サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 小野寺の弟・小野寺の姉

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

小野寺の弟・小野寺の姉(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/20
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-42251-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

小野寺の弟・小野寺の姉 (幻冬舎文庫)

著者 西田 征史 (著)

早くに両親を亡くし一軒家でずっと一緒に暮らす、小野寺進(33)と小野寺より子(40)。お互いのことを心から思いやるあまり、不器用な言動ばかり出てしまう。ある日、そんな二人...

もっと見る

小野寺の弟・小野寺の姉 (幻冬舎文庫)

583(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

小野寺の弟・小野寺の姉

554(税込)

小野寺の弟・小野寺の姉

ポイント :5pt / 紙の本より29おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

早くに両親を亡くし一軒家でずっと一緒に暮らす、小野寺進(33)と小野寺より子(40)。お互いのことを心から思いやるあまり、不器用な言動ばかり出てしまう。ある日、そんな二人の元に誤配送の郵便が届く。その手紙を契機に弟と姉それぞれの恋と人生が動き始める。最注目のクリエイターが描き出す“ありがとうの香り”に包まれた、笑顔と涙の“姉弟の物語”。【「BOOK」データベースの商品解説】

早くに両親を亡くし一軒家でずっと一緒に暮らす、小野寺進(33)と小野寺より子(40)。誤配送された手紙を契機に弟と姉それぞれの恋と人生が動き始める。2014年10月公開の同名映画の原作。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店郡山店

これは映画もおもしろいはず!!

ジュンク堂書店郡山店さん

33歳の弟と40歳の姉、二人きりの生活がこんなにも羨ましいなんて。毎日の何気ない会話の中から、普段は素っ気ない弟の姉を思いやる気持ちが伝わってきて、日常が暖かくて素敵なんです。特に姉のより子大好きです。真面目で一生懸命で弟のことを心配して支え続けているのに、いざ自分のことになると不器用になってしまう、そんな姿がいじらしくて・・・。誰よりも幸せになってほしいと思うのですが、弟と二人で生活している今がとても幸せにも思えるのです。

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ほんわかしてるけど読みやすい

2016/01/17 17:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を観る前に読みました。ほんわかした感じで、でもテンポも程よくあってするすると読めました。
そのあとに映画を見るとまた、読み返したくなる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い

2015/08/30 14:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ここ - この投稿者のレビュー一覧を見る

電車の中でクスッと笑ってしまいました。ほのぼのとした内容で読んでいて、この兄弟に親近感が湧きました。映像ではどのようになっているのか、映画も観てみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほのぼのする本

2015/03/26 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:betty - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビで映画予告のCMが印象的で面白そうだとおもったので試しに購入してみました。
とてもおもしろいのでスラスラと読むことができます。
弟と姉の会話もツボに入って面白い。。。
こんな弟姉の関係って素敵だなーとおもわせてくれる本です。
個性豊かなキャラクターばかりなのでとても楽しく最後まで読むことができました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/18 20:25

投稿元:ブクログ

ハッピーエンドを期待していた(恋の)
思った以上の姉弟愛に最後は涙腺を刺激され。

ベタベタしない感がいいし、結局はお互いを大事にしている感じも良い。

早くお姉ちゃんに幸せになってほしい。そしたら弟もね。

思い出してもちょっと涙が出てくる。

2016/05/15 00:03

投稿元:ブクログ

なんて素敵な姉弟なんでしょう!
心の中では、
やっぱり相手の気に入らない部分がどこかにあるんだけど、
やっぱりお互いにお互いを思いやっていて。
姉弟なのに、性格は真逆なんだけど
その真逆さがなんとも絶妙なコンビネーション!
映画も見逃してしまったので、
いつか見たいな。

2014/12/03 08:45

投稿元:ブクログ

映画のキャストが頭の中で演技してくれたのでサクサク読めた。感動もどんでん返しもないけど映画は見てみたいなと思った。
私も弟が二人いるんだが、ここまでべったりだとやだなと思った。

2014/11/07 20:33

投稿元:ブクログ

映画を観る前にと手に取りました。

姉弟の不器用ながらもお互いを思いやる気持ちが、歯がゆいながらも心地よい。
共依存にも思われますが、たった二人の家族だからこその繋がりであり距離感なのかなぁと。
途中尻切れトンボの部分もありますが、最後のプレゼントにはホロッとさせられました。

2015/07/14 17:17

投稿元:ブクログ

するするっと読めてしまった。
映画を観た後なので、すんなり映画のキャスティングが脳内に再現したまま読めました。

ただ、まぁこの手の風変わりな生活ほっこり系、はエンディングが難しいですね。
強烈に印象に残るエンディングにすると、ストーリー全体のバランスを崩してしまうことになりがちなので…。

