サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 身代わり花嫁は愛を乞われる 海の都に散る純潔

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

身代わり花嫁は愛を乞われる 海の都に散る純潔(シフォン文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/31
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: シフォン文庫
  • サイズ:15cm/320p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-670066-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

身代わり花嫁は愛を乞われる 海の都に散る純潔 (シフォン文庫)

著者 涼原 カンナ (著)

カテリーナは侯爵令嬢でありながら、父に疎まれ、尼僧院で慎ましい日々を送っていた。ある日、カッシーナ国の大公ミケーレへ嫁ぐ異母妹ルクレツィアに懇願され、結婚式が終わるまで彼...

もっと見る

身代わり花嫁は愛を乞われる 海の都に散る純潔 (シフォン文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

身代わり花嫁は愛を乞われる【イラスト付】

518(税込)

身代わり花嫁は愛を乞われる【イラスト付】

ポイント :4pt / 紙の本より152おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カテリーナは侯爵令嬢でありながら、父に疎まれ、尼僧院で慎ましい日々を送っていた。ある日、カッシーナ国の大公ミケーレへ嫁ぐ異母妹ルクレツィアに懇願され、結婚式が終わるまで彼女に付き添うことに。ところがルクレツィアは駆け落ちし、カテリーナは結婚式で妹のふりで花嫁役を果たす。しかも国のしきたりで、初夜まで身代わりをする羽目に!ミケーレから甘く淫らに触れられたカテリーナは…?【「BOOK」データベースの商品解説】

カッシーナ国の大公ミケーレへ嫁ぐはずの異母妹が駆け落ちし、急遽式で花嫁役を務めることになったカテリーナは、初夜まで身代わりをする羽目に! ミケーレから甘く淫らに抱かれてしまい…?


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

楽しかったけれど、腹八分目くらい。

2016/02/07 00:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞台はルネサンスの頃のヴェネツィアがモデル。
地名など変えてありましたが、昔読んだ「海の都の物語」を思い出しながら情景をなぞりつつ読みました。
その時代の雰囲気が伝わってきて、なんちゃってだけれど、なかなか楽しかったです。

カテリーナは、サローニ領主の父侯爵に疎まれて、一生を尼僧院で終えるはずだった。
妹ルクレツィアがカッシーナ大公ミケーレに嫁ぐことになり、ルクレツィアに請われてカッシーナに付き添って行くことになる。
しかしカッシーナに到着すると、ルクレツィアはミケーレの側近ピエトロと駆け落ちしてしまう。
サローニとカッシーナの結びつきのため、初夜を代行することになるカテリーナ。
ルクレツィアの代わりを務めるだけなのだと、自分に言い聞かせるカテリーナに、愛を請うミケーレ。
人に求められず、全てを諦めて生きてきたカテリーナは、ミケーレの愛に戸惑い、ルクレツィアの幸せを奪いたくないと、悩みます。

ミケーレが強引だけどエレガントな大公様っぷりで、甘くて素敵でした。
カテリーナは現実的で地味な、夢を見ないタイプのヒロイン。
ゆっくりと、ミケーレへの愛に目覚めて行きますが、もうちょっと情熱的に花開いてくれたら、良かったなと思います。

破綻のないストーリーもしっかり作りこまれていて、面白かったのですが、読んでいて感情を揺さぶられる場面がないのが、★ひとつ増やせなかった理由でしょうか。

エロも量的には決して少なくないんだけれど、描写が上品であっさり目。
トキメキも腹八分目といったところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/12 19:41

投稿元:ブクログ

父に疎まれて尼僧院に暮らすカテリーナの元に絵を描きに来たレオナルドがミケーレで、妹のルクレツィアではなく、カテリーナを希望していたというのはすぐに予想はつきましたけど、なんでルクレツィアではダメだったかっていう理由は予想外でした。

ミケーレは最初からずっとカテリーナに愛情を向けていて、カテリーナもミケーレに惹かれているのに、カテリーナがずっとルクレツィアがいるからとウジウジしてるのがちょっとくどいかなぁって。

そこまで惹かれ合ってるんだから、最後の最後で逃げ出さなくてもいいのにって、ちょっと思いました。

気になったのは、元凶となったカテリーナとルクレツィアの父。最初に尼僧院のところで出てきたっきりで、その後は全く出てきませんでした。ミケーレとカテリーナの結婚を認めなくて、ミケーレに言いくるめられて渋々認めるってところとか見たかったかも。

あと、ルクレツィアとピエトロの逃避行で何があったのかも気になりました。キスだけかなぁ?

女性向け ランキング

女性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む