サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

悲嘆の門 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 111件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/01/15
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:20cm/406p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-10808-7
  • 国内送料無料

紙の本

悲嘆の門 上

著者 宮部 みゆき (著)

ネットに溢れる殺人者の噂を追う大学一年生・孝太郎。“動くガーゴイル像”の謎に憑かれる元刑事・都築。人の心に渇望が満ちる時、姿を現すものは?宮部みゆきの物語世界、さらなる高...

もっと見る

悲嘆の門 上

1,728(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ネットに溢れる殺人者の噂を追う大学一年生・孝太郎。“動くガーゴイル像”の謎に憑かれる元刑事・都築。人の心に渇望が満ちる時、姿を現すものは?宮部みゆきの物語世界、さらなる高みへ!【「BOOK」データベースの商品解説】

死体を切り取る戦慄の殺人事件が発生した。ネットに溢れる殺人者の噂を追う大学生の孝太郎。〈動くガーゴイル像〉の謎に憑かれる元刑事・都築。人の心に渇望が満ちる時、姿を現すものは? 『サンデー毎日』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮部 みゆき

略歴
〈宮部みゆき〉1960年生まれ。東京都出身。87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。99年「理由」で直木賞、2007年「名もなき毒」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー111件

みんなの評価3.8

評価内訳

宮部節炸裂。

2016/01/30 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「火車」「理由」から始まるミステリ系長編。
「ICO」「ブレイブ・ストーリー」などのファンタジー長編。
そのどちらも入り混じったような不思議な感覚の上巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

難解になりつつ

2015/11/28 03:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺したしたいを悦檀する事件が連続して発生。読み始めれば当然、ミステリである。それも怪奇もの。さらに進んで、そうか「英雄の書」の続編かと。が、上巻の終わりあたりからファンタジーの要素が出始め、下巻はどうなるのかと、期待半分、不安半分だったが―

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/23 19:02

投稿元:ブクログ

+++
日本を縦断し、死体を切り取る戦慄の殺人事件発生。
ネット上の噂を追う大学一年生・孝太郎と、退職した刑事・都築の前に、“それ"が姿を現した!
ミステリーを超え、ファンタジーを超えた、宮部みゆきの新世界、開幕。大ベストセラー『英雄の書』に続く待望の新刊!
+++

貧困ゆえに飢えと病で命を落とした母親と、なすすべもなく寄り添う五歳の娘。殺害された挙句身体の一部を切り取られる、連続猟奇事件。行方不明になるホームレスたち。茶筒ビルと呼ばれる廃ビルの上から下界を見下ろすガーゴイル像の微妙な変化。これらの断片が今後どうつながるのか、つながらないのか。硬派のミステリの様相で始まった物語だが、サイバーパトロールの会社「クマー」でアルバイトする孝太郎が、あることを調べているさなか行方不明になったアルバイト仲間の森永を探し始めると、次々に不可解なことに出くわし、物語は一気にファンタジーに移行する。実はファンタジー、ちょっと苦手である。前半のテイストのままで進んでくれた方が好みではあるのだが、これはこれで下巻でどんな風に展開していくのか興味が湧くのも確かである。前半のいくつかのピースがどんな風に落ち着くのだろうか。下巻も愉しみな一冊である。

2015/05/27 01:16

投稿元:ブクログ

サスペンス?スリラー?と思いきや、SFファンタジーだった。宮部さんの冒険ものってなんかラノベの香りがするのはなぜかしら。幸太郎が19才の青年でなく、9才にかんじるのは、曲がったことが許せない熱血漢だからだろうか。単純だし。下巻へ、心そそられないけど、読むのだ。

2015/04/12 07:51

投稿元:ブクログ

イジメ、殺人事件、失踪事件、ビルの上のガーゴイル像、ガラ、不思議な力を持つ女子高生、飽きさせることなくテンポよく進み、今後の展開が非常に楽しみである。
違う領域の生き物とはいったい何なのか。
失踪した人達はどこで何をしているのか。
こちらの領域に戻ることはできるのか、その謎解きを早く下巻で読んでみたい。

2015/04/09 18:21

投稿元:ブクログ

大学生。警察。ネットパトロール。情報。言葉。ファンタジー。『英雄の書』と繋がりのある物語。ナルニア国のあれこれとか、確かに存在しているけど実在してないものだなぁ。確かに知っているのに触れない。

2015/08/31 00:34

投稿元:ブクログ

なんかこの感じは「英雄の書」に似ていると途中で気付いた。あまりに暗くて「英雄の書」は好きでなかったので途中でいやになるかと思っていたらだんだんおもしろくなっていき惹きこまれていった。人々がつむぎだした言葉は物語を作り世の中に影響を与えていくというような「言葉」の力というものをテーマにしている。ガラの目を手に入れた孝太郎はどこに向かうのか。都築とお茶筒ビルで「かいぶつ」と対峙したのはよかったけど。ジャンルとしてはファンタジーなので苦手な人もいるかもしれないがわたしは続きが気になる。

