サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. NOヘイト! 出版の製造者責任を考える

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

NOヘイト! 出版の製造者責任を考える
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/30
  • 出版社: ころから
  • サイズ:18cm/142p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-907239-10-7
  • 国内送料無料

紙の本

NOヘイト! 出版の製造者責任を考える

著者 ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会 (編),加藤 直樹 (著),神原 元 (著),明戸 隆浩 (著)

「ヘイト本」をあふれさせているのは誰か? 2014年7月開催のシンポジウムから生まれた、業界内部からあえて出版の製造者責任を問う本。加藤直樹による出版業界におけるヘイト本...

もっと見る

NOヘイト! 出版の製造者責任を考える

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ヘイト本」をあふれさせているのは誰か? 2014年7月開催のシンポジウムから生まれた、業界内部からあえて出版の製造者責任を問う本。加藤直樹による出版業界におけるヘイト本の現状、書店員の声、識者の論評等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • この本を手にされた方へ
  • ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会 趣旨文
  • 第一章 現代の「八月三一日」に生きる私たち(加藤直樹)
  • 第二章 書店員は「ヘイト本」をどう見ているのか?
  • 第三章 出版業界の製造者責任

著者紹介

ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会

略歴
ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会
「嫌韓嫌中」に代表される、他国や他民族、マイノリティへの憎悪・偏見を煽る書籍の氾濫を危惧する出版関係者有志により2014年3月に結成。メンバーは規模の大小を問わず、さまざまな出版社の編集・営業・校閲、フリーランスの編集者やライター、書店員など約20名。排外主義を助長する出版社・出版業界の責任を業界内部から考えることをめざし、賛同者の募集、シンポジウムの開催、Facebookほか各種メディアによる発信に取り組む。
Facebookページ http://www.facebook.com/antifapublishing

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/14 11:49

投稿元:ブクログ

出た頃から気になっていた本。入手してみると、思っていたより小さい本だった。李信恵さんの『#鶴橋安寧―アンチ・ヘイト・クロニクル』を読んだあと、続けて読む。

「出版業界の製造者責任」についてのシンポをまとめた三章でとくに印象に残ったのは、1995年のオウム事件のときに、何を書いてもオウムからの反論がなく、書き放題の風潮のなかで「記事の裏をとるという最低限のタガが外れてしまった」という、かつて週刊誌記者をしていた人の話。

▼これが日本のマスメディア、特に週刊誌の質を落とすきっかけになったと思います。最近の週刊誌にも、すさまじい見出し文句が毎週並び、韓国や中国側の反論をあえて無視して、裏取りのない記事を書き連ねている。ヘイト本もこの流れのなかにあります。マスメディアが記事の作り方の基本に立ち返り、ジャーナリズムとしての体制をもう一度作りなおさないと、この現象はなくならないのではないか。…(略)… マスメディアが立ち止まって、きちんとした記事づくりに立ち返ることをわれわれが応援しなければ、この国の未来は厳しいと思います。(p.90)

この「タガがはずれた」ことは、四章の「ヘイトスピーチと法規制」のなかで、弁護士の神原元さんが述べている"知る権利の危機"につながっていると思える。

20世紀、マスメディアの発達により、それらメディアから大量に一方的に情報を流す「送り手」と、その情報の「受け手」である一般国民との分離が著しくなったために、表現の自由を捉えなおして、「表現の受け手の自由(聞く自由、読む自由、視る自由)を保障するためそれを「知る権利」と捉えることが必要になってきた」(『憲法 第三版』163頁)と、かつて憲法学の巨人・芦部信喜は述べた。

この「知る権利」に対して、メディアには正しい情報を提供する「責任」があると芦部は考えたのだ。だが、インターネットの普及が、「情報の受け手と送り手の分離」という状況を一変させた。そのことを神原さんは、「現代における「知る権利」の危機と出版関係者の責任」としてこう語る。

▼ネットに流通している情報は、その多くが発信元も分からないものであるという意味で、「情報」というよりは、「噂話」であり、都市伝説であり、フォークロアだといえる。しかるに、人々の活字離れが進み、アクセスが容易なインターネットに頼るようになると、人々の認識は、活字で得た「情報」より、インターネットで得た「噂話」に支配されるようになる。極端な人々は、「ネットで真実を知った」と考えはじめ、「メディアは真実を伝えていない」と憤り始める。(pp.115-116)

