サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 慶應本科と折口信夫 いとま申して 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

慶應本科と折口信夫 いとま申して 2
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/22
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390168-8
  • 国内送料無料

紙の本

慶應本科と折口信夫 いとま申して 2

著者 北村 薫 (著)

教壇には西脇順三郎、折口信夫。舞台には市村羽左衛門、中村福助…。慶大生の父が記した伝説の人びと。“本の達人”北村薫が読み解く、小さな昭和史。【「BOOK」データベースの商...

もっと見る

慶應本科と折口信夫 いとま申して 2

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

教壇には西脇順三郎、折口信夫。舞台には市村羽左衛門、中村福助…。慶大生の父が記した伝説の人びと。“本の達人”北村薫が読み解く、小さな昭和史。【「BOOK」データベースの商品解説】

いよいよ父は、慶應本科へと進む。教壇に日本文学史上の巨大人物、西脇順三郎と父の終生の師折口信夫が登場する−。遺された日記を手がかりに綴る、文化薫る著者の父の評伝風小説。【「TRC MARC」の商品解説】

〈本の達人〉北村薫が読み解く小さな昭和史

明治42年に生まれた父の青春を遺された日記をもとに描き、〈昭和〉という時代を描く「いとま申して」シリーズの第二弾。今回、著者の父・宮本演彦は慶応大学予科から、遂に本科へと進む。そしてこの物語の主役ともいえるふたりの知的巨人が登場する。
その一人が西脇順三郎。慶應義塾大学文学部教授に就任、英文学史などを担当。『三田文学』を中心に「PARADIS PERDU」を仏文で発表するなど批評活動を開始してきたが、本書の舞台となる昭和10年頃には詩集『Ambarvalia(アムバルワリア)』で詩壇の萩原朔太郎、室生犀星の称賛を受け、詩誌『詩法』の創刊に参画。その英文の授業は、実に刺激的なものだったという。
もう一人の巨人は、国文学者・民俗学者として知られる折口信夫。学生を連れてしばしば日本各地へフィールドワークに赴き、演彦青年もその薫陶を受ける。折口信夫門下生として関西旅行にともに赴くが、奈良、京都の風景の細やかな描写、何気ない日常の光景が、在りし日の大学教授と学生たちの息遣いをよみがえらせる。
西脇、折口師以外にも、演彦氏が、後に演劇評論家となる友人の加賀山直三とともに、歌舞伎に親しんだことから、市村羽左衛門、中村福助ら当時の花形役者たちのエピソード、そして徐々に色濃くなる戦時色も日常の光景としてつづられていく。
昭和初期を実体験的に知る重要な資料であると同時に、ひとりの青年の切実な悩みを吐露する青春の物語。著者曰く「当時の学生の姿を、このような形でとらえた本はあまりない」一冊となった。【商品解説】

著者紹介

北村 薫

略歴
〈北村薫〉1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。高校で教鞭を執りながら執筆を開始。89年「空飛ぶ馬」でデビュー。「夜の蟬」で日本推理作家協会賞、「鷺と雪」で直木賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/17 19:49

投稿元:ブクログ

大学にて、自宅にて、色々な事が起こる。

一番の問題は、金銭でしょうか?
人間、上は大丈夫でも、下にいくのはなれません。
今まで潤沢に使えた、時間とお金。
現在の大学生にも、遊びに行くため、と
言う人もいるくらいです。

そして人間関係も微妙な状態に。
その人に憧れるあまり、色々真似をしたりしますが
模倣になってしまっては意味がない。
そう気がついた時点で、その人はその人、と
区切りがついている、というべきでしょうか?
そのまま突き進むと、盲目的な愛?w

最後の方、必死にうろうろ走っていますが
確かに…そこを突っ込まれると、自分でもきつい(笑)
働けば時間と金が手に入る、というのは間違いです。
確実に、職種によっては時間が削られます。

2015/04/08 09:57

投稿元:ブクログ

父親の日記を読み解きながら描く一つの昭和。日記を書こうとしては挫折を繰り返した私には、日記が残っているだけで眩しく感じる。

2015/07/26 08:12

投稿元:ブクログ

自分の父親の日記を下敷きにしたもので、小説とも伝記ともとけるが、主人公の目を通しての折口信夫の姿を描くというのも大きなテーマになっていて、本意がどこにあるのかよくわからない。三部作の第二部なんで、まだ全体が見えていないので、感想はいろいろあるんだろう。

2015/03/06 20:50

投稿元:ブクログ

父の日記から昭和初期の学生生活を描く「いとま申して」の続編。

大学生の本分は勉強であるものの、歌舞伎などの文芸三昧は人としての肥やしになると思います。
自分も学生時代、小説、映画と吸収しまくりましたからよくわかります。
歌舞伎の役者名が出ると現代の役者のイメージになるのが困りものでした。
父の日記の地の文、作者を通して父の見聞きして感じたことの追想分、作者自身の現代の目から見た感想文がないまぜになって読みにくいことは読みにくいですが、当時の雰囲気にどっぷりつかれました。
お金のやりくり、進学や就職の悩み、家族への気遣い、社会への関心と、時代は変われど感覚は現代人と変わらないように思えました。
それにしても、お父さん、鰻を食べてばかりでうらやましいです。
3部作ということで最後の3部目は数年後発刊かな。

2015/03/19 20:44

投稿元:ブクログ

慶應在学の6年間を描く、三部作の第2部。

国文への真摯な傾倒のあまり、困窮する実家に遠慮しながらも歌舞伎や義太夫に通わざるを得ない心情や、折口信夫との邂逅に加え、昭和初期の生活、世相や学生生活がしみじみと語られる。

作者も本書中に書いているが、当時の学生の教養の深さには驚かされる。
いかに国文専攻とはいえ、吾妻鏡を始めとする古典を純粋な愉しみとして読めるとは。

2015/05/07 08:26

投稿元:ブクログ

民俗学と歌舞伎に染まる日々。タイトルには登場しないが、歌舞伎役者中村福助の晩年の疾走が本書のもう一つのテーマ。

2016/08/02 15:35

投稿元:ブクログ

『いとま申して』三部作の二冊目である本書。
著者の父が遺した日記の文章の多くを取り込んだこの「小説」は、父、宮本演彦(のぶひこ)との合作だと、北村薫さんは言う。
戦前の慶應義塾に学ぶ若者たちの暮らしぶり、金銭感覚や暑さ寒さの身体感覚などがリアルに感じられて面白い。
ほんのすこし前の時代のことなのに、人の生活「当たり前」の感覚は随分変わったのだなぁと思い知らされる。完結編が楽しみだ。

2015/01/29 00:54

投稿元:ブクログ

北村さんはTVでアンタッチャブルのコントも観るのか。関心の幅が広い。TVは観ないとかいう人より、作家として信頼できる。慶應の学生が早慶戦で勝つと銀座で騒いだという話で、w杯で騒ぐ現在の若者が特殊な訳ではないとわかった。父という表記で、本作の主人公の北村氏の父上演彦氏のことか、演彦氏の父上のことか、ごっちゃになることがある。それにしてもこの当時の学生のよく勉強したこと!自分の学生時代を思えば恥じ入るばかりだ。