サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

スペイン文化入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/05/08
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:19cm/176,39p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7791-2061-9
  • 国内送料無料

紙の本

スペイン文化入門

著者 佐々木 孝 (著),碇 順治 (編)

ヨーロッパ近代から放り出されたスペインと世界に躍り出た日本。原発禍の中で浮かび上がる、対照的かつ相互補完的な関係を論じる。スペインに関する基礎的な知識を得られる「ミニ事典...

もっと見る

スペイン文化入門

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヨーロッパ近代から放り出されたスペインと世界に躍り出た日本。原発禍の中で浮かび上がる、対照的かつ相互補完的な関係を論じる。スペインに関する基礎的な知識を得られる「ミニ事典」形式の索引付き。【「TRC MARC」の商品解説】

世界史の中のスペイン、スペイン史の中の精神、思想史としてのスペイン、
スペイン的なものとは……。
 スペイン語、スペイン思想の“大御所”ともいうべき著者が、
スペインへの関心が高まっていた1970 年代半ばから、
スペインやスペイン文化の魅力と問題性を伝えるべく、各紙誌に発表した
文章をまとめた滋味溢れる多面的な文化論。
キリスト教文化とイスラム文化、近代ヨーロッパの“辺境”の孕んだ精神の諸相!【商品解説】

目次

  • 第1章 われわれにとってスペインとは何か
  • 1、スペイン文化の二つの頂点
  • 2、スペインについて書くことは泣くことである
  • 3、自由教育学院   4、スペイン科学論争
  • 5、内面への道    6、夢想から現実へ
  • 第2章 新しいスペイン像の模索
  • 第3章 スペイン、その重層性の魅力
  • 第4章 スペイン的「生」の思想
  • 1、スペイン的生の思想(現代から黄金時代を読む前提として)
  • 2、葛藤の時代(三つの宗教・文化の融合と葛藤)

著者紹介

佐々木 孝

略歴
〈佐々木孝〉1939年北海道生まれ。東京純心女子大学教授等を務めた。著書に「原発禍を生きる」など。
〈碇順治〉1948年大阪府生まれ。清泉女子大学等非常勤講師。著書に「現代スペインの歴史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/02 20:31

投稿元:ブクログ

スペインの哲学的なところにまでつっこんでいて、スペイン独自のヨーロッパにはない異質な雰囲気を考察している素晴らしい本だと。

2015/07/23 22:13

投稿元:ブクログ

スペインについて。章ごとに違う掲載誌。

第1章 われわれにとってスペインとは何か
第2章 新しいスペイン像の模索
第3章 スペイン、その重層性の魅力
第4章 スペイン的「生」の思想
第5章 スペイン文化論を補完する二つの作業仮説
第6章 ドン・キホーテとスペイン精神
第7章 セルバンテス『ドン・キホーテ』
第8章 フランコ以後の新しい日々 
第9章 民族とその風土
第10 章 パロスの港 もう一つの地中海への出口
第11 章 ゴヤまたは楽園のアダム

ドン・キホーテとイスラムの話が興味深かった。

ヨーロッパ史 ランキング

ヨーロッパ史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む