サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コミックエッセイ
  4. 毎日かあさん 11 息子国外逃亡編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

毎日かあさん 11 息子国外逃亡編
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/07
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:23cm/78p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-77091-8
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

毎日かあさん 11 息子国外逃亡編

著者 西原 理恵子 (著)

【日本漫画家協会賞参議院議長賞(第40回)】【手塚治虫文化賞短編賞(第9回)】タイからの留学生、ポム君が我が家にやって来た。そして、息子の留学宣言で起こる大騒動! ますま...

もっと見る

毎日かあさん 11 息子国外逃亡編

905(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「毎日かあさん 11 息子国外逃亡編」が含まれるセット商品

毎日かあさん 13巻セット

毎日かあさん 13巻セット

商品説明

【日本漫画家協会賞参議院議長賞(第40回)】【手塚治虫文化賞短編賞(第9回)】タイからの留学生、ポム君が我が家にやって来た。そして、息子の留学宣言で起こる大騒動! ますます冴えるサイバラ節第11弾。『毎日新聞』連載に描き下ろしを加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西原 理恵子

略歴
〈西原理恵子〉1964年高知市生まれ。武蔵野美術大学卒。漫画家。「ぼくんち」で文藝春秋漫画賞、「上京ものがたり」「毎日かあさん」で手塚治虫文化賞短編賞受賞。他の作品に「いけちゃんとぼく」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ずるいぞサイバラ!

2015/10/29 21:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小市民 - この投稿者のレビュー一覧を見る

連載紙を購読しているから一度は読んだことがあるはずなのに、毎回、単行本の発売が予告されるとソワソワしてしまう・・・。
笑いあり涙あり、退屈しない1冊。
西原単独作品に共通することであるが、意識的に露悪的な書き方をしているけれど、その中に切ない話を入れてくる。
漆黒の中に真紅を入れると、両者が引き立つが、その組立こそがサイバラの真骨頂だろう。
二人の子供が巣立つとき、どのような展開になるのだろう・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

王道

2015/05/01 08:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:o2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞連載ということもあり西原理恵子作品のなかでは最も購読層が幅広いであろうシリーズ。ただ「らしさ」は失われずバランスが絶妙(もちろん掲載前にボツになることもあるようだけど)。1巻から読んでいくと子供たちの成長ぶりに長期連載なんだなと感じ入ります。ともかくお子さん二人ともネタにされつつもまっとうにそしてたくましく成長されておりあっぱれだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもたちの成長

2015/06/02 07:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもたちが小さかった頃の印象が強かったので、第11巻を読んだ当初は、少しつまらなく感じました。しかし、再読したら、いろいろと面白いところが出てきました。

子どもたちの人間関係の広がりは、面白さの一つです。留学生との交流はもちろん、お兄ちゃんが、絶交していた子と一年後にまた仲良くなっているのは、いいなと思いました。

他にも、味わい深いところが。「生きていれば、金で解決できないことが必ず出てくる。その時に役立つのが経験。だから、頭に経験を貯金する」という高須先生の言葉、いいですね。

第12巻の発売を楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/12 22:22

投稿元:ブクログ

10巻に引き続き、最後の描き下ろしでは涙が出たよ。

ずるいぞ、ばらっち!

って、なんか負けた気がするのは、初期の頃のマンガから長く見ているからでしょうか?ww

2015/02/13 04:59

投稿元:ブクログ

子どもが大きくなってくると、笑えるような失敗談は減ってくる。

男の子は急に走る(逃げる)・・・
「たった16年しか育ててないのに。」という言葉が印象的。

2015/02/13 16:40

投稿元:ブクログ

露悪的に描かれる身も蓋もない作者の姿と、しみじみとした「家族」(とくに「親子」)エピソードとのバランスが絶妙。子育ての力みがちょっと緩む。大丈夫、そんな気にされてしまう。

2014/11/03 22:04

投稿元:ブクログ

高校生男子のおバカっぷりに長年付き合ってきた身としては、ガンちゃんもついにこの年代になったか、いやーこういうのって結構身近でも見てるよ、となんだか嬉しくなってしまった(笑)。しかし、知ってる男子どもと彼との違いは、留学に行くことを自分で決めてしまった行動力だろうな。りえぞおと鴨ちゃんの息子だからこそ成せる業なのかどうか。ぴよ美ちゃんも随分なおしゃまさん(死語)になってしまって、今後は母親以上に大暴れしてくれるんじゃないかな。

2014/10/19 10:55

投稿元:ブクログ

子供の成長を嬉しく・さびしく思う気持ちが伝わってきました。

野放し育児法大成功? 私にはできないけど。

2015/02/15 20:25

投稿元:ブクログ

あのやんちゃなお兄ちゃんがなんと高校生になり、自分の意思で留学。大きくなって…大人になると時が止まるけど子どもの時間はどんどん進む。子どもでいるのは本当に短い時間なんだなぁ。

2014/10/10 13:26

投稿元:ブクログ

うわ~ん、もう何度読んでも泣いちゃうよ。最後に載ってる書き下ろし「息子急」、遠くに巣立った息子をお持ちの方は、誰もいない所でハンカチを用意して読まれるように。

高一のガンちゃんが、留学を思い立ち、短期集中豪雨的猛勉強で校内基準をクリアし、アメリカへと飛びたっていく顛末が描かれる。(「クリア」と思ったら、何と!という展開付き。この場面、母サイバラ子ガンちゃん二人とも潔くてお見事!)

