サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

新友禅の謎(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/11/13
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-3857-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

新友禅の謎 (ハルキ文庫 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控)

著者 佐伯 泰英 (著)

定廻り同心・寺坂の町廻りに同行した政次らは、呉服店松坂屋で不審な男女ふたり組みに遭遇した。ふたりは京下りの春物の友禅を、次々とひろげさせていた。八百亀は尾行をつけさせる…...

もっと見る

新友禅の謎 (ハルキ文庫 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控)

745(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

定廻り同心・寺坂の町廻りに同行した政次らは、呉服店松坂屋で不審な男女ふたり組みに遭遇した。ふたりは京下りの春物の友禅を、次々とひろげさせていた。八百亀は尾行をつけさせる…。そんな折、淀藩の納戸方が行方知れずになった。金座裏の面々は事件を追うが―。政次・八百亀・弥一が、空っ風とかかあ天下で有名な上州にも出向き、大活躍する。粋で豪奢な友禅に秘められた男と女の熱い想いを描く、大ベストセラーシリーズ切望の第二十五弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

定廻り同心・寺坂の町廻りに同行した政次らは、呉服店で京下りの春物の友禅を次々と広げさせている不審な男女ふたり組みに遭遇。そんな折、淀藩の納戸方が行方知れずとなり、金座裏の面々は事件を追うが…。シリーズ第25弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/29 07:31

投稿元:ブクログ

鎌倉河岸捕物控<二十五の巻>~町廻りをしていて呉服屋を覗くと,十手を見てそそくさと店を出て行く,若い娘と手代風の男がいた。他の呉服屋に聞いても,ただ新物の京下りの友禅をあれこれ見ていくだけだと言う。そんな一軒の中に,名乗っていた飛騨の庄屋の娘でなく,京の友禅を扱う若狭屋の娘だという淀藩の勤番侍が存在した。話を聞きに藩邸に行くが戻っていないと言う。川沿いに歩くと彦四郎が声を掛けてきて,釣り人から,娘と侍が遡る舟に乗っていたという。知り合いの船頭から辿って,千住まで出向くと,侍の首つり死体があった。呉服屋の高麗屋の隠居の妾宅だったという。高麗屋を訪問すると,上州・藤岡の本家が潰れた若狭屋の職人を引き取って,京や加賀に負けない友禅を上州で作ろうとしているが,若狭屋の娘は京で店を復活させようとしていて,思惑は異なるらしい。職人は技術開発に余念がなく,京に用があると言って出掛けたまま,帰らない。山奥に機屋があると聞いて出掛けると,三つ巴の戦いが始まり,小屋に火が付けられた。帰ってくると,火付け騒ぎが頻発し,火付けは陽動だと,押し込みを警戒している最中,狙われたのは高麗屋だった~まだページは残っているのに…?…エピローグが長いぞ…!…と思ったら,火付けと押し込み事件の短い物語

2015/03/10 10:40

投稿元:ブクログ

第二十五弾
相変わらずの勘働きから事件を察知、上州まで出向き上州友禅に纏わる策謀を阻止、ついでに江戸での火付強盗を捕縛
京、加賀、上州と友禅の結びつきとは?

2015/04/07 14:08

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)

定廻り同心・寺坂の町廻りに同行した政次らは、呉服店松坂屋で不審な男女ふたり組みに遭遇した。ふたりは京下りの春物の友禅を、次々とひろげさせていた。八百亀は尾行をつけさせる…。そんな折、淀藩の納戸方が行方知れずになった。金座裏の面々は事件を追うが―。政次・八百亀・弥一が、空っ風とかかあ天下で有名な上州にも出向き、大活躍する。粋で豪奢な友禅に秘められた男と女の熱い想いを描く、大ベストセラーシリーズ切望の第二十五弾。

3月31日~4月7日

2015/02/26 12:55

投稿元:ブクログ

2015.02.26.読了

もう25巻目!
すごいなあ。

友禅のことがわかりやすく説明。

政次はますます立派だし、
彦次郎は所帯を持って、すっかり落ち着いたし、
亮吉はあいかわらずだし、
いつもの金座裏。
マンネリ化してるけど、少しずつ歳を取っていっているところが、いいところかな。

2015/01/24 21:27

投稿元:ブクログ

鎌倉河岸シリーズも25冊目。安定感はあるが、そろそろキャラクタも成長しきった感じになってきたが、このあと道展開させるつもりなのだろうか?話自体は可も無く不可もないというよりは、そこそこ面白かった。しかし、マンネリ感が出てしまうのはやむをえないだろう。

2015/09/10 11:11

投稿元:ブクログ

友禅を買いに来たどこぞのお嬢さんとお付の手代といった風情の男女の態度に違和感を感じた事から、友禅を巡る騒動に発展する。

亮吉の扱いがなんか段々酷くなっていく気がするのだが……。

2015/04/02 21:45

投稿元:ブクログ

京友禅・加賀友禅に変わる新友禅を創りあげようとする人たちの意気込みは面白いが、そのなかに巻き込まれた山城淀藩の納戸方・峰村好三郎の死に意外性がないため、少し盛り上がりに欠けた気がする。

ハルキ文庫 ランキング

ハルキ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る