詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. ライトノベル
  4. ビブリア古書堂の事件手帖 6 栞子さんと巡るさだめ

ビブリア古書堂の事件手帖 6 栞子さんと巡るさだめ(メディアワークス文庫)

文庫 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

ビブリア古書堂の事件手帖 6 栞子さんと巡るさだめ (メディアワークス文庫)

三上 延 (著)

商品説明

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?【「BOOK」データベースの商品解説】

空前の大ヒット、驚異のミリオンセラー! 待望の最新刊!!

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。 過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?

太宰治の「晩年」を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年が、ビブリア古書堂の2人の前に依頼者として現れる。本を追ううち、2人は太宰の稀覯本を巡る盗難事件に辿り着く。それには2人の祖父母が関わっていた…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三上 延

略歴
古書にまつわる謎を解いていく、ビブリオミステリ『ビブリア古書堂の事件手帖』がベストセラーとなる。ホラーからファンタジーまで、幅広い作風で縦横に活躍中。

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(444件)
★★★★★(81件)
★★★★☆(173件)
★★★☆☆(112件)
★★☆☆☆(15件)
★☆☆☆☆(1件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

あと1~2巻で完結らしい

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/01/02 01:54

評価5 投稿者:ぼてねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

怪我で入院した五浦が栞子の母と話すシーンから始まる。
きっかけは太宰の「晩年」を奪うために栞子を傷つけた田中からの依頼。
太宰治の希少本がキーになり、栞子と五浦は栞子の祖父が扱った案件の足跡をたどる。
太宰の本への執着が様々な事件を起こし人々を不幸にしていた。
長年の誤解が解けたり、更に強い執着を示す存在が現れたり、挙句は田中も巻き込んだ対決に発展。
ただ、五浦と栞子の関係はかなり進んだのが救いかな?
人間関係も複雑化したがある所に収斂しそう。
あと1~2巻で完結、グイン・サーガの様に終わりが見えない恐怖はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

少しネタバレ有り

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/03/16 21:43

評価5 投稿者:まっしゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作のあとがきで作者氏自身が語っているように、シリーズももうすぐ大詰めにさしかかってきている。今回は3つの本の題名が提示されているがいずれも太宰治である。さらにそのうちの一冊は第一巻に出てきた「晩年」である。あんまり書くとネタバレになってしまうから言えないけれど、第一巻から続く物語がオーラスに向かっていることが感じられる。しかも、これまでの作品には無かったようなちょっとしたトリックが施されていて楽しめた。そうきたか!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

びっくり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/03/08 17:01

評価5 投稿者:MR北海道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

結末がなんとも言えない。
7巻が早く読みたくなりました。
誰もが知ってる太宰治をより深く知れて面白かったです。
50年。
時の流れを描くのがとてもうまいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ダーク

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/02 00:28

評価5 投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

読書と推理を絡めた本作も6巻目。。
今回は欲しい物のためなら他人を傷つけることもいとわない人たちが出てきて多少ダークな内容になっています。
栞子さんと五浦君の恋の行方も気になりますが,背景がだいぶ複雑になってきました。
いわゆる It’s a small world 状態。みんなどこかでつながっている。
栞子母がキーパーソンなんでしょうが,なかなか不気味で暗黒面のフォースを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大長編化

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/05/01 16:51

評価5 投稿者:o2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的にはまさかここまで続くとは思わなかったビブリアシリーズ。以前からの謎が解けたかと思う新たな謎を呼ぶ展開。でも破たんなくきっちりとまとまっているのでビブリアの世界に引き込まれます。すでに登場したキャラクターも無理なく再登場して新たなストーリーに彩りを。最終地点がどこになるのかわかりませんがとことんまでお付き合いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続けて読んでいる者には素敵な展開

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/01/17 02:45

評価4 投稿者:があ - この投稿者のレビュー一覧を見る

累計600万部を超えて販売されている最近のライトノベルとしてはかなりのヒット。
2013年1~3月期に剛力彩芽さんを栞子役でテレビドラマ化して、以降、珈琲やら和菓子やらなんやかんやと「○○+日常の謎系ミステリ」が粗造、乱造されたという、良い意味でも悪い意味でも影響力の強い作品の最新刊です。

テレビドラマ版は剛力彩芽さんが栞子のイメージと違いすぎるとかなり賛否両論でしたが、個人的にはそれよりも栞子と母親の歪な関係性を描かなかった結果、ラストがホンマに訳分からんようになったかと……って、テレビドラマ版は別にいいか。
最近は連作物はあまり買わないようにしているのですが、最初の2巻まで読んで、ちょっとやめられなくなって6巻まで付き合うことに。

第1巻のメインストーリーになった太宰治『晩年』の初版本を巡るやり取りの中で、栞子を階段から突き落とした「田中」が保釈され、改めて別の『晩年』の初版本を探すことを五浦に依頼してくる。
その申し出を受けた栞子は、五浦と二人で探す中で、栞子の両親、五浦の祖母、田中の父等が関わる因縁話に巻き込まれていく。

