確な敵がいるわけでもないし終わりは難しいよな.
彼らの探偵はまだ始まったばかりだ!

ってか結局ナルミ君は下馬評通りにニートになりましたね★

2014/09/19 16:18

投稿元:ブクログ

終わってしまったか…という感想が1番に来ます。ダラダラと引き伸ばされて私がラノベを読まなくなったりした後でいつの間にか終わる事を考えたら、キッチリ終わりに立ち会えたのは良かったのかもしれませんね。
締め方としては悪くないと感じますが普通すぎかも?と思わないでもないですね。
不謹慎ながら解散したもののヒットに恵まれず貯蓄も使い果たし再結成するバンドのように追い込まれた作者さんが続編を書いてくれることを望みます。

2016/08/05 01:37

投稿元:ブクログ

神メモ最終巻。最後はアリスの出生の謎と、アリスの実家との確執について描かれた。誰と誰が親子なのか分からなくなって、すごく複雑な話だったけど、ミステリとしても青春モノとしても良くできた話だったと思う。ナルミ君の詐欺師ぶりも最高潮に。それにしても、これにてニート探偵小説が終わりとは寂しい限り。

2014/09/11 13:18

投稿元:ブクログ

ずいぶん待たせられた杉井光テンプレートなヒロイン+詐欺師なミステリの最新巻で最終巻.相変わらずキャラが立っており面白く一気に読めたが,多少伏線がはっきりし過ぎで先が見えてしまうのは残念.鳴海の詐欺らしさも以前はもう少しギリギリ感があったように思うが,その分今回は「アリスのいない鳴海」が見どころでこれは満足.

2015/01/16 17:21

投稿元:ブクログ

3年ぶりに読んだせいか、アリスのツンデレ具合と鳴海との掛け合いがやけに懐かしいシリーズ最終巻。
ずいぶんあっさり終わったな、というのが第1印象。作者さんも他レーベルで忙しいから早めに終わらせたのかな、なんて考えてしまう自分もいますが。
あとがきに作中でおきた事件をまとめた表があるけど、高2になってからほぼ毎月のように何らかの事件に巻きこまれている鳴海くん……。また1巻から読み返すのも面白そうだ。

2014/10/25 08:41

投稿元:ブクログ

最後はアリスが中心の話でしたね。
でも、アリスはいないんですけど。

アリスの出生が壮絶でしたね。
色々な事件に関わって鳴海は成長した思う。
最後の挿絵よかったな。

後日談も少し書いてあってよかったです。
終わっちゃうのは残念だけど、
綺麗な終わり方なので、引き伸ばしにされるよりはいいかな。

2014/12/13 10:33

投稿元:ブクログ

3年?越しの最終巻。ここに至ってちょっとナルミ君を超人化しすぎてなんでもありじゃん!!感はありましたがなんとか綺麗にまとめて、作者の努力と苦悩と、作品への愛が感じられました。
1巻から追ってきたファンとしては満足できる、なにより、始めるコトより終わらせるコトのほうがよっぽど難しいから、本当にありがとー!お疲れ様でした!という言葉しかありません。
でもこれ、もっと早い段階でこの話やることもできたし、その方がシリーズ的にはまとまりがでたんじゃないかな?とは思う。まあそうするとシリーズの〆をどうするの??ってコトにはなるんだけど。

2014/10/19 00:02

投稿元:ブクログ

もうずいぶんこのシリーズ読んでないなと思ったら、3年ぶりだったみたい。
相変わらず、読み応えたっぷりの1冊だった。このシリーズの魅力はやっぱり軽妙な掛け合いと巧妙に練られた謎解きなのかなと思う。この巻でも、反則スレスレの変化球のような謎で楽しませてくれた。
なんだかんだで好きなシリーズだったので、終わってしまうのは残念。

2014/09/30 18:07

投稿元:ブクログ

今回はアリスがいない中でのお話でした。
アリス無しで話が進むのか?!と思う部分があったのですが、そんな心配は無用でした。
今までで一番頼りになる、かっこいいナルミくんでした。
最後に、おまけのように書かれていた数年後のお話がすごくほっこりしました。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む