2015/07/04 12:39

投稿元:ブクログ

宮部みゆきさんの本って、現代ミステリー、時代物、ファンタジー系と幅広いので、読み始めにこれはどのジャンル?と思いつつ、先が全く読めないところがわくわくです。

上巻を読み終わって、ちょっと不思議系なのかと思いますが事件っぽさも充分にあってますます先が気になる展開。

読ませる筆力はさすがだなーと思います。

2015/03/08 18:09

投稿元:ブクログ

動くガーゴイル、学校裏サイトでの誹謗、ホームレスの失踪、連続切断魔。言葉と物語の領域、輪。異世界とのつながりも、まだ謎だらけ。タイトルの意味も含めて、下巻が気になる。
15-52

2015/05/28 23:10

投稿元:ブクログ

あっと、ファンタジーだと途中で気付いて、後戻りできなくて読んでしまった。
ブレイブストーリーーみたいーと思いつつ、あ、先に別の話があるなんて…!しっぱい。

宮路さん、大学生のこの価値観をどこで見つけてくるんだろう…まさしくこんな感じぞよって思って、何の冒険もなく現在に至る私ってつまらないな…

2015/06/15 14:43

投稿元:ブクログ

「英雄の書」から続く物語らしいが
随分前に読んだので思い出せず。
でも単独でも十分面白い。
早く下巻を読みたい!!

【図書館・初読・6/15読了】

2015/08/16 14:36

投稿元:ブクログ

久々の現代ファンタジー宮部作品です(7か月待ち(^^;)。『荒神』『泣き童子』と時代ものだったせいか、そんなに感じなかったんだけど…舞台が現代だからか”異世界もの”だからか、ファンタジー色濃いめ。『英雄の書』を思い出したな←中身覚えてないけど(おいおい) 下巻が楽しみ^^ 

2016/05/05 21:14

投稿元:ブクログ

日本を縦断し、死体を切り取る戦慄の殺人事件発生。
ネット上の噂を追う大学一年生・孝太郎と、
退職した刑事・都築の前に、“それ"が姿を現した!
ミステリーを超え、ファンタジーを超えた、
宮部みゆきの新世界、開幕。大ベストセラー『英雄の書』に続く待望の新刊!

2015/07/01 22:53

投稿元:ブクログ

奥の深い物語。引き込まれます。
ストーリーのうまさはもちろんだけど、
言葉、物語 という 宮部さんの作家の魂を投げられている とも 思える 力作。
下巻も一気に読みそう。

2015/05/12 16:06

投稿元:ブクログ

 宮部みゆきがファンタジーも書く作家であることは知っていたのだが、こうして手に取った新作が、そうだったと気づいたときには一瞬動揺した。というのは、ぼくはファンタジーが苦手だからだ。下手なレビューでジャンルなど確認しなければよかったのだ。

 しかしどういうわけか、この本は抵抗なく読み進めることができる。どうしてこれがファンタジーなのだろう、もしやレビュワーが間違っているのでは? と、疑念を抱きつつ、上巻の後半に差し掛かった頃、いきなり小説は異世界からの闖入者たちの訪問を受けて、少しだけ様相を変えてしまうのだ。

 しかし、怪物たちは言う。人間の生きる世界は異なる世界も真と言われてきたぼくらの生きる世界もすべては物語の世界であるのだ、と。歴史の真実と定義されたものさえ物語であり、仮定であり、想像であり、表現されるためのものである。人間には死と言う約束された無があるからこそ、その理解できないものに対して物語で救われようとする本能があると。

 要約するとそういうことなのだが、ぼくがクライム小説で読む現実に即した設定の物語も、ファンタジーもどちらも総じて想像の世界のことであり、押しなべて物語でなのだということを作者は語りたいのかもしれない。

 異世界の描写はさすがに自由度が高く、難しく冷徹なモノローグに満ちた抽象的でありながら、神話的具象に彩られた描写が多いのだが、一方でこちら側(現生)での登場人物たちはそれぞれに生活があり、家族があり、生命に満ちた親しみやすい世界の空気に浸っている。

 そして親しみやすいはずの世界では、体の一部を切り取る連続殺人と思われる残虐な事件が続いている。ネットを検索して犯罪を探すというアルバイトをする大学生と退職した元刑事とが謎の連続殺人事件に挑む普通のミステリ小説としての面白さに、異世界の幻視や夢のような体験が織り込まれていると見れば、宮部世界はどこのジャンルであろうと基本的に変わらず、面白く親しみやすい世界であるのだ。

 本作は事件の背後にある犯罪衝動を、ネットによる言葉の暴力やいじめの現場、残虐な写真、動画などの無軌道な流出などの社会環境を背景に描いたものとして捉える独特な視点で事件の真実を探り当てる。連続殺人事件という物語が、真実とどう隔たって構築されたものであるのかを検証しながら、多層的に楽しんでゆくことのできる新型エンターテインメント、と言っておきたい力作である。

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む