当初は一冊の古書を題材に、その古書に関わる人物の「謎」を栞子が解き明かすという短編に、栞子の母との因縁、愛憎を全体に一本串を通すような構成だったのですが、江戸川乱歩の書いた作品を題材にした第4巻辺りから取り上げる古書は結構置き去りになってきた気がします。
栞子と五浦の恋模様や母親との争いをメインストーリーに持ってくるのは良いのですが、取り上げた作品の蘊蓄などが少なくなってきてちょっと寂しいなぁという感じ。

全般的には第6巻まで付き合った読者には十分満足出来るだけの謎が提供され、しかもミステリらしいどんでん返しや次巻への強烈な引きもあるので、巧いなぁというところ。おそらく、ウチも最後の巻までお付き合いさせられそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なんとも気になる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/01/26 18:09

評価4 投稿者:みかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

早くつづきが
読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

太宰読みたくなった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/11/29 20:53

評価4 投稿者:まりぽーさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

走れメロスと女生徒は読んだことあるけど他はあんまり記憶に無いなあ。
それにしても犯人わからなかったなあ。
普通に騙された。
おもしろくてあっという間に読んじゃった。
みんなが昔の事件の真相を知りたがってたんだなあ。
後浦くんも言ってたけど古書の世界は広いようで狭い。
そして繋がってるね。
で、この本読んだ人達が太宰を読みたくなって名作が掘り起こされるんだなあと、しみじみしてしまいました。(^_^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

リア充初々しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/11/10 17:58

評価4 投稿者:さよ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回はちょっとひっかかりが少なかったかな?
つきあい始めた二人が初々しい。
田中は相変わらず清々しいまでのキチっぷりですが,少し株を上げたようだ。

ところで,折込で入っていた「作者からのメッセージ」,作者さんの悪ひ……いやいや,味のある字に,おおう,となりました。絵は素晴らしく美しかったが。
文人が書をよくする,なんてのは,もう昭和の時代のお伽噺なのですね。
うん,まあ,でも,巧拙はさておき,読者としてはその心意気が嬉しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

神田神保町

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/24 05:43

評価4 投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京の神田に古本屋がひしめいていたのは、いつごろまでだろうか。最近は都市化の波が押し寄せて随分、様変わりしたらしいが、団塊の世代が学生だった頃、ここは古書一色のエリアだった。それだけに古書堂を舞台にした本作は郷愁もあり、また読みやすいストーリーであるため、つい一気読みしてしまう。ヒロイン・栞子さんのキャラクターが抜群。肩が凝らないシリーズ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

二人の関係に進展が

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/31 09:59

評価4 投稿者:yomiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

太宰編その2。好きです、太宰。『人間失格』のそら豆も絶品だけど、『斜陽』のデカダンぶりが一番好み。冒頭で没落貴族の母親がスウプをひらりと食す姿に魅せられ、以来優雅に食すよう心がけている。なんてことはどうでもよく、栞子さんと五浦君が付き合い始めたあれこれが面白かった。太宰の稀覯本を探すうちに、栞子さんの祖父と五浦君の祖母との接点や、篠川智恵子の父親が誰なのか等が明かされ、いよいよ佳境に入った感あり。あと1、2冊でシリーズ終了とのこと、どうまとめるのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まるまる太宰治

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/07/04 23:53

評価4 投稿者:通りすがりの本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻の終りがそれだったので、また太宰治の『晩年』がらみだとは思っていましたが、一冊丸々太宰の作品でした。
私自身、太宰は学校の授業で『走れメロス』を読んだのみで、あとはテストの知識というかクイズの雑学程度に作品の冒頭部分を知っている位で、実は読みたいと思ったことがないのです。
それこそ本作品中に対比のように描かれた坂口安吾は好きですし、三島由紀夫も読みます。
本作品を通じてちょっと興味を持てたけど、さあこれで一冊読む気になったかというと???
このシリーズは大変興味深く読んでいますが、どんどん登場人物が増えていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

太宰治!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/03/24 18:09

評価4 投稿者:シリウス - この投稿者のレビュー一覧を見る

全編太宰治で埋め尽くした一冊で、なかなか読みごたえがありました。ただ、古書に携わる人は、本当に一筋縄にはいかないな…と怖くもなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出会うべきして・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/03/03 11:31

評価3 投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

『晩年』再び。。。
この本を巡ってのしがらみに、大輔君と栞子さんは出会うべきして出会ったんだと、乙女チックな感想を持ってしまう!(笑)
田中さんとのこれからも、楽しみじゃない!?もう、出てこないかな??

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続編で読んでいます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/14 04:02

評価3 投稿者:どんぐりころころ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻から、このシリーズを読んでいますが、続くにつれ、面白くなくなってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.