サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7(GA文庫)
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7(GA文庫) ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7(GA文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/04/16
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/488p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-8311-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

著者 大森 藤ノ (著),ヤスダ スズヒト (著)

新生“ヘスティア・ファミリア”始動!『戦争遊戯』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、命を追ってベルが迷い込...

もっと見る

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 (GA文庫)

767(税込)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7

648(税込)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7

ポイント :6pt / 紙の本より119おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7」が含まれるセット商品

商品説明

新生“ヘスティア・ファミリア”始動!『戦争遊戯』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。“イシュタル・ファミリア”が管理する『夜の街』。そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は―。【「BOOK」データベースの商品解説】

激戦を乗り越え新たに眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。そこで少年は囚われの身である少女・春姫と出会い…。【「TRC MARC」の商品解説】

新生【ヘスティア・ファミリア】始動!
『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。
ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、

「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」
命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。
「私はこの歓楽街に買われた身です」
そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。
蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。

『これっきりでいい、なろう、あの人の英雄に──』

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──【商品解説】
出版社からのコメント
《シリーズ累計発行部数370万部突破!!》
《このライトノベルがすごい!2014 新作部門1位・総合部門4位!》
《第3回ラノベ好き書店大賞1位!》
《第4回GA文庫大賞、大賞作品!》
《GooglePlayブックベストof2013ベストラノベ第1位!》

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

派閥抗争2

2016/05/25 02:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も派閥抗争の話。オラリオの歓楽街を牛耳る巨大派閥であるイシュタル・ファミリアと、オラリオに君臨するフレイヤ・ファミリアとの抗争にベル君たちが巻き込まれる。なんかもう、中世風ダンジョンファンタジーどころか、ただの任侠小説になってしまっている感が…。面白いからいいんだけど。それに、ベル君の「憧憬一途(リアリス・フレーゼ)」と「英雄願望(アルゴノゥト)」がこれまで以上にストレートに発露していて、読んでいて清々しい気持ちになった。若さに身を任せて無茶な冒険をするのってカッコいいね。英雄っていいね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新章突入

2015/11/16 20:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ウメタロウ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ化された部分以降を一気買いしてしまいました。新しい展開にハラハラドキドキでした、ここから先もアニメで見たいな〜

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

映画のよう

2015/09/25 12:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バード - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻はスピンオフ映画のような独特の雰囲気がある。
冒険譚では通常無視されるか軽く流されてしまう街の
風俗の部分の掘り下げをしたことに、作者のチャレンジ
魂を感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

劇場版風

2015/10/18 14:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

あとがきで、作者が劇場版のようだとおっしゃってましたが、確かにそんな感じの回でした。
個人的には、ダンジョンにもぐっている話の方が好き(なよう)ですが、これもなかなかよかったです。
もちろん主人公はいつも頑張ってますが、今回は命ちゃんががんばる回でもありましたね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/26 18:17

投稿元:ブクログ

あとがきにあるように、あたかも『劇場版』のような展開な、アツく厚い1冊でした。命の文字通り決死の行動とか、ヘスティア・ファミリアは基本アツい子ばかりで爽快だねぇ。本編の裏で、というにはド派手に乱入してきたフレイヤ・ファミリア。ロキのとこも相当な手練れが多いと思ってたけど、レベル的にも同等かそれ以上な面々ばかりで…最終的に剣を交えるとなると相当ヤバそうだが。新たな仲間が加わり、次は日常編の予定らしいから掘り下げも含めて楽しみ。…日常は大体ベルくんが酷い目に遭うのが容易に想像できるのは自分だけですかね(笑)

2015/08/04 23:13

投稿元:ブクログ

戦闘力のインフレ激しいし、最強の神も戦いはじめちゃったし、そろそろ完結編では、という勢い。あとがきによれば次は日常編らしいので、もう少しゆっくり読めるのかも。

2015/10/19 20:38

投稿元:ブクログ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -劇場版-
みたいな話.
とあとがきで言ってました.
今回のメインは表紙の狐ちゃん.
あと夢と希望に溢れた迷宮都市の暗黒面にちょっと触れたり.
あとステイタスを遂に完全に盗み見られちゃいましたね.
見た輩は退場してしまいましたが.

