サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 日本人のためのピケティ入門 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント
日本人のためのピケティ入門 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント
日本人のためのピケティ入門 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント 日本人のためのピケティ入門 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/12/12
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:21cm/77p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-44414-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
専門書

紙の本

日本人のためのピケティ入門 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント

著者 池田 信夫 (著)

格差は拡大してきたのか? 何が格差の原因か? ピケティが「数量経済史」と呼ばれる統計手法を使って、過去200年以上の欧米諸国のデータを分析した本「21世紀の資本」の内容を...

もっと見る

日本人のためのピケティ入門 60分でわかる『21世紀の資本』のポイント

864(税込)

日本人のためのピケティ入門

778(税込)

日本人のためのピケティ入門

ポイント :7pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

格差は拡大してきたのか? 何が格差の原因か? ピケティが「数量経済史」と呼ばれる統計手法を使って、過去200年以上の欧米諸国のデータを分析した本「21世紀の資本」の内容を、日本人向けにわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

知りたい基本が一気にわかる。Q&A付で読みやすい。
この本を読めば、ピケティと『21世紀の資本』のポイントが60分でわかる!

サブテキストとして最適の「超」入門書が、日本初登場!

ピケティについて知りたい人、『21世紀の資本』を読みこなしたい人全員におすすめ!

この1冊で、ざっと「基本」を身につけよう!


【第1章「ピケティQ&A」より】
Q すごい厚さですが、要するに何が書いてあるんですか?
Q それだけのことに、なぜ700ページも必要なんですか?
Q 19世紀の所得や資本をどうやって測定したんですか?
Q その結果、どういうことがわかったんですか?
Q この不等式はどういう意味ですか?
Q 資本主義で格差はずっと拡大してきたんですか?
Q 『21世紀の資本』の何が画期的だったんですか?
Q こんな専門的な本が、どうしてアマゾン・ドットコムのベストセラー第1位になったんですか?
Q ピケティってどういう人ですか?
Q アカデミックな評価はどうなんですか?
Qこの本はマルクスの『資本論』とはどういう関係があるんですか?
Q 大学で学ぶ普通の経済学とまったく違う感じですが、どう理解すればいいんですか?
Q ピケティはどういう政策を提言してるんですか?
Q 日本とはどういう関係があるんですか?
【商品解説】

目次

  • 第1章 ピケティQ&A
  • 第2章 ピケティをどう読むか
  • 第3章 『21世紀の資本』の3つのポイント

著者紹介

池田 信夫

略歴
〈池田信夫〉1953年京都府生まれ。東京大学経済学部卒業。経済学者。株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に「イノベーションとは何か」「アベノミクスの幻想」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.6

評価内訳

電子書籍

多忙な日本人に贈られたピケティ入門書

2015/02/25 21:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Boys Biker - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近注目されるピケティ経済学の入門書です。

現代人が肌で感じるようになった格差を統計で実証したピケティの功績や、

格差を解消しようと世界へ呼び掛ける彼の姿を、著者の解説を交えて紹介しています。

マルクス主義のような資本主義を昇華させてユートピアを創ろうとするのではなく、

資本主義をベースにどのように格差を解消しようとするかが考察されています。

紹介された格差解消法は決して簡単なものではなく、格差が解消された社会を

マルクス主義に見る世界とは違ったユートピアであると語ります。

同時代に生きる現代人へ向け格差問題を直視させようとするピケティ思想から

われわれが何を感じて行動していくべきか考えさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

話題のピケティ

2015/02/02 20:53

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T - この投稿者のレビュー一覧を見る

概要を理解するには最適です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いろいろ言われているが

2015/11/17 05:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シンジー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピケティ自身の著書は分厚く読みにくいとの話、これに対し本書は簡潔に分かりやすく「21世紀の資本」がまとまっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

単純明快・・・

2015/09/06 09:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sika - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまりに世間がピケティ、ピケティと騒がしいので読んでみました。
内容は、わかりやすいと思います。概略だけ理解したいのであれば
十分な内容です。ただ、私もそうですが、専門的な知識が全くない人は、
内容があまり入ってこないように思います。
経済関係にくわしくない読者には、もっと砕いて説明してほしいような
気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/20 14:04

