サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. きらきらひかる 改版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

きらきらひかる 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 1,191件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/13
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-133911-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

きらきらひかる 改版 (新潮文庫)

著者 江國 香織 (著)

私たちは十日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいである―。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな二人は全てを許し合って結婚した、...

もっと見る

きらきらひかる 改版 (新潮文庫)

497(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「きらきらひかる 改版」が含まれるセット商品

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

新潮文庫の100冊 2016 109巻セット

  • 税込価格:64,368596pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

私たちは十日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいである―。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな二人は全てを許し合って結婚した、筈だったのだが…。セックスレスの奇妙な夫婦関係から浮かび上る誠実、友情、そして恋愛とは?傷つき傷つけられながらも、愛することを止められない全ての人々に贈る、純度100%の恋愛小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

【紫式部文学賞(第2回)】笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな2人は全てを許し合って結婚した、筈だったのだが…。セックスレスの奇妙な夫婦関係から浮かび上る誠実、友情、そして恋愛とは? 純度100%の恋愛小説。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,191件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

何度も読み返してしまう小説です。

2005/11/04 23:08

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:豆丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう、十年以上前に出された本ですが。ちっとも古くならないんです。
アル中でちょっと不安定な笑子さんとゲイの睦月くんの結婚生活を淡々と描いた話。
素敵なエピソード満載で、一度読んでしまったら次からはどのページから初めてもいい。
そんな本なんです。
無駄だらけのような、無駄のない様な不思議な世界をぜひ体験してみてはいかがでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私のとっておき。

2004/01/24 02:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リンゴ好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は私のとっておきだ。

アル中の妻にホモの夫、その愛人(もちろん男)。
こんなフレーズに惹かれる?

江國香織さんの本に出会ったのはこれがはじめてで、きっかけは友達に薦められたからだった。
怪しい、と思った。だって、このフレーズ。胡散臭いし、どんな内容だかわかったもんじゃない。
だけど、当時高校生だった私はホント驚いて感動することとなった。
それまでいろんな本を読んできたと自負していたが、今までの本へ対するイメージがガラガラと音を立てて崩れる感じ。

江國さんの文章は軽やかでみずみずしくて、体から何かがすぅっと抜けていく。その『すぅ』っと抜けていくのはきっと切なさ。
笑子の、睦月の想いが心にしみこんでもどかしくて切なくなって涙がはらはらとこぼれた。
最初に感じた怪しさなんて微塵もなくて、疑ってしまったのが申し訳ないぐらい素敵な話だった。
悲しくて切なくて幸せな話。
日常のイライラや悲しみや、いろんな負の感情を心からなくすため、洗浄するために、私はこの本を何度でも読んでいる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大好きな一冊♪

2016/03/11 12:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nao - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな作家さんのひとりですが、その中でも一番好きな作品。何回読んでも気持ちや状況で違って感じる。切ないけど優しい。癖のある登場人物は、みんな愛すべきキャラクターでまたすぐ読み返したくなる。笑子や睦月や紺くんに会いたくなる。そんな一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

優しい人たちの話

2016/01/12 18:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

江國作品の人物はとそれぞれに完結している。そして互いに必要以上に介入しない。体温の低い中にたまに本音が出てきて驚く。アル中の妻とホモの夫。二人とも日常に適してない人物なのに一生懸命生きている。お互いがその存在を許しているから成り立つ世界。優しい人がたくさん出てきて童話の中に入ったような気持ちになる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人と人との関係

2015/08/10 09:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは何度となく読み返してしまう本の一つ。
相手を思うがあまり結局は少しずつ傷つけてしまっている。それは自分の希望を叶えるためのわがままではなく、相手の幸福を願うがためのもの。
ただその不器用さによってうまく伝わらない…
切なく、温かく、繊細な二人の心情に揺さぶられながらも心地よくその世界に浸りたくなり本を手に取る。好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何故か切なくて。

2004/07/22 02:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒカル - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は、薬師丸さんと、豊川さんの映画で観ました。
それぞれが、優しくて、繊細で、3人の関係が切なくて、涙が自然に頬をつたいました。そのあとに原作を読んでみて、映画よりももっと深くて、愛しさにこみ上げるものが止まりませんでした。
3人が幸せになるために、それぞれに苦悩して、でも思いやって、この3人だからこんな関係になるんじゃないかな。
個人的には紺くんが好きだけれど。
ちょっと不安定な気持ちでも誰かを愛したい人。
読んでみませんか?
大切な何かを見つけるために。
そして、チャンスがあったら、映画も観てみると面白いですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

せつなさ…を感じる世界

2003/04/26 15:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蒲公英 - この投稿者のレビュー一覧を見る

江国さんの作品は、全体に「せつない」と思う。
具体的に表現できない「せつなさ」を感じたい時に、特に「きらきらひかる」はお勧めの1冊です。

不器用だけど、他人を傷つけず自分が傷ついてしまう主人公をはじめとした登場人物たちに「優しさ」と「せつなさ」を感じてしまいます。
登場人物の誰も彼もが「優しい」のに、主人公をはじめとする「不器用」な人たちの生き方は「せつない」のです。

読後に感じたのは、「普通」に生きられる人たちが、「不器用」にしか生きられない人々を知らず知らずのうちに平然と傷つけているのかもしれない「せつなさ」でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんとも言えない思いになった

2003/03/31 15:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫乃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物の睦月の見方と笑子の見方で交互に進められていく話で、おもしろい書き方だなと思った。
普通ではない恋なのにこんな恋もありなのかなどいろいろと考えさせられる内容も多々…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人を本当に、すきになること

