カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

営繕かるかや怪異譚(幽ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 151件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/12/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 幽ブックス
  • サイズ:20cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-102417-1
  • 国内送料無料

紙の本

営繕かるかや怪異譚 (幽BOOKS)

著者 小野 不由美 (著)

この家には障りがある―住居にまつわる怪異を、営繕屋・尾端が、鮮やかに修繕する。心ふるわす恐怖と感動の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】恐怖と感動のエンターテイン...

もっと見る

営繕かるかや怪異譚 (幽BOOKS)

1,620(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この家には障りがある―住居にまつわる怪異を、営繕屋・尾端が、鮮やかに修繕する。心ふるわす恐怖と感動の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

恐怖と感動のエンターテインメント  2年ぶりの最新単行本

◎亡くなった叔母から受け継いだ町屋。あるとき一人暮らしの私は気がつく。ふだんまったく使わない奥座敷に通じる障子が、何度閉めてもーー開いている。(「奥庭より」)

◎古色蒼然とした武家屋敷に住む母親は言った。「屋根裏に誰かいるのよ」。最初は息子も嫁も孫娘も見えなかった。しかし……。(「屋根裏に」)

◎袋小路の奥に建つ古屋を祖母から受け継いだ。ある雨の日、鈴の音とともに喪服姿の女性が隣家の玄関先に立っているのを見掛けた。一目で、見てはいけないものだと分かった。(「雨の鈴」)

◎亡くなった祖父の会計事務所を継ぐため、家族で郷里に帰った父。思春期真っ只中の真菜香は、何もかもが嫌だった。あるとき、見知らぬ老人が家の中のそこここにいるのを見掛けるようになった。(「異形のひと」)

ほか全6篇を収録。

※初出:「幽」(KADOKAWA)vol.015(2011年7月1日発売)、vol.016(2011年12月16日発売)vol.017(2012年7月2日発売)、vol.018(2012年12月17日発売)、 vol.019(2013年7月1日発売) vol.021(2014年7月4発売)に掲載。

【営繕】の意味
建造物の新築と修繕のこと。(三省堂『新明解国語辞典』第四版より)
一般的には模様替(リフォーム)なども含む。

【かるかや】の意味
山野に自生する多年草。葉はイネに似て、秋、ムギの穂に似た小さい花を葉のわきにつける。高さは1.5メートルくらいに達する。(三省堂『新明解国語辞典』第四版より)

雨の日に鈴の音が鳴れば、それは怪異の始まり。袋小路に佇む喪服姿の女を、決して家の中に入れてはいけない。「雨の鈴」など、住居にまつわる怪異を営繕屋・尾端が鮮やかに修繕する全6篇を収録。『幽』連載を改稿し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

奥庭より 5−45
屋根裏に 47−82
雨の鈴 83−126

著者紹介

小野 不由美

略歴
12月24日、大分県中津市生まれ。京都大学推理小説研究会に所属し、小説の作法を学ぶ。
1988年作家デビュー。「悪霊」シリーズで人気を得る。
91年『魔性の子』に続き、92年『月の影 影の海』を発表、「十二国記」シリーズとなる。
「十二国記」と並行して執筆した『東亰異聞』『屍鬼』『黒祠の島』は、それぞれ伝奇、ホラー、ミステリーとして高い評価を受けている。
「悪霊」シリーズを大幅リライトし「ゴーストハント」として2010年~11年刊行。
12年、2作が相関関係にある『鬼談百景』と『残穢』を刊行し話題に。『残穢』は第26回山本周五郎賞を受賞。
現在も怪談専門誌「幽」で「営繕かるかや怪異譚」を連載中。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー151件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

幽霊退治ではない

2015/02/04 14:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みとみと - この投稿者のレビュー一覧を見る

小野不由美のファンです。しかし、怖い話が大の苦手でもあります。
なので、この本も読もうかどうしようかずーっと迷っていました。だって、内容紹介を呼んだだけでもう半端なく怖い気配がひしひしと感じられる。
そして、実際に読んで「やっぱりちょっと怖かった」。でも、ただ怖いだけではなかった。
どのお話でも、怪異をただ悪いものとして退治はしません。そのままでは、暮らしていくのに障りがあるから、なんとか住む人が辛くないようにする、といった感じです。
そのため、読後感は怪異がなくなってすっきり爽快というのではなく、なんだかしんみり、切ないというほうがぴったりきます。
読む前に心配していたように、眠れなくなるほど怖いというわけではありませんでしたが、なんとなく肌寒くなるような空気感。
ただ「雨の鈴」は本当に怖かった。「よくわからないもの」が怖いんだなーと心底実感。しばらくは鈴の音は聞きたくないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小野さんらしさのあるホラー

2015/12/31 00:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

家にまつわる怪異話。不気味さの中にどことなく寂しさも漂わせているところが小野さんらしいな、と思いました。
装丁が「蟲師」の漆原さんだったので、双方のファンとしては嬉しい組み合わせでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いわゆる『ホラー』ではない

2015/08/13 17:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jugemu - この投稿者のレビュー一覧を見る

