サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

億男
億男 億男
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 221件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/15
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:20cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-2714-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

億男

著者 川村 元気 (著)

宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直...

もっと見る

億男

1,512(税込)

億男

1,512(税込)

億男

ポイント :14pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直後、九十九が失踪した―。ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ…数々の偉人たちの“金言”をくぐり抜け、一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。人間にとってお金とは何か?「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?【「BOOK」データベースの商品解説】

宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男は、「お金と幸せの答え」を求めて、大富豪の親友・九十九のもとを訪ねる。だが直後に九十九とお金が消えた。その行方を追って、一男の冒険が始まる。『BRUTUS』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

「お金と幸せの答えを教えてあげよう」
宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。
浮かれる間もなく不安に襲われた一男は「お金と幸せの答え」を求めて
大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。
だがその直後、九十九が失踪した―――。
ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、
ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ……
数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、
一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。
人間にとってお金とは何か?
「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?
九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?

<本書の推薦コメント>
大泉洋さん(俳優)
「あまり本を読まない私が久しぶりに一気に読んだ。億という金をいきなり手にした男はどうなってしまうのか。金と人間の生々しい話を聞かされながら何度も涙が溢れた。これは子を持つ親にはたまらない物語だ。読後、いきなり娘を抱きしめ怒られた。責任を取れ川村元気」

岩井俊二さん(映画監督)
「読み終わった時、お金といういつも僕らのポケットの中にいるこいつがとんでもない怪物に思えてきた」 

松浦弥太郎さん(「暮しの手帖」編集長、エッセイスト)
「やっぱりお金とは友だちのようだ。こにくたらしいけれど、僕は信じて生きていきたい」 

【商品解説】

目次

  •  一男の世界
  •  九十九の金
  •  十和子の愛
  •  百瀬の賭
  •  千住の罪
  •  万佐子の欲
  •  億男の未来

著者紹介

川村 元気

略歴
〈川村元気〉1979年横浜生まれ。上智大学新聞学科卒業。「モテキ」などの映画を製作。著書に「世界から猫が消えたなら」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

2015本屋大賞(その3)

ジュンク堂書店新潟店さん

「お金と幸せの答え」とは?わずかな間に大金を手に入れ、そして失った主人公は彷徨います。友人九十九やその仲間たちを訪れることによってお金に対する様々な格言を得ていきますが、その言葉の数々は読者である私たちにも直接問いかけてきます。自己啓発本としても楽しめる1冊です。

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

本当の幸せとは?

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

三億円の宝くじに当たった`一男`は`億男`というサイトで億万長者になった人たちの悲惨なその後の人生を読み、途方に暮れていた。唯一の友人`九十九`に相談するも、三億円を持ち逃げされ、サイトの書き込みと似たような境遇に陥ってしまう。九十九を探す手がかりとなる3人の億万長者の生活や体験談に触れるうちに『お金と幸せの関係』を一男は真剣に考えるようになる。

お金はたくさんある方が幸せなのか?現実と理想、そしてプライスレスな部分を繰り返し問いかけてくる。
『お金と幸せの関係』の答えは千差万別。一生かかっても答えに到達しない可能性もある。まして、日常生活では、考える機会はめったにないどころか、真っ向から立ち向かってすらいない。
この物語は、お金の問題について『考えてみてもいいんじゃない?』というきっかけになると思う。

みんなのレビュー221件

みんなの評価3.3

評価内訳

電子書籍

Howではなくwhyの一冊

2015/03/12 00:23

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

電車の広告などで見てずっと読みたいと思っていた一冊。

ロバートキヨサキさんの本を読んでから、資産運用など金持ちになる方法に関する本を読み漁っていましたが、この本はそのような金持ちになる方法の本、howではなく、そもそもなぜ金持ちになる必要があるのか、何故なりたいのかというwhyについて考えさせられる本だったと思います。

小説スタイルのストーリーは読みやすく、とてもいい一冊に出会えたなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勇気と想像力とほんの少しのお金があればいい

2016/01/25 21:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kabako - この投稿者のレビュー一覧を見る

九十九さんのキャラも印象的で、得意な江戸落語の「芝浜」と「死神」を読んだ時、子供の頃に読んだ物語であったことを思い出しました。
お金と幸せについて、考えさせられる1冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

とてもおもしろかったです。

2015/10/08 12:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kei - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも宝くじに当たればいいなと考えながら、生活していましたがこの本を読んでから、少し考えが変わったような気がします。億万長者になったらなったでそれもまた大変なんだなと感じました。家族みんなが幸せを感じることができていたら、今のままのほうがいいのかなと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

宝くじ

2015/03/29 21:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おせんべい - この投稿者のレビュー一覧を見る

宝くじが当たったからって幸せばかりじゃないことがよくわかる。お金の大切さが身にしみて感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お金って何なんだろう

2015/04/28 09:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずき - この投稿者のレビュー一覧を見る