あっさり読めた分、たぶん3ヶ月後ぐらいにはストーリーあちこち忘れてるだろうなーと思います。
それぐらい、あっさり、さっぱり(笑)

2014/12/11 19:04

投稿元:ブクログ

幼い頃に両親を亡くし、少し年の離れた姉と弟の2人で生きてきた小野寺姉弟。
真っ直ぐなおかっぱ頭がトレードマークの姉・より子は、目覚ましがなる前に目が覚めてしまう様なキッチリとした性格に対し、ボサボサ頭の弟・進は、とてもマイペース。全く正反対な2人だけど、お互いもういい年なのに、恋人も出来ず、不器用なところは同じ。そんな姉弟の温かな絆の物語。


映画は観てないけど、番宣が気になってたので、読了。はいりさんと向井君が脳内で演技してくれるみたいに、本当にぴったりな配役だと思いました。特により子が花やしきではしゃぐ姿が目に浮かぶ!憎めないキャラクターのより子にクスッとさせられつつ、親と子とはまた違った、ちょっと気恥ずかしくてくすぐったい温かな家族愛。ホッコリしました。

2014/11/29 21:23

投稿元:ブクログ

この話は片桐はいりさんありきで書かれたものなのか、そうでないのか。
その辺りは私は知りませんが、はいりさんにとてもあってる役だと思いました。

でも、最初の頃の花やしきの話とかとてもよくて、このままいけー!と思っていたのに、だんだんと姉にとって切ない思い出や切ない思いが増えてきて、なんかさみしくなっちゃいました。

切ない感じもいいんだけど、もっともっと明るいだけと話も読みたかった。

2016/07/14 14:57

投稿元:ブクログ

両親を早くに亡くして親代わりとしても弟を育ててきた40代の姉と、そんな姉に悪態をつきながらも本当は感謝しているちょっと変わり者である30代の弟。
お互いへの愛情がさらりとしていて可愛らしくて、二人で暮らす生活ぶりはとてもほのぼのしている。
「給料前だからすき焼きなんて贅沢!水炊きよ!」とか、クリスマスの雰囲気が苦手で避け合うところとか、畳の下貯金の理由とか。
何となく負い目があって二人揃って婚期を逃していたり、恋愛に臆病になっているところは切ないけれど、何てことない日々の中にちょっとした出逢いやときめきがあったり、その陰に涙があったりする少しの痛みの加減が、個人的にはすごく好きな感じだった。
二人の周りにいる人々もものすごく普通なのに面白くて、自分の知り合いにもいそうなリアリティーが。

いい歳した姉弟がずっと二人で暮らしてていいの?大丈夫?
と、周りは言いそうな気がするけれど、この二人を見ていると、まぁそれもけっこう幸せなんじゃない?と思えてしまう。
この暮らしが変わるのはもしかしたら二人が同時に変わる瞬間なのかも。

映画の方の弟役が向井理ってイケメン過ぎじゃ?と最初思ったけど、読んでいくうちそんなに悪くないかも、と思った。
よーく見るとけっこうイケメンなのになぜかイケてなくて冴えない、みたいな感じならなかなかはまってそう。笑
そんなわけで映画も観てみたくなった。

不器用なのが見ていてもどかしいけれど変わって欲しくないとも思う感じ、現実の日々でもあったりする、と思った。

2015/08/10 23:13

投稿元:ブクログ

ついついプッと吹き出してしまいそうになる楽しさ。
映画を先に見ていてすっかりファンになり、小説も買ったのはいいけどやっと読了。
弟思いの姉と姉思いの弟の話し。

2014/10/24 20:15

投稿元:ブクログ

大切な人。
大切にする人。
大切にしたい人。

大切だった人。
大切にした人。
大切にしたいと思った人。

2014/10/30 21:56

投稿元:ブクログ

小野寺姉弟いいなぁ。
姉が母代わり、みたいな本は結構あるけれど、本作の空気感は絶妙。
母じゃなくてきちんと姉なんだもん。弟は小野寺の弟だし。
共依存?いや、姉弟。だから良いじゃない。幸せになってほしいと心から思ってあげられる相手がいるって素晴らしいもの。

うちは姉がいるけれど、ここ数年まもとに顔を合わせたこともないし、お喋りすることもない。その事をなんとも思ってないし、交流したい!(笑)とも特に思わなし。
仲の良い兄弟なら、それぞれ読んでこそばゆい気持ちになったりするのだろうか。

2015/05/12 13:44

投稿元:ブクログ

映画を見た後で原作を読了。
平凡な日常生活の中で、お互いがお互いを大切に思いあう
姉と弟のほっこりとする話し。
特に何が起こるというわけでも無く、日々の生活を
淡々とおくるの中で起こる、姉と弟の時に笑い時に
しんみりとする話しは、読んでいて心地よかった。

幻冬舎文庫 ランキング

幻冬舎文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む