サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札(竹書房文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/20
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: 竹書房文庫
  • サイズ:15cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-8894-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (竹書房文庫)

著者 アラッシュ・アメル (脚本),小島 由記子 (ノベライズ編著)

26歳の若さで引退を発表したオスカー女優グレース・ケリーとモナコのプリンスとの“世紀の結婚”から6年―グレースは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で...

もっと見る

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (竹書房文庫)

713(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

26歳の若さで引退を発表したオスカー女優グレース・ケリーとモナコのプリンスとの“世紀の結婚”から6年―グレースは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が意見することを咎められ、夫のレーニエ大公からも控えめでいることを望まれる。そんなある日、グレースのもとにヒッチコック監督からハリウッド復帰の誘いを受ける。心動かされるグレースだったが、そのときモナコはフランスによって国家最大の危機に直面していた…。愛する家族を守るため、そして宮殿で見失っていた自分を取り戻すため、覚悟を決めたグレースは、自分にしかできない秘策を考え出すのだった…。【「BOOK」データベースの商品解説】

“世紀の結婚”から6年、モナコはフランスによって国家最大の危機に直面する。愛する家族を守るため、そして宮殿で見失っていた自分を取り戻すため、グレースは生涯一の“難役”に挑む−。2014年10月公開映画の小説版。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/08 00:24

投稿元:ブクログ

同タイトルの映画のノベライズ。
脚本家は海外の人ですが、それをもとに小説として書き上げたのは日本人(小島由記子)です。
なかなか面白かったですよ~。

映画はモナコ公国が危機に見舞われた1年に絞ってあるとか。
グレース・ケリーと聞いても若い人にはピンと来ないので、女優としてのキャリアやモナコ公妃になったいきさつなど、史実を書き足したそうです。

アメリカ南部の裕福な家に生まれ育ち、気品ある美人女優として着々とキャリアを積んだグレース。
26歳でモナコ王であるレーニエ大公と結婚したのは、シンデレラ・ストーリーともてはやされました。
美しい妃は外交官という意味でも人気者。
ただし、内実は幸せだったかどうかには前から疑問も‥
英国のダイアナ妃ほど夫婦関係は破綻していなかったようですが‥
奇しくも交通事故で命を落としていることが思い出されました。

モナコはとても小さな国なので、玉の輿というほどではないという説も聞いたことがあります。
生家は祖父が煉瓦工から始めて一代で起こした家なので、上流階級というわけではなかったのですね。父親はオリンピックで金メダルを取った有名人、母親は大学の体育の講師という当時としては珍しいキャリアウーマン。
他の兄弟のほうがスポーツに秀でていたため、一番期待されていなかったグレース。
婚約発表の後に、母親が暴露記事を提供したというのには驚きました。

レーニエ公は両親が早く離婚しているので、寂しい子供時代に共感したのも心が通いあった理由だったそう。
そのせいか、子供はのびのび育てたいと甘やかしすぎだったとか。

フランスのド・ゴール大統領の時代に、モナコは独立も危ぶまれる危機に。
グレースは覚悟を決めて改めてお妃教育を受け直し、サミットを開催、赤十字のパーティでもせつせつたる演説を行います。
王子様と恋に落ち、思いやりを持ってまわりを見るようになった、世界をよくしたいと心から願う、軍隊を持たずたとえ侵攻されても抵抗することはせずここにいるだけだが、愛の力を信じる、と。

映画女優としての復帰の話もあったけれど、それはならなかったが‥
公妃という決して楽ではない大きな役を演じこなした生涯だったのですね。

2014/10/18 18:04

投稿元:ブクログ

女の決断!
カッコイイ。
自分の人生とは何なのか。
自分のしたいことをすれば満たされるのか。
家族の為、国民の為に何ができるのか。
迷い、考え、努力した結果の行動が吉と出た。
---
26歳の若さで引退を発表したオスカー女優グレース・ケリーとモナコのプリンスとの”世紀の結婚”から6年--グレースは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が意見をすることを咎められ、夫のレーニエ大公からも控えめでいることを望まれる。そんなある日、グレースの元にヒッチコック監督からハリウッド復帰の誘いを受ける。心動かされるグレースだったが、そのときモナコはフランスによって国家最大の危機に直面していた……。愛する家族を守るため、そして宮殿で見失っていた自分を取り戻すため、覚悟を決めたグレースは、自分にしかできない秘策を考え出すのだった……。

2014/11/06 09:56

投稿元:ブクログ

グレース・ケリーに関しての記述は半分以下でないかと思う。本人のことだけ、というわけにはいかないのはわかるけど、それでも、もっとケリーについて書いてほしかった。公人のプライバシーに対しての配慮の無さは悲しくなる。

竹書房文庫 ランキング

竹書房文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む