サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. われわれが生きている現実 技術・芸術・修辞学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

われわれが生きている現実 技術・芸術・修辞学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/29
  • 出版社: 法政大学出版局
  • サイズ:20cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-588-01019-4
  • 国内送料無料

紙の本

われわれが生きている現実 技術・芸術・修辞学 (叢書・ウニベルシタス)

著者 ハンス・ブルーメンベルク (著),村井 則夫 (訳)

古今の哲学をはじめ神学や宗教学、美学など多様な分野を縦横に往き来し、大著をものした「知の巨人」ハンス・ブルーメンベルク。その思想と主題を凝縮した、入門として好適な論文集。...

もっと見る

われわれが生きている現実 技術・芸術・修辞学 (叢書・ウニベルシタス)

3,132(税込)

ポイント :29pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古今の哲学をはじめ神学や宗教学、美学など多様な分野を縦横に往き来し、大著をものした「知の巨人」ハンス・ブルーメンベルク。その思想と主題を凝縮した、入門として好適な論文集。【「TRC MARC」の商品解説】

小著でありながらその思想と主題を凝縮しているため、「知の巨人」の思考と独特の叙述に触れるのに格好の書。フッサールの『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』に基づいた「生活世界と技術化」、近代に芸術・技術が「創造的人間」の理念を産む経緯を辿った「自然の模倣」、修辞学を人間学的に解釈する「修辞学の現代的意義」のほか二本の小論と一編の講演からなる。【商品解説】

目次

  • 生活世界と技術化:現象学の観点より
  • 自然の模倣:創造的人間の理念とその前史
  • 修辞学の現代的意義:人間学的アプローチから
  • 言語状況と内在的詩学
  • パラダイム:文法的に

収録作品一覧

生活世界と技術化 1−60
自然の模倣 61−125
修辞学の現代的意義 127−173

著者紹介

ハンス・ブルーメンベルク

略歴
〈ハンス・ブルーメンベルク〉1920〜96年。キール大学で教授資格を取得。ハンブルク大学等で教鞭をとる。「詩学と解釈学」グループ(ギーセン)の創立メンバー。著書に「コペルニクス的宇宙の生成」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/04 00:59

投稿元:ブクログ

ブルーメンベルクの論文集。「生活世界と技術化」、「自然の模倣」、「修辞学の現代的意義」、「言語状況と内在的詩学」、「パラダイム」、「エルンスト・カッシーラーを讃えて」を収録。タイトルからも分かるように、本書で扱われているテーマは、フッサール以来の生活世界論と技術概念の関連、技術・芸術思想における「自然の模倣」というトポスの意味とその変容過程、哲学と対比される修辞学の主題の再解釈、詩解釈における言語の位置づけ、「パラダイム」という科学史のトポスに関する短論考、カッシーラーに引き寄せて学問史の意義を述べる…など、多様なテーマが縦横無尽に展開されている。ブルーメンベルクの思考をある程度見通しよくするには、「訳者解説」を先に読んだほうが良かったかもしれない。博覧強記もさることながら、古典的なトポスがどのように変容していったのかを現代の思想状況も踏まえながら綿密に記述している点がこの論文集の面白い点である。もちろん、古典的トポスが形成された時期にあっては、現代ほど学問の分化が進んでいるわけではないので、ブルーメンベルクの思想史を位置づけることが困難だと言われることもむべなるかなと思わせられる。

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む