サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. アイネクライネナハトムジーク
アイネクライネナハトムジーク
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 462件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/23
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02629-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

アイネクライネナハトムジーク

著者 伊坂 幸太郎 (著)

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい...

もっと見る

アイネクライネナハトムジーク

1,512(税込)

アイネクライネナハトムジーク

1,210(税込)

アイネクライネナハトムジーク

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが作り出す、数々のサプライズ。【「BOOK」データベースの商品解説】

奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい。ごく普通の人たちが巻き起こす、小さな奇跡の物語。『パピルス』ほか連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

アイネクライネ 5−44
ライトヘビー 45−85
ドクメンタ 87−121

著者紹介

伊坂 幸太郎

略歴
〈伊坂幸太郎〉1971年千葉県生まれ。「オーデュボンの祈り」で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。「ゴールデンスランバー」で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

2015本屋大賞(その1)

ジュンク堂書店新潟店さん

それぞれの物語や登場人物がリンクして1つの大きな物語を作り上げていく。いつもの伊坂ワールドに違いないが、今回の作品はどこかおとなしい。毎度の大冒険はなくひねりも少ない。しかし、すべての短編を読了したら思わず納得させられる。特に著者の作品は初めてという方にオススメ!!

みんなのレビュー462件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

再読必至

2015/01/27 05:20

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

(珍しく)ギャングだの殺し屋だの死神だのが出てこないシンプルな伊坂さんでした笑。主人公が固定されてるわけでもないので今までにないタイプでしたが、ころころと視点や時間軸が変わっていくことで人物の関係が自分の中で「?」になっていくのもどこか心地よく、奇をてらわなくても伊坂節は健在ですので一安心。織田くんが陣内っぽくて既視感ちょいちょい重なる。 「出会い」がキーワードってことですが、ちなみに私のfirst contactは『陽気なギャングが地球を回す』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

過去と未来と

2016/06/20 14:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

過去と未来と、つながっていく感じ。
あの人の友達の過去や未来、そのこどもたち。

みんないろいろ影響受けたりして、おもしろいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短編集

2016/04/22 22:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さん初読みでした。とっても読みやすく面白かったです。ほんわかした恋愛小説でした。それぞれのお話がリンクしているところも良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

音楽と小説のコラボレーション

2016/04/21 07:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミュージシャンの斉藤和義さんが好きなので、小説とのコラボは、音楽の方が先でした。
ずいぶん遅くなってしまったけれど、そういえば伊坂さんの小説版読んでいなかった、と思い読んでみました。
連作短編集ですが、かなり構成が凝っていて、曲になったのは第一話。
百円で占いのような曲を聞かせてくれる「斉藤さん」が良かったのと殺人ものではなく、恋愛もの、親子ものであって安心して読めました。
この凝り方、伊坂さんらしいなぁ、と思いつつ、これ誰だっけ?になって後戻りすることしばしば。
伊坂さんの小説は会話文がとても上手いし、心砕いていると思います。
もっと女の子同士の会話というのは崩れていると思うのですがきちんとしていながら、リアリティがあります。

曲も好きだし、小説も巧く出来ていると今更ながら感心しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

銀行通帳通信

2015/10/29 04:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

かならず出て来る織田一真のようなキャラ。安心するわー。でしっかり者のの高校生女子。藤間さんの通帳通信、どうなったのかな。覗いてみたいな。まさか、通帳でやりとりできるなんて。この着眼点が一番ドラマチックかつロマンチック。接点なさそうで少しずつ絡んで来る話の運び方も好きだな。これといって大きな事件はないけれど、それぞれに少し意味あるエピソードがあって。わたしも、あの台詞で人助けしてみたい。はたして効果あるのかな??

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ちょっとした空き時間にオススメ

2016/01/23 17:02

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶっちー - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編小説の集まりなんですが、それぞれの物語に繋がりがあってとても面白かったです。通勤時間に読んでいたのですが、すらすらと読むことができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コラボ

2016/01/17 19:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫祟り - この投稿者のレビュー一覧を見る

斉藤和義とコラボ作品がやっと読めて嬉しかった
オークションとかだと万単位
ずっと読みたかった作品が発売した時は嬉しくて少し泣いた
読んでる時もずっと斉藤和義の唄が頭で流れた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悩みを俯瞰してみてみようかなと

2015/12/19 17:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さんらしさが全開でそのワールドを堪能した。(読んでいる間脳内をずっと井上涼さん作「アイネクライネ唐獅子ムジーク」のメロディがやたら楽し気にグルグルと回り困った)