全体的に、ぞわぞわと薄ら寒い空気。
ですが、どちらかといえば切ない感じが強く、
それほどの恐怖はありませんでした。
読後感はなんとなくやさしい気持ちになれるような、不思議な6篇です。

営繕屋・尾端のちょっとおっとりしたキャラがいい味出してます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怪異話が好きな人にはいいのだろうけれど…

2015/08/23 20:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この世ならざる者、すなわち怪異が現れる家を「営繕かるかや」が修理する。そうすることでそこに住む人は怪異と折り合いがつけられるようになるーという話。「営繕かるかや」の尾端はいつも話の最後のほうで出て来て怪異に悩まされている人を助ける、という役回りで、各話の主人公はあくまでそれぞれの家に住む人だ。登場人物に共感しながら読むとかなり怖い思いを味わうことになりそうだが、私はあまり怪異話が好きでないこともあり、さっと読んだのでそういった感じはあまりしなかった。家の情景描写などはうまいと思うが、それ以上にアピールしてくる部分は特になかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/20 12:18

投稿元:ブクログ

切なく、読後感は不思議とさわやか。
怪異が起これば、生きている人間は恐怖を感じる。
しかし悪意や害意はあまり感じず、祓い消滅させるべきものとも思えない。
生きていないものに寄り添い、生きている者が共存できるようにする。
除霊ではなく、営繕というアプローチが優しい。
特に「檻の外」は泣けた。

2015/09/06 18:11

投稿元:ブクログ

家で発生する怪奇現象をリフォームで解決する短編集。原因の霊を払うのではなく、共存の道を選ぶところが新鮮でした。

2016/08/05 13:40

投稿元:ブクログ

この人のお話は、ずいぶん読んできましたが、このごろ、体力の衰えを感じるように。
しかし、これなら読めます。
生きているものではない人にたいする思いやりを感じるお話でした。

2015/09/22 22:59

投稿元:ブクログ

古い家には、いろいろあります。

さすが御大、こわい!!!
でもこれはきちんと解決してくれるので安心。
まだ続いているようなので、シリーズになるのかな。楽しみです。

2015/02/11 14:14

投稿元:ブクログ

さみしさに共鳴する優しいさみしさがあって、さみしさを知らずとも寄り添ってくれる優しさもある。うっかり夜に読み始めてしまったことを後悔したくらいゾクビクしてしまったけれど、読後感は不思議ととてもあたたかい。

2015/02/06 11:03

投稿元:ブクログ

城下町の古い家で起こる怪異をまとめた短編集。

町屋、日本家屋で「ありがち」な、襖が勝手に開く、部屋の中を誰かが歩く音がする、隙間におじいさんがいる・・・といった怪異が登場する。
そこに住む人たち、怪異が起こってもそこに住まざるを得ない人たちの背景や、抱えている問題などを描き出すことで、読むものの不安を一層かき立てる。

このような怪異を、家を営繕することで解決する「営繕かるかや」。尾端という若い男性が怪異の原因についてはわからないとしながらも、怪異の「しくみ」を読み解いて、怪異を「逃がす」。

「恐怖」のしくみを把握し、きちんと一定の論理でそれを抑える、という手法が面白い。

2015/09/28 22:30

投稿元:ブクログ

怪異が当たり前に存在する異世界にするりと連れて行ってもらえて、そしてその世界に取り残された気分になってしまう。
面白いけれど、もっと重い小野不由美世界に浸りたくなってしまうのだ。
http://matsuri7.blog123.fc2.com/blog-entry-199.html

2014/12/26 13:47

投稿元:ブクログ

家にまつわる怪異を営繕屋が解決していくホラー短編6編。ホラーの苦手な俺にとっては「映像じゃなくてよかった」と思わざるを得ない程度には恐かったです。ただ、恐いだけではなくって前向きな結末には救われました。

2015/01/19 06:18

投稿元:ブクログ

これですよ、この文体!しばらく柔らかいミステリとかしか読んでなかったので新鮮に感じました。短編6作、すべて障りがある建物の話。怖いんだけど哀れを感じる背景もあったり、ご近所さんの人情があったりで不思議と読後感のいい一冊でした。

2014/12/07 00:12

投稿元:ブクログ

祓うでもなく、見てみぬ振りをするでもなく。ただ、あるものがあるように。家に暮らす者が日常を営めるように。
障りの部分をどうすればいいのかを営繕屋の尾端が修繕する物語。

人に害を為そうとする所謂悪霊の類いは一切出てこず、そう言う意味ではホラー色は弱めかと。害を成すわけではないけど、描写はそれなりにゾクッとする部分がありました。ただ最後には尾端の修繕で怪異は解決して、良かったなぁと何処か心暖まる終わり方が素敵です。

2016/08/06 19:52

投稿元:ブクログ

建物に残る怪異の話、というと残穢と同じかと思うのですが、こちらは救いのある短編集。
途中までのゾッとする描写は流石です。
落としどころも「祓う」のでは無く、「共存」。
無暗に拒否するのでは無く受け入れるというとても優しい救われ方です。
怖いだけでは無いのでとても読みやすいし、どの話も面白い。

カバーイラストが漆原ゆきさんという事ですが、確かになんとなく「蟲師」と通ずるものがありますね。