投稿元:ブクログ

2015.01.15 本当に60分で読み終わった。ピケティ氏の主張のさわりのさわりをとりあえず把握したと言うことか。

2014/12/24 02:16

投稿元:ブクログ

トマ・ピケティの『21世紀の資本』が出版されたものの、なかなか電子化されないので、ひとまずは池田信夫の解説本で理解した気になるために手に取る。
『21世紀の資本』は、アメリカではものすごく売れていて、かつ著名な経済学者の評価もすこぶる高い。格差社会を説明する新しい経済理論だ、というような受け入れられ方をしているようだ。格差社会は、アメリカでは高等教育における親の経済力による機会の不平等や、一握りのスーパーマネージャによる富の集中が問題になっており、またヨーロッパでも若年層の失業率の高止まりという形で大きな問題になっている。日本でもますますそうなりつつあるので、相当分厚い経済書だけれども日本人のミーハー気質も相まってそれなりに売れることだろう。

いろいろなところで言われているように『21世紀の資本』のポイントは、この本の表紙にも使われている”r > g”という不等式である。

ここで、rは資本収益率(the rate of return to wealth)、gは国民所得の成長率(the economic growth rate)になる。この式に従うと、資本を持つものはそれ以外が富んでいくよりも速く富んでいくということになる。つまり、資本主義社会において格差は本来的に広がっていくということを明らかにしたのが『21世紀の資本』ということになる。特に成長率が下がって低位安定するとそれが顕著になるということらしい。
ただし、池田氏も指摘しているように、この不等式は解析から論理的に導き出された帰結ではなく、過去200年以上にわたって地方の税収データ整理などから経験則として導き出されたものだという(この膨大な時間と労力をかけた調査データが大きく評価されている)。また、長期的に成立しているだけであり、常に成立するものでもない。現に資本が二度の大戦にて破壊された後の20世紀中盤はこの不等式は成立せず、爆発的な経済成長と人口増により、成長と平等化が同時に進行した例外的期間であるとのこと。

ピケティは、資本主義社会を維持しつつ、この格差拡大を防止するためにグローバルな(累進的)資本課税(global tax on wealth)を提案する。ピケティはタックス・ヘイブンの存在にも定量的な分析を行っており、一国での資本課税では問題解決にならず、国際協調が必要だという。また、相続についても格差を固定化する元凶としている。単に格差拡大の指摘だけでなく、その実現可能性はおいても具体的な処方箋を示したこともピケティの著作の評価を高めている点でもあり、良い意味でも論争を起こしている点でもあろう。

原題は”le capital au xxie siècle” (英題”capital in the twenty-first century”)。マルクスの『資本論』の英題が”Capital”であり、ピケティもこのことを十分に意識し、紹介においても21世紀の『資本論』、21世紀の『マルクス』だとも言われている。訳者や出版社(みすず書房)はなぜに『21世紀の資本論』ではなく誤りではないが『21世紀の資本』としたのだろうか。本のあとがきを見れば書いてあるのだろうか。池田氏も『資本論』とはほとんど関係ないと言っているけれども。

ピケティの”Capital”のまとめは世界でもやはりやられていて、たとえばEconomistの次のサイト”Thomas Piketty’s “Capital”, summarised in four paragraphs”などが典型的で、まとまっていると思う。
http://www.economist.com/blogs/economist-explains/2014/05/economist-explains

なんだか、読む前に分かった気になってしまったので、電子版が出たとしても読まないかもしれない。その辺も『資本論』と一緒かも。

2016/02/07 15:36

投稿元:ブクログ

2016年2月7日読了。ピケティ著『21世紀の資本』の解説本。解説本は数種類読んだが、これは中でも「21世紀の資本の何がブームになったの?どういう本?」というなぜなにを親切に解説している点と、「アベノミクス批判」のトーンが強い点が特色か。薄い本でもあり前者は初心者にはありがたい内容だが、後者の要素には「そういうことは『21世紀の資本』の内容を受けて、読者がそれぞれ考えるからいいよ・・・」という気もしてくる。ピケティが示した「r>g」の式は「過去データの分析から導き出されたもの」に過ぎず、何らかの公式から導き出されたものではないのだが、それを「論理的でない」と批判するか、「現実のデータに即しているのだから事実だ」と認めるか、結局問われるのは読者のスタンスということだよな。

2015/08/17 00:55

投稿元:ブクログ

欧米諸国のマクロ経済データをもとに、資本主義では歴史的に所得分配の格差が拡大する傾向があり、それは今後も続くだろう、という内容。
資本収益率r>国民所得成長率g:資本家の儲けが一般国民の所得の伸びより大きく増えるので格差が拡大する。
ピケティが提案するのは、グローバルな、累進的な資本課税。

