サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. 2025年の巨大市場 インフラ老朽化が全産業のチャンスに変わる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

2025年の巨大市場 インフラ老朽化が全産業のチャンスに変わる
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/17
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8222-7495-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

2025年の巨大市場 インフラ老朽化が全産業のチャンスに変わる

著者 浅野 祐一 (著),木村 駿 (著)

魅力的な市場である社会インフラの老朽化対策。各種産業の取り組み事例を紹介し、社会インフラの老朽化という難題を解決する手掛かりを述べる。『日経コンストラクション』掲載を加筆...

もっと見る

2025年の巨大市場 インフラ老朽化が全産業のチャンスに変わる

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

2025年の巨大市場

1,944(税込)

2025年の巨大市場

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

魅力的な市場である社会インフラの老朽化対策。各種産業の取り組み事例を紹介し、社会インフラの老朽化という難題を解決する手掛かりを述べる。『日経コンストラクション』掲載を加筆・再編集し、書き下ろしを加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

浅野 祐一

略歴
〈浅野祐一〉1970年生まれ。『日経コンストラクション』副編集長。一級土木施工管理技士。
〈木村駿〉1981年生まれ。『日経コンストラクション』記者。国土交通省建設産業戦略的広報推進協議会アドバイザー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/22 19:06

投稿元:ブクログ

国内の維持管理の技術は海外展開の可能性うぃ秘める。但し、技術力は海外市場を獲得する武器になるが、それだけでの成功は困難。市場開拓には地道あ売りこみや実績の構築を要する。現地化していく覚悟が不可欠。維持管理や改修では、構造物の機能強化だけでなく新たな価値付加も有効になる。

2016/02/29 12:38

投稿元:ブクログ

日本の戦後復興や高度経済成長期に建設されたインフラの維持管理・補修が今後の大きなビジネス市場になるということを踏まえ、建設関連会社のみならず他業界からの参入の実例や可能性を紹介した内容。日経コンストラクションで紹介された話題を取りまとめたものである。これからの建設業界のあり方について考えるきっかけとなる。

2014/11/27 14:59

投稿元:ブクログ

2013年度に投資総額の3分の1だった維持管理・更新費は、2023年度には2分の1まで膨らむとあるが、IT産業同様に6割位まで膨らむのではないか?

建設・土木 ランキング

建設・土木のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む