詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

トゥルークの海賊 4(C★NOVELS FANTASIA)

新書 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

トゥルークの海賊 4 (C・NOVELS Fantasia)

茅田 砂胡 (著)

紙書籍

972 ポイント:9pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

648(6pt) トゥルークの海賊4

紙書籍より:324円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

ジャスミンには女友達がほとんどいない。だから、その貴重なひとりであるエルヴァリータの就任式に、どうしてもどうしても駆けつけたかった。一方、エルヴァリータは闇の神の託宣によ...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「トゥルークの海賊 4」が含まれるセット商品

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

ジャスミンには女友達がほとんどいない。だから、その貴重なひとりであるエルヴァリータの就任式に、どうしてもどうしても駆けつけたかった。一方、エルヴァリータは闇の神の託宣により最高位への昇格が決定した以上、どうしても是が非でも、ルウに就任式に参列して欲しかった。かくして、何が何でも絶対に二度とトゥルークには降りたくないダイアナとルウは「そこを何とか」とくどかれまくることになる。この事態にすねまくる彼らは手に手を(!)取ると、家出を決行!さてこの後日談的結末はいかに―?【「BOOK」データベースの商品解説】

何が何でも絶対に二度とトゥルークには降りたくないダイアナとルウは、「そこを何とか」とくどかれまくることに。この事態にすねる彼らは手に手を取ると、家出を決行。さてこの後日談的結末はいかに…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

茅田 砂胡

略歴
〈茅田砂胡〉デルフィニアシリーズで小説デビュー。著書に「王女グリンダ」「暁の天使たち」「レディ・ガンナー」シリーズなど。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.4
4.4
評価内訳 全て(14件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(4件)
★★★☆☆(5件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

いまさらですが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/23 00:17

評価5 投稿者:Lache - この投稿者のレビュー一覧を見る

今更感100%超ですが、うん。やっぱり面白い。
茅田ワールドになじみがあるアナタもワタシと同様
するっと物語の世界に誘われます。
読む前は、正直いって、3できれいに終わった物語なのに
なぜ、蛇足を今更かとも思っていましたが
いい意味で期待を裏切ってくれました。
茅田ワールドを知っているアナタ。まだ読んでないなんて
ことはないと思いますが、ホントまだなら是非お勧めです。
知らないアナタ。とりあえず、前段階だけでどれだけ~
とゲンなりしそうな量がありますが。チャレンジする価値は
あると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2015/05/12 23:49

3巻で終わりかと思っていたのに、追加の4巻目でようやくタイトルに相応しい話になった感じ。お坊さんの上下関係はホントにどうでもいいのだけど、ケリーとダイアナの活躍が読みたくて…。この巻のケリーはカッコ良かったけれど、拗ねたダイアナはいただけない。いつもカッコいい、できるダイアナでいて欲しい。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/12/15 16:54

トゥルークの海賊、事後談・・・という感じ。補足。
おもしろかったけど、このちょっと特殊な惑星の世界をどのあたりまで続けていくつもりなのだろうか・・・。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/12/02 20:38

戦争をした、その後。

後片付けもありますし、やっちゃった後に対しての
学校への宿題やら、発言の事やら。
やる事盛りだくさん。
なので、それほど何かが起こるわけでもなく
ひたすらに後日談。

少々人の名前が多くなってきて、これ誰だっけ? と
考え込んでしまう事も。
大概思いだせるので、問題なく。
むしろ問題なのは、学校の驚き?
普通、時間と場所を指定して待ち合わせたりは
しないのですか…。
色々と発展すると駄目になっていく、のが
ものすごく分かる図式をみた気分です。

駆け落ち家でも、想像すると面白かったですし
その後の出て行かれた亭主状態も笑えます。
しかし、ものすごくきらびやかだ、と思うのは
式典ですね!
あちらの衣装もそうですが、3人揃っている状態が
もう目にきらきら☆
その前にあった『おまけ』発言から考えると
面白くてしかたないですが。