2015/02/08 21:38

投稿元:ブクログ

マルクスがあってピケティがあるのではない。彼は、マルクスを読んだことが無いと言っている。しかし、マルクスの教えが死んだ世界だからこそピケティが現れたことは間違いない。資本主義の成長の成果が比較的平等に分配されていた時代は、戦争を挟む数十年に限られる。レーガノミクスとサッチャリズムは資本主義の勝利を決定づけると共に、富裕層減税と市場主義によりr>gを恒常的な不等式とした。資本の利潤は経済成長率を上回る、この証明されてない不等式は、マルクスが死んでからの三十年を雄弁に語っているように見えるから、不思議だ。
この本はr>gがピケティのエッセンスであることを教える入門書。その短いエッセンスの中にアベノミクス批判が混入していたりするのは舌足らずの感が否めない。持論を展開するのであれば、このようにピケティの紹介本という形ではなく、ピケティ派の考え方を日本経済に適用するなどとして、堂々と述べるのが良いだろう。

2015/02/11 09:22

投稿元:ブクログ

r>gを短めに、という本。

原著は700ページなのに、76ページに収まるというお手頃ぶり。ホンモノを読んでいないので、本当のところはわからないが、中身はよくわかった気になる。著者の感じた不明瞭な点、定義の誤認(?)といったことが冒頭のQ&Aにはっきり書かれているので非常にわかりやすい。
正月のおじいちゃん対策で購入。実際にはそんな話にはならなかった。

西武渋谷の紀伊国屋で購入。新規テナントということで即チェック。LIBROを抑えるとは流石。渋谷っぽさを少しだけ出しているところが○。

2014/12/27 16:12

投稿元:ブクログ

今、めっちゃ流行ってるピケティをさらっと理解するにはいい。
信夫先生はこういう商法がお上手。
過去にもハイエクの本とか読んだ気がする。

とりあえず、21世紀の資本の分厚さに怯んだ人はこれを読めばエッセンスはわかるのではないか。
だけど、人の咀嚼なので、そこは忘れずに。

r>gのところと、ピケティの専門性、クズネッツの上位互換あたりをとりあえず押さえました。

2015/01/16 23:48

投稿元:ブクログ

ざっくりと知りたくて手に取りました。

資本主義の根本的矛盾、格差は拡大していくことのざっくりとしたイメージをつかむことができました。

個人的には、賃金が限界生産性で決まるところや、世代間所得の相関が興味深かったです。
貧困の問題で論じられることと、当然のことながら重なってくるなと思いながら読みました。

勉強するのにもお金、かかりますもんね。
入学金、授業料、書籍代、学会関連費、交際費等々、、

賃金格差を減らすための最善の手段として教育投資が挙げられており、教育の必要性を再認識しました。

概要がつかめるとの本書を読んでみたら、やはりもっと詳しく知りたくなり、原著も読みたくなりました。

2016/01/21 19:29

投稿元:ブクログ

経済に関しては全くの素人で、最近よく出てくるピケティの考え方を少しでも知識として知ることができればと思い読んでみたが、やはり細かい経済理論の話になると、いくら入門と言えども何が言いたいかよくわからない。この本に関していえば、本当にこの内容がピケティが主張している内容なのかというくらい内容が薄っぺらい気がする。わかったことは「世界で資本と労働の所得格差が拡大している。」ということと、「それを解消するにはグローバルな規模での資産課税をすること」の2点だけである。ページ数も少ないし、いくら入門とはいえ物足りない気がする。また、ピケティの主張とは関係ない著者の独自の主張がやたら書かれているのも気になった。

2015/02/16 12:12

投稿元:ブクログ

ピケティの「21世紀の資本」を、
とても分かりやすく解説した本。
私は、経済学の知識はほとんど無い素人だが、
60分ですんなり読むことが出来た。

ピケティは、
1870年以降の各国の税務資料等を調査した結果、
「資本主義の発展と共に富が公平に分配される」
という経済学の定説は誤りであり、貧富の格差は拡大
すると結論付けた。
また、貧富の格差を解決する為にグローバルな資本課税に関する政策を提案している。

これらの内容に関する著者の見解や、日本との関係等についても補足されており、理解をより深めることが出来たと思う。

2016/05/03 00:45

投稿元:ブクログ

なんの基礎知識もないと、正直このレベルでもあまりわかった感じはしない。「経験則としては労働所得より資本の所得の方が大きいので格差は拡大する」ということだけはわかった。タックスヘイブンの問題も迫る。見解と解説がはっきりと分かれていないのも混乱の原因か

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む