詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. 異世界居酒屋「のぶ」 1杯目

異世界居酒屋「のぶ」 1杯目

  • 取扱開始日:2014/09/05
  • 出版社:宝島社
  • サイズ:19cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-3057-7

  • 国内送料無料

異世界居酒屋「のぶ」 1杯目

蟬川 夏哉 (著), 転 (画)

紙書籍

1,296 ポイント:12pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

異世界に繋がった居酒屋「のぶ」を訪れるのは、怠け者の衛兵たち、お忍びの聖職者、水運ギルドのマスターなど個性的な面々ばかり。彼らは、寡黙な店主、ノブ・タイショーが振る舞う驚...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

異世界に繋がった居酒屋「のぶ」を訪れるのは、怠け者の衛兵たち、お忍びの聖職者、水運ギルドのマスターなど個性的な面々ばかり。彼らは、寡黙な店主、ノブ・タイショーが振る舞う驚くほど美味い酒や、未体験の料理に驚き、舌鼓を打ちながら、つかの間、日々のわずらわしさを忘れるのだ。この居酒屋の噂は客から客へと広がり、連日様々なお客がやってくる。さて今夜、居酒屋「のぶ」にはどんなお客が訪れ、どんな物語が紡がれるのか…。暖簾をくぐれば異世界が広がる…なろうコン大賞受賞の異色作!【「BOOK」データベースの商品解説】

【なろうコン大賞(第2回)】古都の片隅に、居酒屋「のぶ」という店ができた。美味い酒と料理は、様々なお客を呼び寄せた。中には込み入った事情を抱えた者もいて…。異世界に繫がった居酒屋で巻き起こる、小さな物語。『小説家になろう』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

おでんのじゃがいも 4−18
若鶏の唐揚げ 19−32
しのぶちゃんの特製ナポリタン 33−43

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(13件)
★★★★★(7件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(3件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

トリアエズナマがやりたかっただけでしょ

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/09/15 21:15

評価2 投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界観が見えない
異世界と言いつつ、中世ドイツ風?
居酒屋アゲというか、単に調理法も食材もない古代世界で現代料理スゲーってやってるだけなのが気持ち悪い
その料理がどれだけのものに支えられて成り立ってるんだって話
大体異世界で儲けても、現代の金じゃないんだから仕入れが出来ないだろ
あえて冷蔵庫を出さないのがエグい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2015/06/22 13:44

異世界の住人達が居酒屋のぶで食事するグルメもの。
自分達にはおなじみの料理(おでんとか、天ぷらとか)だけど、描写がすごく美味しそうー!特に唐揚げ!(好物)
装画:転

評価0 投稿元:ブクログ

2015/01/05 22:11

エブリディ・マジックの中世ファンタジー世界につながった居酒屋でのお話。
面白いのは「魔法にかけられる」のはファンタジー世界の住人達の方であること。
徴税人がナポリタンに夢中になり、お姫様はあんかけ豆腐をほおばり、傭兵上がりは鳥の唐揚げが好物で、そして皆で「とりあえず生!」とビールを飲む。(一部冷酒あり)
「知らない食べ物」ってそういえばそれだけでファンタジーだったなあ、と少し懐かしく思いつつ、ごちそうさまでした。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/09/24 02:09

 「辺境の老騎士」に続き、異世界グルメもの。こちらも短編連作。
 「異世界居酒屋」で、説明書きには「異世界と繋がった居酒屋のぶでは~」とあったので、てっきり異世界とこの世界両方のお客が入り乱れて……というのを想像していたのですが、どうやらお客さんは異世界からやって来て、店員はこっちの世界から料理を提供、という図式のよう。

 居酒屋に集う人々を書く、というのも、「異世界」が付くだけでぐんと面白味が増します。
 居酒屋で提供しているメニューはこっちの世界から持ち込んだ完全なる和食で、でもお客さんみんな異世界人だから和食をすごい特別なものを扱うように見て食べる。その反応がいちいち面白いし、実に美味しそうに語られています。

 かなりライトに書かれていて、重さはないのですが、お客さん同士のトラブルを解決したり、悪者を懲らしめる勧善懲悪なお話もあったり、痛快で楽しいです。
 悪者候補までちゃっかりお客さんとして取り込んじゃう「居酒屋のぶ」も素敵。

