サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 紀行失われたものの伝説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

紀行失われたものの伝説
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/17
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:19cm/217p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7791-7021-8
  • 国内送料無料

紙の本

紀行失われたものの伝説 (フィギュール彩)

著者 立野 正裕 (著)

荒涼とした流刑地や戦跡。今は「聖地」と化した「つはものどもが夢の跡」。聖地とは現代において人びとのこころのなかで特別な意味を与えられた場所のことである。聖なるものを経験す...

もっと見る

紀行失われたものの伝説 (フィギュール彩)

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

荒涼とした流刑地や戦跡。今は「聖地」と化した「つはものどもが夢の跡」。聖地とは現代において人びとのこころのなかで特別な意味を与えられた場所のことである。聖なるものを経験することとは何か…じっくりと考えながら旅をする。【「BOOK」データベースの商品解説】

カルロ・レーヴィの流刑地を行くイタリア南部への旅、強制収容所と戦略爆撃の問題を考えるドイツ東部への旅…。第一次世界大戦前後の英米文学を研究テーマとする著者が、20世紀の「記憶」を旅する。【「TRC MARC」の商品解説】

大学教員として在外研究で欧州各地を訪れ、第一次世界大戦の戦没者の
夥しい数の墓標を見てきた。
この戦争では、多くの若者や詩人、文学者が軍隊に志願し命を失った。
彼らや遺族の書いた詩や小説を読むにつれ、
なぜ彼らが自ら進んで戦場に身を投じていったのかという疑問を抱き、
第一次世界大戦前後の英米文学が生涯の研究テーマになった。
どのようにすれば人類が「非暴力」の思想を獲得し受け継いでいけるのか。
それを戦没者たちからの「委託」として受け継ぎ、後世に伝えていきたい。
季節を外れ、ひと気の絶えた湖畔で、他界へ去った人びとへの想い。
旅人は「聖なるもの」を時空を超えて経験する。【商品解説】

目次

  • (1章)ノルマンディへの旅
  •  —キース・ダグラスの詩をを探して
  • (2章)イタリア南部への旅
  •  —カルロ・レーヴィの流刑地を行く
  • (3章)ウクライナへの旅
  •  —ウラジミール・スヴェトロフの詩をを探して
  • (4章)トルコへの旅
  •  —ナーズム・ヒクメットとパルチザンの少女
  • (5章)知覧への旅
  •  —特攻から七十年

著者紹介

立野 正裕

略歴
〈立野正裕〉1947年福岡県生まれ。明治大学大学院文学研究科修士課程修了。同大学文学部教授。英米文学と西洋文化史を研究。著書に「精神のたたかい」「黄金の枝を求めて」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/12 00:42

投稿元:ブクログ

 ノルマンディ、南イタリア、ウクライナ、トルコ、知覧、ミュンヘン&ドレスデンと、20世紀の二つの世界大戦にかかわる文学・美術・映画に導かれながら、戦争記憶とその不在の痕跡を体感する思考の旅の記録。著者の本をはじめて手に取ったが、リーダブルでありながらゆったりとした読書の時間をつくりだす文章の力に引きこまれた。各地に関わる戦争文学・戦争映画をいくつも教えてもらったことも、大きな収穫。

 本書の著者もそうだが、戦争と文学・芸術をめぐる問いは、どこかで「人間とは何か」「人間の人間性とは何か」という問いにぶつかる。この問いは、おそらく、定言的に「××だ」と答えを陳述できるような問いではない。それこそ有史以来、さまざまな書き手が、それぞれの文脈で、各々の持ち場=ジャンルでの思考を通して問いとして深め、問いの重要性それ自体を上書きしていくような類の「問題」であるのだろう。キース・ダグラス、ナームズ・ヒクメット、カート・ヴォネガットなど、ぜひ手に取って見たい書き手の言葉に触れながらふと思う。日本語の戦争文学は、こうした書き手のテクストの強度、思考の強度とはたして拮抗し得ているか?

海外紀行・旅行記 ランキング

海外紀行・旅行記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む