サイバラ母さんは、突然の留学宣言にたまげつつも、家庭教師を探し、息子の好物炭水化物ゴハンをドバーッと作り、本人の必死の努力を見守っている。そのドタバタの日々の合間にもれる思いが身につまされる。
「自分のこと、自分で決める年になっちゃったんだなあ」「いっちゃうのかあ。やだなあ」「この子もう帰ってこないかもしれないなあ。たった16年しか育ててないのに」

そうなのだ。息子っていうのは、急に走り出してどっかへ行ってしまうのよ。思い返せば三年前の冬、受験生の息子から「ここを受けるから」と聞いたときの驚きたるやもう。「ほ、ほ、ほっかいどう~?」何でまたそんな遠く?二三時間で行ける所になんぼでも大学あるやんか。結構近場でも下宿していいよって言ってきたやん。… ま、結局反対はせず、思うようにさせて、無事合格もし、息子は遠い札幌へ行ってしまった。たった18年しか育ててないのに。

ガンちゃんはそれよりずーっと遠いアメリカだ。しかも高校生だ。さすが西原の息子だなあと思う。ご本人はさほど悩んでいないように書かれているが、有名漫画家の息子ということで、煩わしいことも少なくないだろう。海外留学は正解かもしれない。それを自分で決めたガンちゃんも、送り出したサイバラも立派です。

ちなみに我が家の場合、息子がいなくなってしばらくは、もうたまらなく寂しかったが、思いの外すぐ慣れてしまったのよ。洗濯物はどっと減り、買い物の量も半減以下、ゴハンの仕度は中年仕様で、あらまあラクチン。たまに帰ってくると、嬉しい反面、家事がどっと増えてちょっとめんどくさかったりして。それに遠いと思った北海道は、息子の入学を待っていたかのように就航したLCC(桃のやつね)のおかげで安く行けることもあり、かなり気軽に往復できる所だったのだ。入学以来しばしば行き来して、北海道を満喫している。親の方が。

2016/01/17 09:13

投稿元:ブクログ

急激に(精神的に)成長した息子。
本当は決して急激ではなくて、毎日毎日、1分1分の積み重ねなんだけどね、それを糧にしてグンと伸びる瞬間があるんだね。
悪態をつきつつ、子どもさんを100%受け止めているところ、すごいね!

さてさて留学へ旅立って行った息子さんは、これからどんな展開をみせてくれるんでしょうね?!

2014/10/15 22:33

投稿元:ブクログ

これはあかん
友達に是非! と教えられ購入
息子急
にやられました
ただいま高校三年生受験真っ盛りな息子を持つ私。
あかん。
息子と重なりすぎ…(ーー;)
年齢とか海外に行く、とかそんなんじゃなく
急に親離れが加速する。
そのあたりが、
親の気持ちが追いつかない
そんな思いが巧みに描かれていて
こんなん狡いわ

親としてはまだまだ未熟で、まだまだ教え足りないことが沢山あるように見えるのに
子供は親の手の平から飛び立ちたがる
今の私の気持ちを代弁してくれていました

ふんとに
こんなに汚い絵柄なのに
こんな母さんと息子なのに
凝縮された内容に ついでにこの絵柄が余計に自分と重なり
やられました…

2014/10/19 16:57

投稿元:ブクログ

毎回描き下ろしを面白く読んでいるけど、今回の「息子急」もよかったわ、涙がドバドバ出てしまった。息子君が留学したがっていることは知っていたけど、ちゃんと自分の意志で決めて、自分の足で歩いていけるようになっていたのね。最後の「この子もう帰ってこないかもしれないなぁ」のセリフにぐっときてしまって…ここで改めて、自分を育ててくれた親の気持ちがわかった気がした。実は子供といっしょに過ごす時間って、思っているよりあっという間なのかもしれないなと。本編で、「娘が私のワンピースを着て、それはもう同じ服と思えず」と、いつの間にか自分より背が伸びた子の成長を実感する瞬間。丁度今ウチもそんな時期なので、植物のようににょろにょろ背が伸び、私のお下がりを着こなす娘が誇らしくもあり、ちょっぴり寂しくもありなのだ。
とはいっても、やっぱり全体的にオバカ全開。若かりし頃、両サイド刈り上げヘアにしたお母さんに対し、お兄ちゃんの「お前北斗の拳の最初に出てくる悪人になっちゅうぞ」の一言には噴いた(笑)犬のぽん美さんも絶好調、「毎日が迷惑で楽しい」って言える環境がいいよな~。
ヤマザキマリ、コンドウアキによる代筆「毎日かあさん」もよかった~。お二人の個性が表れた「かあさん」、このページだけ作画がすっきりときれいです(笑)

2014/10/19 22:08

投稿元:ブクログ

毎日かあさんには泣かされ続けてきたけど、これは! どうせだいの母子家庭、モデルと考えてきましたが、そあかそろそろ子どもの巣立ちに備えなくてはな。こどもたちよ、遠くに飛んでけ!

2014/10/17 21:08

投稿元:ブクログ

赤ちゃんがいつの間にか成長して男の子になって
男の子がいつの間にか成長して息子になって
息子がいつの間にか成長して親離れを意識して

最後の「息子急」はもう涙しながら読んでしまった。

いつの間にか大きくなってしまった子供達への寂しさと愛が感じらる。
ハンカチ必須。

出産・育児エッセイ ランキング

出産・育児エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む