 わたしも行きたい、居酒屋のぶ。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/08/18 09:01

おいしいものを食べたりそれが出てくる話を読むのがすきな人にはどんとおすすめしたい本
異世界設定がドイツあたりをモデルにした世界なので、外国の方が日本のごはんに出会ったら、こんな感じなんだろうな~と思った
(完全異世界ではないのでそこは反則だろ~w とも思うが、それでもおもしろいし、後々その設定が活きてくるやもしれん
国というのは人が集まってできるもので、その人びとには生活がある、というのも垣間見える
おいしいごはん、だいじ

評価3 投稿元:ブクログ

2015/01/24 14:02

【収録作品(お品書き)】おでんのじゃがいも/若鶏の唐揚げ/しのぶちゃんの特製ナポリタン/お嬢様の難題/はじめての海鮮丼/キスの日/闖入者/盗人/招かれざる客/親方喧嘩/中隊長の弱点/怪しい女/密偵とサラダ/【閑話】ふしぎの国のエーファ/仁義なき蒲焼き/中隊長の凱旋/トリアエズナマの秘密/老人と魚/北方三領邦会議之顛末/〆の鮭茶漬け

評価5 投稿元:ブクログ

2014/10/19 13:25

目次がおしながきレイアウトだけど各話タイトルが料理縛りじゃない。そこから内容を想像するのもまた楽し。
なぜか異世界につながった居酒屋の入り口から入ってくるお客さんに出されるのはトリアエズナマをはじめとしたお馴染みのメニュー。異世界側の住人にとっては今までに食べたこともないような味だったり調理方とはいえ素材は同じってところが物語の妙。差分がうまく使われている話ににやりとしたりほろっとしたり。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/06/14 15:07

最近はやりの異世界グルメもの。短編集で異世界人が居酒屋料理を食べてUMEEEEってストーリー。
楽しく読めましたが居酒屋から動かない分、物語りに広がりが無いかも。

コノテの異世界グルメを読んでていつも思うのですが、和食を食べたことの無い異世界人が初めて和食を食べ、全ての人が美味しいと思うのでしょうか?
少なくともバター系嫌いの私だったら、いきなり中世風な美味しいお店で初めて食べても、食べ慣れない味に拒否感は有ると思う。この話に関わらずの蛇足です。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/01/08 20:58

短編集なのでサラサラ読めて良かった。設定もおもしろいと思う。居酒屋が古都にあったら…確かに繁盛するだろうなー。読んでると居酒屋行きたくなるから困る。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/07/30 17:47

身近な食材や料理が、ところ変わればこんなにも魅力的になるのかと、唸りました。と同時に、この下地には、相当な量の知識があるのだなと、感服しきり。素晴らしい。中世ヨーロッパを思わせる異世界と繋がった居酒屋のお話ですが、そうそう、あれもこれも、なーんにもないんですよ。だからこそ、何気ない料理が輝いて見えるのかな。異世界×料理ものは初めてでしたが、本当に面白かったです。見え隠れする古都を取り巻く環境も、気になりました。しのぶちゃん、いいですね。続きも楽しみです。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/03/03 02:28

web版を読んではいたけど、お布施のような気持ちで購入。話の筋は基本web版と変わらないけど、幾つか話が追加されたりして変更された部分もあり全体的にまとまりがより良くなっていたのでこれはこれでOK。ただweb版もそうだったけど、読んでいるとお腹が空くのが難点。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/10/27 13:02

もともとネット小説として投稿されていた同名の作品を書籍化したものです。
「異世界ファンタジー」と「料理」という、一見結びつかない2つの要素を掛け合わせた作品です。
日本では当たり前な料理でも、異世界の人々にとっては想像もつかない美味しい料理。
そんな「異世界料理」を目当てに来店するお得意様たちが繰り広げる、小さな居酒屋でのお話です。

とにかく出てくる料理がどれもこれも美味しそう!
作中に出てくる「トリアエズナマ」を飲める年齢になってから読むと、一段と作品の魅力が増すかもしれません。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/12/09 14:11

出てくる料理がすべて美味しそう。常連さんもみんな素敵でとてもいい。もっとたくさんの話が読みたいです。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.