サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

使える経営学
使える経営学 使える経営学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/24
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:19cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-50262-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

使える経営学

著者 杉野 幹人 (著)

アンラーニングによって固定観念をリセットできると、問題の解決策に辿り着くための「考え抜く力」が高まる。アンラーニングという考え方に則して、ビジネスの実務に役立つ経営学の研...

もっと見る

使える経営学

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

使える経営学

1,382(税込)

使える経営学

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アンラーニングによって固定観念をリセットできると、問題の解決策に辿り着くための「考え抜く力」が高まる。アンラーニングという考え方に則して、ビジネスの実務に役立つ経営学の研究成果と、その成果を「使う」方法を解説。【「TRC MARC」の商品解説】

「役割」「選択肢」「条件」「関係性」=アンラーニングの4つの型、
吸収能力(absorptive capacity)、粘着する知識(sticky knowledge)、
ソーシャルサイド・クリエイティビティ、ユーザーイノベーション、
ダイバーシティの罠・・・・・・

固定観念をリセットし、考え抜く力を身をつける

「コア事業への集中と選択が必要だ・・・・・・」
「ダイバーシティは高めるべきだ・・・・・・」
「ベストプラクティスは万能だ・・・・・」
その通説は本当に正しいのか?

アンラーニングによって、「固定観念=思い込み」をリセットできると、
問題の解決策に辿り着くための「思考持久力=考え抜く力」が高まります。

<主な内容>
第1章 「経営学は役に立たない」と言われている
 MBA修了者の平均年俸は高い
 経営学でノーベル賞を与えられた「限定合理性」
第2章 なぜ「経営学は役に立たない」と言われるのか
 第一の理由:抽象的である
 第二の理由:現実に当てはまらない
第3章 経営学は役に立つ
 和光堂:粉ミルクでトップシェア獲得の大逆転劇
 経営学はアンラーニングを助ける
第4章 経営学による「役割」のアンラーニング:吸収能力(absorptive capacity)とは何か
 成果を生み出さない研究開発部門は潰すべきか
 ドコモの吸収能力にまつわる失敗と成功
 インテルのシナリオプランニングの凄さ
 ダイバーシティの罠に囚われてはいけない
 オリジン弁当の出店戦略の着眼
 イノベーターのジレンマによるアンラーニング
第5章 経営学による「選択肢」のアンラーニング:粘着する知識(sticky knowledge)とは何か
 ベストプラクティスは万能薬か
 ユーザーイノベーションの論理とは何か
 DJ用ターンテーブルと無印良品の共通点
第6章 経営学による「条件」のアンラーニング:ソーシャルサイド・クリエイティビティ(social side of creativity)とは何か
 アイディア出しを社内エリートに任せるべきか
 「探検系ラーニング」と「改善系ラーニング」
 モデレーター変数を使えるツールもある
第7章 経営学による「関係性」のアンラーニング:多角化(diversification)は業績を悪化させるか
 コア事業への集中は業績を高めるか
 擬似相関という論理の落とし穴
 ドコモの多角化は間違いだったのか
 CSRは業績向上につながるのか
第8章 経営学は使い方次第 
 アンラーニングは「思考持久力」を鍛える
 経営学は「問題」を提供できない
 実務家と経営学者のまじわり
【商品解説】

目次

  • 第1章 「経営学は役に立たない」と言われている
  •  MBA修了者の平均年俸は高い
  •  そもそも経営学とは何か
  •  経営学でノーベル賞を与えられた「限定合理性」
  • 第2章 なぜ「経営学は役に立たない」と言われるのか
  •  「経営学は役に立たない」と言われる第一の理由:抽象的である
  •  「経営学は役に立たない」と言われる第二の理由:現実に当てはまらない
  • 第3章 経営学は役に立つ
  •  和光堂:粉ミルクでトップシェア獲得の大逆転劇
  •  経営学による四つのアンラーニング

著者紹介

杉野 幹人

略歴
〈杉野幹人〉早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程修了。A.T.カーニーマネージャー、東京農工大学工学部特任教授。博士(商学)。著書に「会社を変える会議の力」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2015/01/27 06:05

投稿元:ブクログ

Amazonでもブクログでも評価は高めだが個人的にはそんなに。

「アンラーニングしろ!」と繰り返してる部分が非常に多く、読み飛ばしたところが多かった。

アンラーニング
自分の経験からくる持論を捨てて、新たな視点で物事を見ましょう。
というのはわかるけど、

その主張を除けば、ありがちな事例紹介で、事例自体もそんなに印象に残るものがなかった。

2014/10/28 00:08

投稿元:ブクログ

経営学ってじつはどう役に立つのかわかりにくい。というか、権威主義のかたまりみたいで、抵抗感がある人も多い。
この本はそんな経営学を外資系コンサルが議論していて面白い。
で、結論も、経営学は役に立たないと批判するのかと思ったら、経営学は役に立つというから意外で面白い。

経営学は実務家の固定観念を打ち砕くのに使うべきというのが本書の提案。
だから、経営の常識に逆説的な研究成果が、外資系コンサルの実務家視点で選ばれて紹介されている。