宝くじで3億円を当てた一男は当選したことを親友の九十九にだけ話します。
そして、一男が次の日九十九の部屋から起きると彼と三億円はともに消えていました。
なぜ、金持ちである九十九が三億円とともに消えてしまったのか。
一男は九十九とかかわりのある三人の人物に会いに行き、本当に
お金があれば幸せなのか
「お金と幸せの答え」を探しに行きます。
読み終えた後に家族にも進めた作品。
文庫でも購入したいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かったです。

2015/09/22 19:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

軽く語られているようで、実はとても深遠な問いであるような、不思議な本だと思いました。宝くじに当たったら、これを読んだらいいのでは、とさえ感じました。とても興味深かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幸せってなんだ。

2015/02/23 21:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:旅人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

億万長者は誰もが憧れるもの。しかし、億万長者になったからといっても幸せにつながることではない。この本は、人生を狂わすかもしれない本。だけど、億万長者を夢見る人には進める本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お金って、怖いですね〜

2016/04/10 18:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ダイア - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人一人の話は興味深く面白かったです。
急に大金が手に入ると怖いですね〜
自分が当たったらどうなるんだろ??って考えちゃいました。
喜び、困惑、恐怖、不安が次々に襲ってきそう?!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それがどうしたの

2016/01/19 20:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

上手に書いているとは思いましたが

もう、この程度の語りでは

「それがどうしたの」くらいにしか感じなくなりました。

以上(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

お金とは、しあわせとは

2015/10/13 23:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はしご - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんなのかということを考える機会になる…のか?
私にはイマイチでした。
小説としても中途半端、啓発本としてももちろん中途半端という印象。
帯にある通り、読みやすくさらっと読めるので、中学生あたりが読むには良いのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/29 20:51

投稿元:ブクログ

宝くじで3億円が当選した男がお金と幸せの意味を探る話。想定通りの結末ですが、ひとつひとつのエピソードが考えさせられる。
お金について見つめ直すきっかけになった。

2015/04/16 16:57

投稿元:ブクログ

+++
宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。浮かれる間もなく不安に襲われた一男は、「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねる。だがその直後、九十九が失踪した―。ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツ…数々の偉人たちの“金言”をくぐり抜け、一男の30日間にわたるお金の冒険が始まる。人間にとってお金とは何か?「億男」になった一男にとっての幸せとは何か?九十九が抱える秘密と「お金と幸せの答え」とは?
+++

もっと軽くコミカルな作品かと思って読み始めたのだが、心情的には意外にシリアスで、Amazonの評価の低さの割には面白く読んだ。宝くじで三億円当てた主人公・一男と学生時代からの親友の九十九との関係がなかなか面白いし、別れて暮らしている一男の家族とのつながり方も興味深い。よくありそうな設定のところもないわけではないが、なるほどと思わされるところもある一冊だった。

2015/03/31 07:50

投稿元:ブクログ

会社で本屋大賞のノミネート作品を読んで、勝手に大賞を選ぶイベントを行っていますが、そこで3位になったので読んでみたけど、正直つまらなかったです。3億円当たるあたりまでは少し興味を持って読めましたが、次第に薄れていく興味。

2015/06/07 19:03

投稿元:ブクログ

 宝くじ3億円が当たった男。現金3億円を昔の大親友のところに持って行ったら、お金ごと大親友が行方不明。3人のお金持ちから話をききつつ、金と幸せについて思いを巡らす。
 読みやすい本でした。お金は大事だけど、お金では買えないものも確かにあります。どうやって折り合いをつけていくか、執着するでもなく、手放すでもなく、付かず離れずの関係が一番いいのかな。

2015/09/13 11:36

投稿元:ブクログ

好きじゃない!~一男が妻・万佐子,娘・まどかとの生活を手放してしまったのは,弟が残して失踪した3千万円の借金返済を義務だと考え,図書館司書の仕事に加えて製パン工場で夜の仕事を始め,娘のバレエを已めさせようとしたからだ。娘に偶に会ったスーパーで貰ったくじ引きで宝くじが当たり,3億円を手に入れたが,大金を手にした人間が辿る末路を検索してみている内に不安になり,唯一の友とも言える九十九に相談しようと考えた。九十九とは大学四年次のモロッコ旅行以来十五年会っていないが,起業したIT事業が成功を収め,金持ちになっているはずだ。現金にして持ってこいという指示に応えて,タワービルに行くと,どんちゃん騒ぎの翌朝,九十九は3億を持って姿を消した。九十九の行方を追うため,十和子に会うと地方公務員と住む公団住宅の押入奥の壁に並べていた。百瀬は,競馬で百万を当て,その百万円で自分の持ち馬に賭けると一億になると云い,その話に乗るが,騎手が落馬して,1億は夢となった。実際には一男の分は賭けておらず,所詮,金はフィクションなのだと教える。千住は宗教の教祖に収まっている,寄席で噺を聞きながら,金は信用だという。まどかのバレエ発表会に呼ばれて,久し振りに話した万佐子は,一男は既に変わってしまったからやり直せないと宣言する。失意を抱えて電車に乗る一男は,隣席に現れた九十九に芝浜だよと云われ,網棚に置いてある3億円を帰して貰うが…~ よく分かんない! 何が言いたいの?? へん!!