そして、戦前の状況と現代を比較して、煽る主体が「新聞」「ラジオ」から、「インターネット」に変わった点と、その新旧のメディアの関係をこう述べる。半藤一利と保阪正康の『そして、メディアは日本を戦争に導いた』を思い出させる。

▼第二次大戦当時、ラジオは、今のインターネットと同じく「新しいメディア」であり、新聞は「ラジオに負けじとばかり」競って号外を流し、戦争を煽ったことも忘れてはならない。当時の「新聞」と「ラジオ」の関係は、新出���後者が前者を圧迫しつつあったという意味で、今の「出版物」と「インターネット」と同じ関係にある。(p.117)

こうした批判に対して、リベラル派も売れる本を出すべき、それが言論には言論でという意味だろうと出版関係者からは言われるが、売れる本が正しい本ではない(それは市場原理を思想の世界に持ち込んだ仮説にすぎない)し、20世紀の現実から学んだことは「嘘もくり返せば人々は信じる」という事実なのだと神原さんはいう。さらに、「「思想」は左右いろいろあってよいが、自己の思想を支えるために、「虚偽の事実」を本に書くなと言っているのだ」(p.118)と神原さんは強調する。

この本の一章「現代の「八月三一日」に生きる私たち」は、『九月、東京の路上で』の著者、加藤直樹さんの講演をもとにまとめられている。加藤さんは、関東大震災の起こったあの九月一日の前日にいるのと同じ状況ではないかと問いかける。

▼関東大震災が起きたのは一九二三年九月一日でした。そして震災の混乱のなかで、朝鮮人虐殺が引き起こされた。なぜそんなことが起きてしまったのかについて、研究者たちがさまざまに分析しています。しかしそれは、起きてしまった後だから言える結果論にすぎません。つまり、一九二三年八月三一日に、明日、大地震が起きて、そのとき「朝鮮人が暴動を起こしている」との流言が広がって罪のない人たちが殺されるだろうと予測していた人は、一人もいないわけです。
 だとすると、私たちもまた、現代の「八月三一日」に生きていると考えなくてはいけない。それは地震ではなく、戦争がきっかけになるかもしれない。あるいは、われわれがいま思いもつかない別の何かかもしれない。…(略)…
 関東大震災の研究者たちは。震災時の流言と虐殺の背景に、それまでに朝鮮人への別紙や恐怖を煽ってきたメディアの問題があったことを指摘しています。私たちの生きる「八月三一日」のメディアの状況はどうでしょうか。(pp.36-37)

二章は、書店員へのアンケートをもとにした「書店員は「ヘイト本」をどう見ているのか?」で、本を仕入れ、読者に手渡す現場である書店で働く人たちの見た現状がおおよそうかがえる。私が日々うろうろする最寄りの本屋にも"ヘイト本"の類はそれなりに並んでいて、これを棚に並べる人はどんなことを感じているのだろうと思っていただけに、興味ぶかく読んだ。

裏取りをしないテキストがあふれ、虚偽の事実が書かれた本が出ている、それが現状。そのなかで自分にできることは…と、この小さい本を読みながら考える。

(2/9了)

2015/01/08 16:37

投稿元:ブクログ

 ヘイトスピーチをやる側、反対する側いったいどっちに分があるのだろうか。問題のある行為を批判するのに何ら抵抗がないとしたらまたそれはそれで新しい争いの種になる。

 確かに今の韓国、中国の日本に対する攻撃はひどいものであると同時にそれを受けるこの国のあり方もひどいと言われれば否定はできない。

 しかし、各々歴史的考えを主張するだけならばいつまでたっても先は見えない。かと言って過去の様に相手の言動を無条件に受け入れるのもどうだろうか。

 さあ、そうなればいったい何をどうやって解決していくことが正しいのか自分には判断が付きかねる。

 今現在の出版界での本の扱い方も平等ではなさそうだそして出版界伝家の宝刀の表現の自由のあり方も考え直すところに来ているのだろうか。

 難しい論点が多く複雑に絡んでいるのがこの問題でありそれを一つ一つ丁寧にほどく人がいないのもこの問題に拍車をかける要因なのだろう。

 問題は簡単ではない、しかし人類は常に難しい問題を抱えながら解決の糸口を見つけてきた。そして見つけようと努力している人たちも少なくはないという事もまた大切なことである。