面白かったけども
シリアス分はそろそろお腹いっぱいでござる!
まぁ,なんだかんだで
施設も立派になって
仲間も増えて
名声なのか悪名なのか有名になって
次はちょっとゆるい感じになるそうですよ.

2015/04/26 12:38

投稿元:ブクログ

正式な外伝はあるけど、ダンジョンにもぐらない、仲間もあまり出張ってこない、ちょっとした外伝風。
天然な狐っ娘も増えてハーレム模様は着々と進行。

2016/07/11 12:59

投稿元:ブクログ

物語性が打ち出され、これまでで一番面白かった。やはり女の子を助ける王子様、というのは王道で、スカッとする。ヘスティア様の存在感が薄いのが気がかり。それにしても、娼婦は助ける価値がないってのは、ひどいんじゃない。所詮、職業の一つなんだからね。悪役が醜女ってのもワンパターンでいかがなものか。その分マイナスということで。

2015/12/06 01:51

投稿元:ブクログ

今回も派閥抗争の話。オラリオの歓楽街を牛耳る巨大派閥であるイシュタル・ファミリアと、オラリオに君臨するフレイヤ・ファミリアとの抗争にベル君たちが巻き込まれる。なんかもう、中世風ダンジョンファンタジーどころか、ただの任侠小説になってしまっている感が…。面白いからいいんだけど。それに、ベル君の「憧憬一途(リアリス・フレーゼ)」と「英雄願望(アルゴノゥト)」がこれまで以上にストレートに発露していて、読んでいて清々しい気持ちになった。若さに身を任せて無茶な冒険をするのってカッコいいね。英雄っていいね。

2015/04/21 12:13

投稿元:ブクログ

歓楽街のイシュタル・ファミリア。娼婦の物語。アボロンとの対決を経て、新たな仲間を迎えたヘスティア・ファミリア。命の幼なじみを助ける話が、女神イシュタルとフレイヤの確執に絡む大規模な騒乱に巻き込まれる。アマゾネスに狙われるベル。獣人の少女の恐るべき能力と殺生石の謎。ヘルメスの暗躍。姿を見せるダンジョン最強のレベル7。ベルの英雄の資質が問われる。

2015/11/20 07:35

投稿元:ブクログ

評価:☆4.5


新生ヘスティア・ファミリアの門出の巻ですが、内容は少し異色。
今回はオラクルにおける娼館を舞台にしているだけあってお色気率、闇率高め。

ヘスティア様ならまだしもあのエイナさんにまでジト目をされるとは・・・ベル君、罪な男ですねぇ。
挿絵のヘスティア様の顔が酷すぎて吹き出した(笑)

娼婦に堕ちた自分を見られたくない、こんな自分では何も望めないという春姫の気持ちは胸に刺さった。
ベルの取る選択肢は分かりきっていたけれど、やっぱり主人公ならこうでないとね!
分かっていてもスカッとするのは王道を進んでいるからでしょう。
ベルと共に春姫を助けに行く命もよかったね。

しかしこの世界ってダンジョン以外でも普通に人同士で殺したりするよね、何か微妙に違和感あるというか慣れないw

三大クエストの話もあるし今後はダンジョンの外に話が移っていくのかな?

「貴方と同じ【ファミリア】になれて……今ほど嬉しく思ったことはありません」
"なろう、あの人の英雄に"

2015/04/16 22:58

投稿元:ブクログ

分厚くてびっくり。2冊分くらい…いやさすがにそこまではないかな?
カラーページがどえろくてワーオって思いました。
目次の書き方にも趣深いものを感じましたが、その裏のイシュタルとアイシャ(ですよね多分…)の過去の一ページにとてもテンション上がる。
今回に関しては、ベルくんより命ちゃんがカッコよかったという印象。忍者汚いぞかっくいい。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む