サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ジャパン・クライシス ハイパーインフレがこの国を滅ぼす

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ジャパン・クライシス ハイパーインフレがこの国を滅ぼす
ジャパン・クライシス ハイパーインフレがこの国を滅ぼす ジャパン・クライシス ハイパーインフレがこの国を滅ぼす
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/16
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:19cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-86433-8
  • 国内送料無料

紙の本

ジャパン・クライシス ハイパーインフレがこの国を滅ぼす

著者 橋爪 大三郎 (著),小林 慶一郎 (著)

このまま政府の借金が増え続けると、ハイパーインフレという大破局が引き起こされてしまう。これを回避するには、どうすればいいのか? 気鋭の経済学者と憂国の社会学者が、「破局回...

もっと見る

ジャパン・クライシス ハイパーインフレがこの国を滅ぼす

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

このまま政府の借金が増え続けると、ハイパーインフレという大破局が引き起こされてしまう。これを回避するには、どうすればいいのか? 気鋭の経済学者と憂国の社会学者が、「破局回避のための改革プラン」を提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

橋爪 大三郎

略歴
〈橋爪大三郎〉1948年神奈川県生まれ。社会学者。東京工業大学名誉教授。著書に「国家緊急権」など。
〈小林慶一郎〉1966年兵庫県生まれ。経済学者。慶應義塾大学経済学部教授。著書に「逃避の代償」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/02 08:29

投稿元:ブクログ

戦後 軍票は紙くず化 国債は償還されたが、物価が何百倍になるインフレがおき、実質上国債は紙くず同然となった

日本経済はいつハイパーインフレになってもおかしくない状況
国債借り換えと税収の不足を補うため、政府は毎年160兆円の国債を発行。これをすべて日銀がひきうければ、悪性のインフレとなる

年金をギリギリまで支えつづけて、財政と一蓮托生となり、政府と年金が同時に破綻するというのが一番ありうるシナリオ

社会保障給付費と国債償還費等を含めると特別会計の合計は195兆 一般会計は97兆

現代版の撤退ができるか

2020年代 日本の金融機関は国債を買い支える力を失っている 国債総額が2020年代に国民の総預金総額を上回る

2013/4から2015/3までの2年間で、マネーサプライを2倍にし、インフレを2%にする

日本国債の9割以上を日本人がもっているから、海外の金融機関に影響がでることはまずない

日本の経常収支が大幅な赤字→各付機関が日本の国債を格下げ→外国人投資家が国債を売却→国債の金利が上昇→日銀が国債を購入→通貨供給量増加→インフレ

2%インフレが実現した場合、同時に協力な財政改革がない限り出口はない

1923年 ドイツでおきたハイパーインフレ 最初は一時景気がよくなった

増税ですこしづつ債務を返すか、ハイパーインフレで一気に預貯金をはきだすか?

財政再建の場合、政治プロセスを踏んで、税金を払い続けるので、我慢のしようがある。これに対してハイパーインフレは、堅実な生活をしていた人から有無をいわさず財産をとりあげ、刹那的な生活をしていた人に分け与えるという不公正がおきる。また、ハイパーインフレは国民生活や社会を根本から破壊する。、したがって、長い時間をかけて財政再建をしたほうが、はるかに合理性が高い

ハイパーインフレ 賃金が1/10になることで、人件費の安い中国と渡り合えるようになる

消費税35% GDPに対する公的債務の残高を100年下けて220%から60%に下げる

ハイパーインフレ 預貯金を持っている人だけが狙い撃ちされる 不動産をもっているひとだと値上がりで、かえって得する可能性がある。借金があると負債がちゃらになる。このように健全な経済関係、社会関係が破壊されてしまう

アルゼンチンが経済破綻は2001年 それ以後この国銀行は住宅ローンをあつかっていない

これまでの日本は、現役世代からお金を徴収して老齢世代にわたす賦課方式 これを積立方式にかえるべき

2020年 日本が破綻する日 小黒一正

2016年からマイナンバー制度

2015/01/23 08:23

投稿元:ブクログ

日本の財政状況がのっぴきならない状況なのは間違いない。まして今は日銀による大量の国債買い入れという刹那的な政策が行われ、状況は悪化していると思われる。まだしばらくは大丈夫かもしれない。しかし2年後なのか10年後なのか判らないが、破綻も無視できない確率で起こりそうだ。その際の打撃を少しでも減らすには事前に外貨資産を大量に持つか、日本から出ておくかしかない。この本に書かれている年金改革案(積立て型への移行と今迄の分は国債発行で払込者に積み立てる)が社会保障改革としては良い案だと感じた。しかし結局は自分の資産は自分で守るしかないのだろう。

日本経済 ランキング

日本経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む