山場といえば、多分駆け落ち家出をした所。
とはいえ、まったくもって何もないので
本当に後日談状態。
面白くなかったわけではないですが
へぇ…という程度です。

そんな中、少年だけが普通に思春期少年。
そのせいか、悩みがあれですが、ものすごく
普通っぽさが際立ってた気がしますw

評価4 投稿元:ブクログ

2014/12/31 14:29

これ、やっぱり何度みても表紙が楽しいわ・・・。
あり得ないけど、ルゥならなんでもありな気もする・・・。

評価4 投稿元:ブクログ

2015/01/30 19:53

トゥールークに行きたくないルゥとダイアナの愛の逃避行な表紙も良かったけど、就任式のイラストもすごかった。カラーでも見たい。次のイラスト集があればお願いしたい。
後日談的な分、気軽に読めました。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/11/30 01:14

トゥルークがルウである種の崩壊。いや、好きですけどね、その思想。まあ、平和的変化だけどさ。
しかし相変わらずの面々のなか、ジェームズの普通さがホント可哀想で笑うしか。いい友達ができてよかったね。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/12/06 23:21

表紙の絵、ルゥとリィと思ったらダイアナだったのね。
確かにそういった場面はあったけど、お手々つないで…ねぇ。
ルゥはあーだこーだ言っていてもそうなっちゃったら後はその場ののりでいろいろやっちゃうんだよね。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/12/14 19:16

トゥルークの海賊の後日談。本の紹介に書いてあるストーリーはほんの一部だけ、まあ、楽しめた。なにがどうなるわけでもない話。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/12/12 21:40

そして結局4巻が出たら出たで買ってしまうわけだが……。

多少規律が緩くなってよかったね、と。
考えれば考えるだに、暮らすのが大変そうだと思わずにはいられなかったので。

この後の展開はどうなっていくのかな。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/12/08 17:43

目を疑う表紙のダイアナとルゥ。こういうラブロマンス的『ありえへん』は間違いなく逆説でしょう。案の定でしたが面白かったです。ルゥを僧侶達が崇め奉るからといって、そこまで頑なに毛嫌いするのは意識しすぎかと思いますが。何だかんだ言って馴染める空気のようだし。ジェームズ君の反抗の件は、子供・大人どちらの立場でも見に覚え“あるある”でしたね。あっけなく解決してしまって、何か意味あったのかな~。それと、やっぱり往年の海賊たちの相関関係が良く分からない><。人物紹介をプリーズ。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/03/16 00:11

【図書館本】前巻までの内容&トゥルーク側の固有名詞がまるっと頭に残ってなかったので、状況と人(位)がわからなすぎて混乱した。キングや天使たちの会話はテンポが良くて楽しめたけど、ちゃんと楽しむにはシリーズ1作目から(そして課外活動も?)再読しなきゃわからないや。楽しかったのは楽しかったけど、ちょっと疲れた。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/12/01 10:23

トゥルークの独特の思想と価値観は人外組の肌にピッタリ合うのですねぇ。

ああ、料理が食べたい。雉肉、雉肉と野菜と米炒めたの。
料理の美味しそうな作品は絵本から文芸、コミックまで好きなものが多いが、この本もその分類にも入る。

あとは人外が好きなのでその分類にも入る。

今回はジェームスがより普通の少年に見えましたね。
その上で、あの思考の猪突猛進振り、今は落ち着いてるマクスウェル船長も多分14の頃はこんな感じだったんだろうなぁ…似た者親子なんだなぁ、と笑いそうになりました。
あの落ち着きと常識外れの出来事にも驚かない精神力は長い年月を重ねて得たものなのですね。

あと、テオのお菓子を食べるシエラ。
ルウの説得のためには最初に2個ずつの頼んどくべきですよね。珍しいミスだなぁ…と思ったのですが、まさか自分が全部食べられるとは思ってなかったのかな。まさかね。
話を聞いていたから言い出せなかった件があるが、それでも頼んでおくべきだったと思います。間違いなく。
…自分も食べたいです。全部。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/04/20 14:46

ルゥの行動がいまいち分からない。。。

そもそも、存在がよく分からないのだから
そういうものだと割り切ればよいのだろうか。。

夫婦、息子、孫の関係は良好。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 24時間 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.