実務とアカデミックのバランスがよく、読んでいてページが進んであっという間に読み終わった。

2014/11/19 11:21

投稿元:ブクログ

あっという間に読み切った。経営学部出身者として、恥ずかしながら、「経営学って本当に学ぶ価値があるの?」「経営学って役に立つの?」という問いに答えられない自分がいた。就職活動をしていた数年前からその問いに自信をもって答えている理系出身者が少し羨ましかった。この本は、経営学部出身者にこそ、読んでほしい。経営学は経営における思い込みを防いでゼロベースで考えて働けるようになるためにあるというのが、この本の主張。その点からこれまでのキャリアを考えると、びっくりするほど腹落ちする。なんか自分のキャリアを冷静に見つめなおせた。

2014/11/09 10:22

投稿元:ブクログ

新宿紀伊國屋書店の1Fで赤い表紙で目立っているので自己啓発本かと思ったら、最近興味がある経営学本だったので購入。外資系コンサルタントで経営学の博士の著者が経営実務と学術研究の双方の視点から経営学を議論している。結論を言えばとても珍しい本でとても面白い本だった。そのテーマはひとことで言えば、経営学は本当に使えるのか?だろう。これは珍しいテーマだと思った。これは経営学に否定的な実務家はハナから使えないと切り捨て、肯定的な実務家は経営学を権威として否定が許されない宗教のように扱う。どちらも建設的な態度ではない。そして、研究者も経営学が使えると言っててもなぜ使えるのかを説明できていないポジショントークが多い。そのように、経営学は本当に使えるのか?という論点は、あまり中立的に議論されていなかったところを、本書は切り込んでいてユニークだ。そして、中身は経営学の理論と実務の事例のバランスがよく、とても読みやすい。アンラーニングというコンセプトはこれまでに聞いたことがなかったけど、とても気に入った。

2014/11/07 00:06

投稿元:ブクログ

経営学ってきっと必要だけど、でも本当に必要なんだろうか?という素朴な疑問に答えてくれる本。この本読んだら、経営学についてもっと知りたいと思えた。

2015/12/11 15:27

投稿元:ブクログ

アカデミックな世界における経営学者としての顔と、実務の世界における経営コンサルタントとしての顔を併せ持つ著者が、一般に「実務では使えない」とされる経営学の理論について、既存のフレームや世界観に囚われることなく、新たな観点から問題を深く考えることができる「アンラーニング」という効果こそが、実務における経営学のメリットであるということを提示する。

著者によれば、実務における経営学の利用方法としては、新しい問題を解決する側面において、大きく3つの手法が存在するとされる。

①既存の問題解決方法が有効でない場合、経営学の理論が新たな問題解決の仮説の一部やその仮説構築の観点を提供してくれる
②既存の問題解決方法を短絡的に引っ張り出してきて、強引な問題解決をしようとしてしまう傾向にストップをかけ、他の解決策やその仮説に目を向けさせてくれる
③既存の問題解決方法と経営学の理論による問題解決方法の両方を、いつでも引き出せるストックとして頭の中に蓄積し、自由に問題解決の仮説を検討することができる

いわば①の状態は経営学の理論が直接的に役に立つのに対して、②と③の状態は、短絡的な思考を食い止める、もしくは新たな思考の手がかりとなるという点で間接的に役に立つ方法論である。この②・③こそが、経営学の「アンラーニング」という概念に該当する。

では、具体的にどのような場面でこの「アンラーニング」、つまり固定観念のリセットと問題にゼロベースで向かい合う力が身につくのか。
その観点として、著者が提示するのは4つの「アンラーニング」である。

1.役割のアンラーニング:ある手段が、事前に想定されている目的に対する役割とは別に、見落としてしまっている別の目的に対する役割を実は果たしているということに気づくことができる
2.選択肢のアンラーニング:ある目的を果たすための役割が、事前に想定されているある役割とは別に複数存在していることに気づくことができる
3.条件のアンラーニング:ある手段と目的との関係において、実はそのセットが機能するための条件が隠れていることに気づくことができる
4.関係性のアンラーニング:ある手段と目的との関係において、「隠れた第三因子」がその論理の前提になっていることに気づくことができる

これら4つの「アンラーニング」のそれぞれについて、企業活動においてよく陥りがちな通説的思考(例:特許や新製品開発に役立つ技術を生み出せない研究開発部門は無意味である、受け手のやる気さえあればベストプラクティスの組織間移転は成功する、企業内部の社員の活動こそがイノベーションを生み出す、経営陣のコミュニケーションは多くあるべきである、等)を明らかにした上で、どのような最新経営学の理論が、これらの「アンラーニング」を促進するのかを、豊富な事例と共に解説される。

なかなかなじみのない最新の経営学研究の一端に触れることができると共に、それらを実務に生かす方法論が明確にまとめられており、経営学に興味のある実務家にとっては有益な一冊。

2014/10/25 20:54

投稿元:ブクログ

モヤモヤが晴れる。G型だとかL型だとかで、学問が実務家からバカにされているが、こういう論はあるよなという感じ。経営学を勉強したくなる。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む