サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/01
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:19cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02625-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

著者 吉村 昇洋 (著)

お粥は、身体を整える。人生を整える−。曹洞宗八屋山普門寺副住職であり、臨床心理士でもある著者が、自身の永平寺での修行生活の中でも、主に食事にまつわる行動を取り上げながら、...

もっと見る

心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

1,123(税込)

心が疲れたらお粥を食べなさい 豊かに食べ、丁寧に生きる禅の教え

ポイント :10pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お粥は、身体を整える。人生を整える−。曹洞宗八屋山普門寺副住職であり、臨床心理士でもある著者が、自身の永平寺での修行生活の中でも、主に食事にまつわる行動を取り上げながら、肌で感じたことや気づきを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉村 昇洋

略歴
〈吉村昇洋〉1977年広島県生まれ。曹洞宗八屋山普門寺副住職。臨床心理士。相愛大学非常勤講師。「食」を通して日常に活かせる禅仏教を伝える。著書に「週末禅僧ごはん」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/10/25 14:59

投稿元:ブクログ

臨床心理士でもある、比較的”若手”の住職による書籍。
”食”への関心が強く、修業時代から”作り手”としても経験の豊富な筆者。
本のタイトルに”粥”の文字があるが、”食”の欲望に憑りつかれた?ような紛れもない俗人である自分のような人間が、ついつい手に取って面白くも為になるお話を聞くことが出来るという、有り難い本だ。
と書くとふざけているようだが、”堅苦しくなく”、”色々な角度から関心が持てる”(色々な人に訴求しそうな)、しかもある程度実践的な(少しづつ試すことが出来る)ことが書かれている。
自分の意識の持ちようを改めて見直し、少し変えてみようかな、と思わせる。

2016/03/01 21:09

投稿元:ブクログ

2015年の話題をさらった『仏教思想のゼロポイント』の著者である魚川祐司氏が「こんなに分かりやすい言葉で書かれた仏教書は他にない」と、ベタ褒めしていた本書。

本書をキッカケに同じ著者の他の本も読んだが、確かに本書のレベルはちょっと抜きん出ている。ともすると、仏教とちょっと交わらなさそうな「食」。人間の食行動を通して禅仏教が説かれていて、フムフムと納得することばかり。

禅の神髄だけでなく、豆知識も豊富で、とにかく面白い。

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む