2002/11/29 14:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:長月衿菜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人を本気ですきになったこと、ありますか?
 奇妙な三角関係の、妻の笑子・夫の睦月・睦月とつきあう青年、紺。三人がそれぞれお互いを思いやり、人を愛することを教えてくれる。うまくいかない恋は辛いけど、自分の想いを犠牲にして相手の気持ちを思いやる。それでも好きでしょうがない。だからこそ、苦しい…。
 真剣な愛がつくりだす苦しみを抱える三人は、人を好きになるコトの本当の意味と、それ自体が切ないことに気づかせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

普通じゃない設定が普遍的に見えるのはさすが。

2002/03/25 13:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朱鷺  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 江国氏は後書きで「普通の恋愛小説を書きたかった」と書かれています。しかし、この小説の設定はかなり普通じゃないです。アル中の妻・笑子とゲイの睦月が交互に彼らの新婚生活(勿論、偽造結婚)と睦月の恋人・紺くんとの三角関係について語るお話。けれど、どろどろの修羅場シーンは皆無。あの江国文体でさらさらと物語りは進むのです。しかし、渦中の登場人物達はみな繊細過ぎ、そして我侭過ぎ、結局傷つけ合ってばかり…。
 前述の江国氏の「普通の恋愛小説」というのは、おそらく書いている恋愛の形はどうであっても(三角関係とか、ゲイとか)、それにひたむきに情熱を注ぐ人々は健気で可愛らしい、という意味だと思います。読めばすぐに分かると思います。
 江国氏の著作は沢山ありますが、これは比較的初期の作品。初々しいなあ、と感じます(でも未熟な感じはしません。さすが当時のベストセラー)。しかも、現在の江国作品より、飾り気がないぶん好印象です。氏の作品の中でもかなり高レベルな作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愛のかたち

2001/10/20 02:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずの - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この小説は何度も繰り返して読みました。何度読んでも、これは深い愛の物語で、笑子も睦月も紺も、それぞれが真剣に様々なかたちで愛を紡いでいるのだと思い、その真剣さに羨ましい想いを抱いてしまいます。客観的に見れば、ホモの夫、アルコール中毒の妻、夫の愛人(男性)の3人が幸せだなんて言えないかもしれません。けれど、3人とも自分に正直に生きているし、必死で自分の愛を守ろうとしているのです。誰かを思いやる気持ちは3人とも同じくらいに大きく、読んでいると時に悲しく切なくなります。その切なさが愛なのだと、私は思います。
 自分にとっての愛のかたちを問われているような気がする小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

純度の高いラブストーリー

2001/10/09 14:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずね - この投稿者のレビュー一覧を見る

『きらきらひかる』って全部ひらがなで柔らかい言葉。どんなお話だろう?と思って読んでみたら・・・

ホモで紺という愛人のいる夫 睦月とアル中で、情緒不安定な妻 笑子のお話だったのでびっくり。そして、夫の睦月がこれまた優しい。精神的に不安定な妻を見守り、とても包容力のある 善良な人です。

江國香織さんって初めて読んだんだけど細やかな所まで状況を 描写する人なんだなぁって思いました。でも、すらすら読めちゃいます。

奇数章は、笑子が、偶数章は睦月が語り手になって話が進んで行きます。そして、お互いの素性が お互いの両親に知れた時・・・2人はこのままでいたいのに周りは放っておいてくれない。 さて、この2人はどうなるのでしょうか?みなさん読んでくださいね。とても素敵なラブストーリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家族とは?〜新しい家族の形〜

2001/08/24 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いよっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アル中の女とホモの男、そしてその相手…。

 こうして活字にしてみると、本当に奇妙です。しかし、彼女が彼を思う心。彼が彼を思う心。彼が彼女を思う心。切ないほど伝わってくるのです。
 1組の男と女が婚姻届を提出し、生活を共にすることが家族なのでしょうか?家族って何?…ちょっと考えさせられた作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夫婦は親友

2008/07/05 09:39

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

きらきらひかる 江國香織 新潮文庫

 ホモの夫(医師)とアル中の妻、夫には男の恋人がいる。その設定で読み手は何に感動すればよいのだろうかと首をかしげながら読み進めました。これは作者自身の生活だろうか? 夫と妻が交互に自分の生活を語る形式となっています。異常な設定なのですが、夫婦も歳月を経ればお互いに男でも女でもなくなり、友だちになります。
 イメージとして主人公妻笑子(しょうこ)は、ぼっちゃり体型の丸顔だと思う。主人公笑子さんは最後に死んでしまうのかなあ(じっさいは違っていました。)笑子さんは勝手な人だと思う。トラブルを次々とつくっていく人だ。笑子の生い立ちとふたりの出会いの経過を知りたい。
「婚姻届を提出」という形をとるとお互いに権利や義務が発生する。当然お互いの両親もからんできてやっかいなことになる。しかし、婚姻届をださなければ気楽です。この本は42刷でよく売れている。戸籍の届けを出さない新しい夫婦関係の構築が支持されていると思う。
 作者にとってはハッピーエンドでも読者にとっては拍子抜けする最後でした。じーっと考えました。みんなが仲良しならそれでいいのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

淡々と

2005/10/02 01:16

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゅこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この話の一番の魅力はルーティーンワークにあるんじゃないかしら。愛と生活というのが共存している。愛の生活ではなくて愛と生活。
この中で夫はすごく掃除が好きな人としてでてきます。
妻は毎日シーツにアイロンをかける。
そういうルーティーンがあって、それ以外のことが起きると困惑するというか、起こった事実に何か恐れるというのではなくて、変化があったという事実に困惑するというかそういう二人の静かな普段の生活を思いながら読むのが好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る