2015/02/09 22:47

投稿元:ブクログ

ああいうのは脅迫でしかない。お前を殺すと手紙を出せば逮捕されてあたりまえで、在特会がそうならないのはどうしてなのかいまいちわからない。言論の自由がどうこういう次元の話ではない。

ヘイト本を流布してはならない、という主張には一理あると思う。いじめっ子は必ず群れる。言ってはいけないこと、やってはならないことも、みんなでやると怖くない。なんかやっていいことのように思えてくる。人間はそうやって何度となく世界をぶち壊してきたのだ。
ヘイト本の流布をとめても、差別や偏見はなくならないだろう。レイシストは胸をはって堂々といじめをするだろう。だがそれは世間の目から見て、痛々しく、後ろめたく、後ろ指を刺されるものであり続けなければならない。もしそうでない時代がやってきたら、この国は再び崖に近づくことになる。

2014/11/27 19:54

投稿元:ブクログ

これが第一歩だ。
ここから始めなければ。
出版関係者、書店関係者だけでなくみんなで考えないと、本当に日本は後戻りできないとこに行ってしまう。

2014/10/31 20:43

投稿元:ブクログ

ヘイトスピーチと排外主義に加担しない出版関係者の会
https://www.facebook.com/antifapublishing

ころからのPR(版元ドットコムのPR)
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-907239-10-7.html

2015/02/20 02:34

投稿元:ブクログ

 書店にあふれる「ヘイト本」。侮蔑的な暴言が躍る週刊誌の中吊り広告。これらの現状を憂う出版関係者が、あえて「製造者責任」を自らに問うた。編集したのは、さまざまな出版社の編集・営業・校閲、フリーの編集者やライター、書店員など約20名が集い、2014年に結成された会。

 折しも「特定宗教への冒涜」か「表現の自由」かが問われる情勢。会の趣旨文には、「出版を生業とする私たち自身が、ヘイト出版に異議を唱える上では葛藤もあります。しかし、だからこそ、『自分は加担しない』という個々人の表明に期待します。……『私たちの愛する書店という空間を、憎しみの言葉で溢れさせたくない』私たちはそう表明し、本を愛する多くの方々とともに、この問題と向き合いたいと願います」とある。

 「思考停止しないための一冊」として読みたい。(松ちゃん)

2015/01/29 05:34

投稿元:ブクログ

僕はヘイト・スピーチを憎む。実は,それほどヘイトの論者とそうでない人の議論をフォローしていない。しかし,僕がヘイトを憎むのは,その論拠の当否ではない(こう書くとヘイトの人からは無知と言われるのでしょうが)。ところがヘイトを売り物にせざるを得ない(確かに売れるようだし,とてもよく見かける)書店・出版社にとってはそうとばかりも言ってられないのだろう。その有志が集って作った本書は小さい本だけど,個々人の言葉から本の販売まで一つの大きな勇気を示していて,敬意を払わずにいられない。

2015/04/03 20:30

投稿元:ブクログ

野間易通の発言、嫌韓嫌中本ブームは「15年くらいかけて築き上げたカルチャー」、このことをしっかり認識しなくてはならない。これだけの隆盛に至った「保守」のしたたかさを甘くみるべきではない。

まず何が倫理的か探ることはもちろん重要だ。でもそれだけでは結局仲間内で確認するだけで終わってしまう。次にすべきはどうやったら変えられるかを考えること。リベラルの人間は本当に苦手だ。「金儲け」という意味じゃなく、消費者にいかにウケて、商品を通じたコミュニケーションができるかという意味でもっとビジネス思考を持たねば。この本では、ほんの芽が出ただけだ。

2016/04/29 07:17

投稿元:ブクログ

「ヘイト本」を放置できないと感じた出版社・書店の関係者たちによるシンポジウムの記録。講演会のテープ起こしがほとんどなので、内容はそれほど濃くはない。