困難な事柄が発生しそれがなかなか個人的には深刻だったりもするのだけど、どこか楽観的に軽やかに、でも真面目に解決の糸口を探す登場人物たちの姿に好感を持つ。

出来ることなら私も伊坂さんの文章のように軽やかに人生を歩いていけたらいいなーと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊坂テイストあふれる作品。

2015/09/25 17:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一篇一篇が独立していて、でも微妙に、話や人間関係、諸々の事柄がリンクしている。世界というのはこういう風に繋がっていくのかということを、一冊の本の中で楽しめるのが伊坂作品の醍醐味。そのいっぽうで一話一話の中にもしゃれた仕掛けやひねりが加えられていて、にやりとさせられたり驚かされたりする。言葉遊びの感覚が冴えているところやウィットがきいた部分もある。どの話がいいと具体的に書くことはしないが、全体を通して読んで、とても満足のいく一冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私は

2015/08/16 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:simple-project - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎さんの小説を読み続けています。私はこの作品も好きでした。小説ですからね。読者を楽しませてくれれば十分だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸せなコラボ♪

2015/05/06 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yamatami - この投稿者のレビュー一覧を見る

つい最近、斉藤さんとのコラボについて知ったばかりで、読みたい~!と思っていたので単行本化はとても嬉しかったです!
伊坂さんの恋愛の話はどこかかわいらしくてくすぐったいですね。

「アイネクライネ」
「ライトヘビー」
「ドクメンタ」
「ルックスライク」
「メイクアップ」
「ナハトムジーク」

どれもおもしろかったし、あるボクサーの試合を軸に、時系列をずらしながら、少しずつ繋っていく感じ、とてもよかったです。
ウインストン小野の試合、ラウンドボーイの行動に胸が熱くなりました。
そして最後の司会者がまさかの…!

「アイネクライネ」を読んで、斉藤さんは本当に素敵な人だと思いました。しっかり作品を読まれてあの曲を作られたんだなぁとわかる言葉選びでした…!

織田の「自分が好きになったのが、この女の子で良かった」のくだり、けっこういいこと言ってるよなぁと思います(笑)

「ライトヘビー」「ドクメンタ」が特に好きです

やさしいキャラクターが多くて安心して読めました。
人と人との繋がりに、日常の小さなサプライズに、人生何が転機になるかわからないというおかしみに、読後は心があたたかくなりました。
なんだかちょっとした勇気をもらえた気分です。

斉藤さん一回100円やってほしいなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/19 19:52

投稿元:ブクログ

連作短編。
普通の人の日常だが、やはりどこか変わったところを含んでいるのが、伊坂作品らしい。
独特のセリフ回しや発想が楽しく、読んでいて心地がいい。
何事もとんとん拍子とはいかないのに、不思議と気持ちが上向きに。
ほっこりとして、読後感もいい。

2015/06/03 21:19

投稿元:ブクログ

伊坂幸太郎って苦手だったけど、表紙の絵がかわいいなと思って図書館で予約した。トモフスキーだった。話はおもったより苦手じゃなかったけど、
最後のナハトムジークは難しすぎた。人も時もびゅんびゅんかわるから混乱した。

2015/07/21 18:08

投稿元:ブクログ

あとがきにもありましたが、殺人が出てこない珍しい(今のところ)作品。
伏線が回収されていく楽しさは二度読み必須です。
作中にでてきた斉藤さんはあの斉藤さんだった。

2015/08/27 16:38

投稿元:ブクログ

+++
ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL…。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが作り出す、数々のサプライズ。
+++

あとがきに書かれているように、初めの二編は、斉藤和義さんに「恋愛をテーマにしたアルバムを作るので、『出会い』にあたる曲の歌詞を書いてくれないか」と頼まれたのがきっかけだそうである。恋愛ものには興味のなかった著者だが、斉藤和義さんのファンだったので、引き受けることにしたのだとか。なので、このところの著者の作風とはいささか異なった物語になっている。だが当然伊坂さんである。主題が恋愛に関するあれこれだとしても、てんでに散らばっているように見えるパズルのピースを、最後にはきっちりしかるべきところにはめ込んで見せてくれるのである。場所を、時を、自在に行き来しながら、ある時は親子、またある時はかつての同級生、という風に、登場人物が次々と繋がっていくのは、見ていてぞくぞくする。そして油断していた最後の最後にまで、こんな人物が、と思わせる人がピースのひとつになっていて興奮する。恋愛に留まらず、広く愛と、そして勇気の物語と言っても間違いではないと思われる一冊である。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る